サイゾーpremium  > 特集  > タブー  > ポルノ女優もクールに撮る!【ファッション写真】の歴史
第1特集
タブーを破り続けるファッション写真【2】

ポルノ女優も身障者もクールに撮る!タブーを破ったファッション写真の歴史

+お気に入りに追加

──ファッション誌やブランドの広告に用いられるファッション写真。それを撮る写真家にとっては、あくまで媒体やクライアントのための”仕事”であり、何かしらの”禁則”と常に向き合わざるを得ない。そこで本稿では、各時代のファッション写真におけるタブーを明らかにし、それらを突破した作家たちを取り上げたいが、ファッション写真の登場自体が掟破りだったとファッション写真の歴史に詳しい編集者でライターの富田秋子氏は話す。

1307_az_nicknaight.jpg
『Nick Knight』(Harper Design)

「100年以上前の欧米のファッションは上流階級だけが楽しむもので、そういう階層に好まれるエレガントな雰囲気を伝えるメディアとしてはイラストが用いられていました。一方、写真は単なる記録をするための下級のメディアと見なされており、写真でファッションを表し、それを雑誌に載せることはタブーだった。しかし米国創刊の雑誌『ヴォーグ』は、1909年にコンデ・ナストという人物に買収されると、写真を使ってファッションを発信するようになりました。そして、20年代に入る頃に同誌のメイン写真家となったエドワード・スタイケンは、エレガントでありながら多くの人たちに受け入れられる近代的なファッション写真を確立。もともと画家志望で、“近代写真の父”と呼ばれるアルフレッド・スティーグリッツに見いだされた彼は、当時のアートの知識や技術、感性をファッション写真に応用したのです」

 ただ、20年代にはまだスタジオ撮影が基本だった。その常識を30年代に打ち破ったのが、米国の「ハーパース・バザー」誌などで撮っていたユダヤ系ハンガリー人の写真家マーティン・ムンカッチだ。

「それまでモデルのポーズからセットまですべて決め込むのが当たり前でしたが、ムンカッチはモデルを屋外に連れ出し、スナップショットで撮影。水着にマントをつけた女性が海辺を走る姿を撮った代表作は、今見ると驚きはないかもしれませんが、当時は斬新でファッション写真を変えた一枚とも。もともと報道写真出身の彼は、事件の現場をカメラに収めていくあのリアルさをファッション写真に持ち込んだのです。ちょうど『ライフ』や『タイム』といったグラフ誌が部数を伸ばしていた時代だったので、そういうイメージを受け入れる素地が、見る側にもできていたのでしょう」(富田氏)

 そんなムンカッチに感化されたリチャード・アヴェドンや、静物写真で知られるアーヴィング・ペンといった写真家たちが活躍した40~50年代は、ファッション写真の黄金期と呼ばれるが、大きな変革が訪れたのはその後の時代だ。

「50年代頃までは、まだファッションの担い手も対象も主に上流階級の大人で、若者はファッションを楽しむ身分ではありませんでしたが、戦後のベビーブーマーが10~20代になった60年代、彼らは旧世代の価値観を否定して新しい価値観を求め、たとえばローリング・ストーンズのような社会に反抗的な音楽が人気を集めた。ファッションに関しても、それまでの上から下までトータルでコーディネートするものではなく、ストリート発のブティックが若者に支持されました。そういう時代の不遜な若者たちの気分を反映しつつ、クールなファッション写真を撮ったのがイギリス人のデヴィッド・ベイリー」(同)

 ファッション写真界では珍しく労働者階級出身の彼は実際、ミック・ジャガーなどの音楽家も撮ったが、60年に「ヴォーグ」と契約。

「同じく労働者階級出身で、最初のスーパーモデルといわれるジーン・シュリンプトンはベイリーの恋人でした。その彼女を、まるで一晩過ごした後に髪もとかさずコートだけ羽織って街に出てきたガールフレンドのように彼は撮った。そんな写真に対して、若者は基本的に支持した一方、多くの大人は顔をしかめたそうです。こうしてベイリーは、ロンドン発のユース・カルチャーを代表する写真家のひとりになりました」(同)。

モデルと性的関係を築いて撮る写真家

 70年代に入ると、よりスキャンダラスでネガティヴな要素がファッション写真に導入された。

「モデルをセクシーに撮るなど、性的要素を暗に取り入れることは過去にもありましたが、セックスや死、暴力などをモチーフにする作家が登場しました。たとえば、パリやロンドンを拠点としたドイツ出身の写真家ヘルムート・ニュートンは、世間一般が知らなかったSMをはじめとする上流階級の秘められた性的世界を、ファッション写真の枠組みの中で構築。また、フェティッシュな要素を直接的に取り入れ、死や同性愛などを連想させる刺激的なイメージを作ったのがフランスのギイ・ブルダン。マネキンの足だけを撮ったり、自動車の死亡事故現場みたいなセットの中に商品のサンダルを置いたりしました」(同)

