サイゾーpremium  > 特集  > タブー  > 脳科学で器質的に解明 ファッションと【ゲイ】の親和性

──「ファッション業界にはゲイが多い」とは巷間言われていることだが、超一流のファッションデザイナーを見ると、確かにゲイだらけ。それでは、なぜファッション業界にはゲイが多いのか? 脳科学の観点から、その理由をひもといていく。

1307_az_gay.jpg
『国内市場5.7兆円 「LGBT(レズビアン/ゲイ/バイ・セクシャル/トランスジェンダー)市場」を攻略せよ!』(ダイヤモンド社)

 グッチやイヴ・サンローランのクリエイティブ・ディレクターを務めたトム・フォード、言わずと知れた大御所ファッションデザイナーであるジャンニ・ヴェルサーチにジョルジオ・アルマーニなど……彼らはファッション業界の大物であると同時に、全員が男性同性愛者(=ゲイ)であることを公言している(アルマーニはバイセクシャルであると公言)。ここに挙げた以外にも、自身の同性愛指向を明言しているファッションデザイナーは枚挙にいとまがない。多くのデザイナーたちがインタビューなどで語るように、「ファッションデザイナーにゲイが多い」というのは、周知の事実といっていいだろう。

 それを裏付けるように、ファッション業界関係者は「パリでは、デザイナーが白人のゲイでない場合、クチュール(針子)が仕事を拒否することもあると聞きます。また、ニューヨークでは、自分の子どもをファッション業界に入れるため、ゲイに育てようとする親まで存在するようです」と語る。

 ファッション業界とゲイの親和性が高い理由として、「同性愛者は男性の感性と女性の感性も併せ持つため、男女共に広く受け入れられるデザインができる」といった通説がある。確かに日本でも、マツコ・デラックスといった数々のオネエ系タレントが、男女両方の価値観を持って辛辣に語るご意見番的なポジションとして活躍している。しかし、もしこの通説が正しいのであれば、絶対数は少ないものの、レズビアンのファッションデザイナーが台頭してきてもいいはず。しかし、ファッション業界で活躍する同性愛者は、決まってゲイばかりなのだ。

 それでは果たして、こうした通説の信ぴょう性はいかほどのものなのか? 暴論かトンデモ論か……本稿では、ゲイがファッション業界で活躍する理由を、脳科学の側面から科学的に検証してみる。

 まず前置きとして、一般的に同性愛者の脳を研究する場合、異性愛者の脳との違いを顕著にするため、調査対象は厳選されることとなる。つまり、バイセクシャルなどを除いた、“性指向が同性のみ”という明確な同性愛者だけを対象にしてデータを取るのだという。しかし、過去の研究においては、現在では同性愛と峻別されている性同一性障害者も、同性愛者として調査対象に含まれていたケースもあるそう。そのため、これから展開する説は、あくまでゲイの脳についての一定の傾向にすぎないことはあらかじめ断っておく。その上で、『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ)などで知られる人間性脳科学研究所所長で、脳科学者の澤口俊之氏に、ゲイの脳の特徴を伺うと……。

「男性の脳と女性の脳(共に異性愛者)を比べると、男性の脳は右脳が大きいアシンメトリー型なのに対し、女性の脳は右脳・左脳が均等なシンメトリー型だったりするのをはじめ、両者の脳を比較すると、50~80%くらいの差異があるといわれます。では、ゲイの脳はというと、脳科学的には、ゲイは異性愛者の女性の脳を持った男性であり、逆にレズビアンは異性愛者の男性の脳を持った女性というのが、現在の研究で明らかにされています。つまり、同性愛者に特有の性質を持った脳があるというわけではありません」(澤口氏)

 脳科学から見た場合、ファッション業界で活躍するゲイのデザイナーたちは必然、女性脳を持っていることとなる。なるほど、ファッション業界ではゲイに引けを取らず、女性デザイナーの功績は多大なものだ。日本人では、コシノジュンコを筆頭としたコシノ3姉妹に、コム・デ・ギャルソンの川久保玲の名が挙がるだろう。海外に目を向ければ、ココ・シャネルやヴィヴィアン・ウエストウッドのほか、ゲイであったアレキサンダー・マックイーンの後をサラ・バートンが引き継いでいる。こうした事実を鑑みれば、なんてことはない、ファッション業界においてゲイが才覚を発揮しているのは「男女両方の感性を備えている」からではなく、「ファッションにおいて女性脳が優位」だから、といえないだろうか。女性脳とファッションの親和性について、澤口氏は続ける。

