サイゾーpremium  > 特集  > タブー  > ポルノ女優もクールに撮る!【ファッション写真】の歴史
第1特集
タブーを破り続けるファッション写真【2】

ポルノ女優も身障者もクールに撮る!タブーを破ったファッション写真の歴史

+お気に入りに追加

──ファッション誌やブランドの広告に用いられるファッション写真。それを撮る写真家にとっては、あくまで媒体やクライアントのための”仕事”であり、何かしらの”禁則”と常に向き合わざるを得ない。そこで本稿では、各時代のファッション写真におけるタブーを明らかにし、それらを突破した作家たちを取り上げたいが、ファッション写真の登場自体が掟破りだったとファッション写真の歴史に詳しい編集者でライターの富田秋子氏は話す。

1307_az_nicknaight.jpg
『Nick Knight』(Harper Design)

「100年以上前の欧米のファッションは上流階級だけが楽しむもので、そういう階層に好まれるエレガントな雰囲気を伝えるメディアとしてはイラストが用いられていました。一方、写真は単なる記録をするための下級のメディアと見なされており、写真でファッションを表し、それを雑誌に載せることはタブーだった。しかし米国創刊の雑誌『ヴォーグ』は、1909年にコンデ・ナストという人物に買収されると、写真を使ってファッションを発信するようになりました。そして、20年代に入る頃に同誌のメイン写真家となったエドワード・スタイケンは、エレガントでありながら多くの人たちに受け入れられる近代的なファッション写真を確立。もともと画家志望で、“近代写真の父”と呼ばれるアルフレッド・スティーグリッツに見いだされた彼は、当時のアートの知識や技術、感性をファッション写真に応用したのです」

 ただ、20年代にはまだスタジオ撮影が基本だった。その常識を30年代に打ち破ったのが、米国の「ハーパース・バザー」誌などで撮っていたユダヤ系ハンガリー人の写真家マーティン・ムンカッチだ。

「それまでモデルのポーズからセットまですべて決め込むのが当たり前でしたが、ムンカッチはモデルを屋外に連れ出し、スナップショットで撮影。水着にマントをつけた女性が海辺を走る姿を撮った代表作は、今見ると驚きはないかもしれませんが、当時は斬新でファッション写真を変えた一枚とも。もともと報道写真出身の彼は、事件の現場をカメラに収めていくあのリアルさをファッション写真に持ち込んだのです。ちょうど『ライフ』や『タイム』といったグラフ誌が部数を伸ばしていた時代だったので、そういうイメージを受け入れる素地が、見る側にもできていたのでしょう」(富田氏)

 そんなムンカッチに感化されたリチャード・アヴェドンや、静物写真で知られるアーヴィング・ペンといった写真家たちが活躍した40~50年代は、ファッション写真の黄金期と呼ばれるが、大きな変革が訪れたのはその後の時代だ。

「50年代頃までは、まだファッションの担い手も対象も主に上流階級の大人で、若者はファッションを楽しむ身分ではありませんでしたが、戦後のベビーブーマーが10~20代になった60年代、彼らは旧世代の価値観を否定して新しい価値観を求め、たとえばローリング・ストーンズのような社会に反抗的な音楽が人気を集めた。ファッションに関しても、それまでの上から下までトータルでコーディネートするものではなく、ストリート発のブティックが若者に支持されました。そういう時代の不遜な若者たちの気分を反映しつつ、クールなファッション写真を撮ったのがイギリス人のデヴィッド・ベイリー」(同)

 ファッション写真界では珍しく労働者階級出身の彼は実際、ミック・ジャガーなどの音楽家も撮ったが、60年に「ヴォーグ」と契約。

「同じく労働者階級出身で、最初のスーパーモデルといわれるジーン・シュリンプトンはベイリーの恋人でした。その彼女を、まるで一晩過ごした後に髪もとかさずコートだけ羽織って街に出てきたガールフレンドのように彼は撮った。そんな写真に対して、若者は基本的に支持した一方、多くの大人は顔をしかめたそうです。こうしてベイリーは、ロンドン発のユース・カルチャーを代表する写真家のひとりになりました」(同)。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年10月号

欲望のグラビア学

欲望のグラビア学
    • 【都丸紗也華】とタピオカのモード撮
    • 三代目JSB【ELLY】の七変化
    • 【西村歩乃果】TikToKのアイドルが魅せる
    • 【MC・DK】ヒップホップの筋肉美
    • 奇跡の三十路【森ニーナ】がB-GIRLに!
    • 【100センチバスト】がウケる理由
    • 【撮影会】の元祖は海女さんだった!?
    • 【#MeToo時代】の問うグラビアの是非
    • 【心霊写真】のグラビア的価値とは

大和田南那"青の衝撃"

大和田南那
    • 【大和田南那】20歳目前の美ボディ

NEWS SOURCE

    • 【サイゾー×Fresh!】グラドル発掘
    • 【ラウンドガール】圧巻の美脚!

インタビュー

    • 【中村里帆】──変顔が得意なCM美女
    • 【なみちえ】──藝大JDがラップする理由
    • 【DaichiYamamoto】──京都の新世代ラッパー

連載

    • 表紙/【北向珠夕】33歳に見られたんです。
    • なんとなく、【クリステル】
    • 【リクナビ】内定辞退率が法律違反以上にマズイわけ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(前)
    • 高須基仁/年末にブレイクするのは【山里良太と稲垣吾郎】
    • 【盆踊り×SNS】の親和性
    • 世界最強の【麻雀AI】を生んだ中国人研究者
    • 【ライオネル・リッチー】の逆襲
    • 町山智浩/【アメリカン・ファクトリー】中国資本の米工場を追う
    • 【ラグビーW杯】醍醐味はブレークダウン
    • 小原真史「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/笑う全裸監督
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【さよならミニスカート】を読む娘へ
    • アッシュ・ハドソン「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子「佳子様偏愛採取録」義
    • ビールと人を作る!【ブルワーを育てるブルワー】
    • 更科修一郎/幽霊、箱の中で覗き込むエロと未来。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』