 80年代のファッション写真は商業化し、ゴージャスでグラマラスなイメージが主流に。そのさなかの86年、ヨウジヤマモトのカタログ撮影に抜擢され、技巧的写真で注目されたのが英国のニック・ナイト。ファッション写真に明るい編集者の菅付雅信氏はこう話す。

「彼が物議を醸す写真を撮ったのは、アレキサンダー・マックイーンとコラボレーションするようになった90年代以降。ゲイでファッション・デザイナーとしては珍しく労働者階級出身のマックイーンは、既存の価値観や常識に逆らおうとする精神にあふれ、ニックと共鳴する部分が多かった。そんな2人による写真で最も有名なのが、イギリスの『DAZED & CONFUSED』誌の表紙にもなった、身体障害者を被写体にしたシリーズ。身障者にハイファッションの服を着せて、しかも見る者が欲情してしまうほどセクシャルに撮りました。それは、いろいろな価値観を揺さぶるイメージだと思います」

 同じ90年代にストレートなスナップショットで脚光を浴びたのが、ロンドンを拠点に活動するドイツ人のヨーガン・テラーだ。

「仕事で撮っているとは思えないほど、写真家と被写体との距離感が非常に近く、女性モデルとデキてるんじゃないかと思わせるような撮り方でした。実際、何人かのモデルとは性的関係にあったようですが、それを隠そうともしなかった。しかも、自らフルチンで写り込むことも。体がデカいわりに短小包茎で、オシャレではない彼は、『それでもイイ女と一緒に裸になれるんだぜ』と自分自身を完全にネタにしていたのです」(同)

 ヨーガンは荒木経惟の影響も受けているそうだが、彼のイメージに対する米国からの回答ともいえる写真を90年代より撮り始めたのがテリー・リチャードソンだ。

「ヨーガンと同様、スナップ的な写真で、自分自身もチンポ丸出しでしばしば写り込みます。また、ポルノの要素をファッション・ストーリーに落とし込み、ポルノ女優をモデルとしてよく起用。そして、やはり被写体との関係性が仕事なのかプライベートなのか判然としないカットが多いのですが、数年前に撮影現場で性的なことを強要されたとモデルから訴えられたことも。その件は示談になりましたが、セクシーなポーズ以上のスキャンダラスなことが現場で行われているのは間違いないでしょう」(同)

ハードコア・ポルノ女優をファッション・モデルに

 そんな彼は今やオバマ大統領からレディー・ガガ、桂三枝まで撮るセレブ写真家だが、この10年ほどのファッション写真界のトップランナーといえるのがロンドンの2人組マート&マーカスだ。

「彼らは題材によってテイストをカメレオンのように変えますが、一貫してセクシャルで強い女性像を描きます。ファッション写真は“半日のお仕事感”が表れがちなのに、M&Mが写すモデルは仕事としてのブレーキがかかっていないというか、彼らが作り出す世界の住人になりきっているよう。モデルが脱ぐことも多いですが、その場合、どこか危なさすら感じる潔さがある。また、ファッション写真の歴史を熱心に勉強しており、ヘルムート・ニュートンやギイ・ブルダンといった大御所の影響もうかがえますが、ただの焼き直しではなく、とんでもなく質の高いライティングやレタッチで今のテイストに仕上げています」(同)

 さらに最近では、ショーン&センというロンドンの二人組が注目に値すると菅付氏は話す。

「英国のファッション誌『POP』の2013年春夏号で、ストーヤという米国の人気ハードコア・ポルノ女優をモデルにしたファッション・ストーリーが衝撃的でした。一般的なモデルにはできない“ご開帳”のカットがあるのも確かですが、長身で華奢な彼女は典型的なポルノ女優のグラマラスな体形とは異なる。そんな被写体の魅力を引き出す技術が、ショーン&センにはあると思います。ただ近年は、欧米のファッション誌も広告主をかなり意識しなければならないため、ファッション写真全体の傾向はコンサバになっています。読者も昔ほどファッション誌に過激なものを求めていません。しかし、ファッション写真は人々を誘惑する装置、それも主に性的な刺激を与えるものなので、常になにがしかの価値観を揺さぶる刺激を与え続けていくと思います」

 ファッション写真は時代時代の常識や禁則を写真家たちが打ち破ることで更新されてきたともいえるだろう。また新たなタブーに挑む写真家の登場を期待したい。

(取材・文/砂波針人、池尾優 ユーフォリアファクトリー)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