「そもそも女性は脳の特徴から見ても、『着飾る』という性質を持っているといえます。前頭前野がそうした本能に関わる部分ですが、女性はこの部分の半分以上が男性に比べて発達している。これは自然界でも珍しい特徴です。クジャクやライオンなどを見ればわかる通り、自然界ではオスのほうがメスより外見が派手なことが多い。これは基本的に自然界は一夫多妻制であり、メスがよりよいオスを選ぶ構造になっているため、オスはより多くのメスにアピールするために派手に進化していった。

 しかし人間の場合、一夫一妻制が多く、男女共により優れた相手を選ぼうとするため、進化の過程で女性は着飾る本能を持った脳に変化していったのでしょう」

 男女共にパートナーを選ぶ以上、もちろん男性も異性へのアピール力を進化させているわけだが、女性の場合、外見よりも賢さや裕福さなど、男性が持つリソースに魅力を感じる傾向が強いという研究結果が出ており、男性は着飾ることがそれほど生存競争において有利に働かなかったのだろう。その結果、容姿に関しては女性のほうが敏感な傾向になったというわけだ。

 このほかにも、女性脳が男性脳に比べ発達している部分は多いという。例えば、報酬系と呼ばれる腹側線条体などの部位の活性化が激しいのも女性脳の特徴。

「報酬系というのはご褒美に対して反応し、人を元気にする作用を持つ部分。例えば、美しい異性に魅了される瞬間や空腹時に食べ物を食べた時などに、腹側線条体は活性化します。そして、この活性化度合いは女性のほうが強い傾向にあります」(澤口氏)

 この報酬系は、美しい服を着た時なども活性化するのではないか、と澤口氏は推測する。つまり、「美」を感じた時の快感は女性脳のほうが強く、「美」を志向するモチベーションに寄与すると考えられるのだ。

 このように、女性脳自体がファッションへの興味を惹起しやすい特徴を持っているといえるが、それに加えて、ファッションで重要となる色彩感覚についても、女性の脳のほうが敏感だという。

「男性の脳と女性の脳では、後頭部にある第一視覚野の活動からして違う。脳の活動を調べると、男性脳の場合、『赤方偏移』といって、すべての色が若干赤っぽく見えてしまいます。要するに、男性脳の持ち主は微妙な色の違いに疎いのです。これは進化の過程で、女性は果物などの採取の際に色で悪くなっていないかを判断したり、赤ん坊の体調変化を肌の微妙な色合いから判断したりと、色彩に関して敏感である必要があったからだと考えられています」(澤口氏)

 そう考えていくと、“着飾る”本能や“美”に対するモチベーション、鋭敏な色彩感覚など、ファッションデザインに関しては女性脳が有利と思われる部分が多く、ゲイや女性がファッション業界で活躍する背景には、一定の科学的根拠があるといえるかもしれない。“彼らの脳”の特性を活かすことができ、かつ社会的マイノリティである同性愛を受け入れる文化的背景を持つファッション業界に、ゲイが集まるのは必然……とは言いすぎだろうか?

(取材・文/小林 聖)

脳科学者・澤口教授が教える
“ゲイ”の脳はここが違う

1307_gay_01.jpg

【1】前頭前野
社会性や行動制御(行動のコントロール)、決断などを司る部分。ゲイや女性は、ここが働くことによって“着飾る”ということを、無意識的に志向するとのこと。

【2】腹側線条体
報酬系と呼ばれる箇所。ここが活性化することで、快楽を覚える。ゲイ、女性のほうが活性化の度合いが強く、「美」に対するモチベーションとなりうる。

【3】視覚野
視神経を通った情報は、ここで処理される。この際、男性脳では「赤方偏移」が起こっているため、見たものが全体的に赤く感じられてしまう。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