サイゾーpremium  > 特集  > タブー  > 意味不明!【有名デザイナー】の”お言葉”翻訳
第1特集
意味不明デザイナーたちの深イイお言葉を読み解く

「これからは四次元の時代」有名デザイナーの”お言葉”翻訳

+お気に入りに追加

――ファッション誌に載せられた著名デザイナーたちのインタビューを読んでいると時々、「この人は何を言っているのか?」と思うことがある。感性の世界で生きる彼らの言葉は、時として”下々の者”には難解すぎる。そんな彼らの素敵なお言葉を、モードファッションなど興味がない人にもわかるように勝手に翻訳してみた。彼らが我々に伝えたかったのは、いったいなんだったのか──?

1307_imifumei_01.jpg
(絵/handpoint.)

「その何も意図しない、何にもこびていないクールな感じがパンクだなって。そして、その意図していないのにクールな感じこそが、本当にかっこいいんじゃないかって気づいたんです。」
『ハイ・ファッション デザイナーインタビュー。』(文化出版局/12年刊行)

黒田雄一/ラッドミュージシャン
1964年生まれ。エスモードジャポン卒業後、ニューヨーク修行を経て自身の会社を設立。ラッドミュージシャンを95年に立ち上げ、ミュージシャンや音楽好き少年たちに絶大な人気を博す。ロックやパンクの精神を標榜し、ショーでもモデルにギターケースを背負わせたりする。フェンダー等、ギターメーカーとのコラボTシャツが有名。

【ワンポイント解説】
“無我のクール”が難しいからオシャレするんでしょうが(怒)
一見、スイーツ女子がお婆ちゃんをつかまえて「カ~ワ~イーイー」と持ち上げる残酷さに似た黒田流「無我のパンク」「無我のクール」論。つまりファッションセンスとは努力しても得られないものであると、もはやオシャレマインド全否定に聞こえますが、事実「『茶の本』(岡倉天心)を理解すればするほど、余計なことをしなければいいんだ。突き詰めていくとデザインそのものがいらなくなってしまうんじゃないか」(同インタビュー)と、身も蓋もないことを申されております。

1307_imifumei_02.jpg
(絵/handpoint.)

「二次元が絵画で、三次元が建築や服、靴だとしたら、四次元は目に見えない人の”気持ち”だとか”時間”だと思うんです。僕の靴をはくことによって、うれしいとか楽しいとか、そういう気持ちが伝わってくれればいいなと思う」
「Checkmate」(講談社) 1998年9月号

三原康裕/MIHARAYASUHIRO
1972年生まれ。多摩美術大学在学中から独学で靴を作り始め、ブランドを立ち上げる。自身の名を冠したMIHARAYASUHIROは97年に靴ブランドとしてスタートし、99年からウェアにも進出した。「あぶり出し靴」と呼ばれる、特殊な加工を施した革靴が定番。ちなみに、妻はジャズピアニストの上原ひろみ。

【ワンポイント解説】
「四次元は“時間”とか」って、それ普通のこと言ってますよ
同時期に「ハーパースバザー」に掲載された対談でも、「ピカソの時代が二次元で、モードの時代が三次元、とすれば21世紀は四次元」と謎の発言を残している三原氏。その心は「いろんな時代のモチーフをミックスさせてオリジナルを作るんだから、ある意味四次元じゃね?」ということでしょうか。上の発言を買いかぶると「ぼくの洋服はハイコンテクスト」とも捉えることが可能ですが……きっとそうじゃないと思いますです。

1307_imifumei_03.jpg
(絵/handpoint.)

「このマルボロというタバコは、このロゴによって社会の中に存在している。つまりロゴは、自分を表現するもの、アイデンティティーであり、まわりの人もそのロゴを私と考える。そして同時に、そうしたものを作る世界の中に、やっぱり自らのアイデンティティーも存在している。ロゴは鏡のようなものだね。服を作るということは自己表現のひとつだから、そうした個人の表現であり、世界をつくっている『ロゴタイプ』をどう捉えるか。」
「BRUTUS」(マガジンハウス) 2002年10月1日号

ラフ・シモンズ/ラフ・シモンズ
1968年、ベルギー生まれ。工業デザインを学び、家具デザイナーとして働いていたという異色の出自。95年に自身のブランドを設立し、05年からはジル・サンダーのクリエイティブディレクターに就任。ジル・サンダー本人の復帰に伴って12年に同職を辞し、ディオールのアーティスティック・ディレクターに就任。現在、世界的に最も有名なデザイナーのひとりだろう。

【ワンポイント解説】
ディオールディレクターの割り切りと達観!
ビジネスに対する迷いからワンシーズン休養した後のインタビュー。「洋服なんて、もはやデザインじゃなくてブランドで売れちゃってるし、お客さんはラフ・シモンズを着るだけでキャラ立ちできるし、これからはいかにしてカッコいい記号を作るかだよね」と達観。当時ビッグメゾンからのオファーについて「(そこでは)自分に正直に仕事はできない」からと断っていたそうですが、何かが吹っ切れたのか以後ジル・サンダー、ディオールのディレクターを歴任されています。

1307_imifumei_04.jpg
(絵/handpoint.)

「シルエットは大きすぎるが、襟ぐりのデザインはとても良かった。尊重すべき一枚だったよ。この一枚がどこかの工場の奥で忘れられたボロきれのような存在ではなかったことを嬉しく思う。完璧ではないが、尊重できる。壁がしっかり建てられた美しい廃墟のように。」
「流行通信」(インファスパブリケーション)2004年1月号

ジャン・トゥイトゥ/A.P.C
1951年、チュニジア生まれ。ソルボンヌ大学で美術史等を学んだ後、ケンゾー、アニエス・ベーなどを経て87年に自身のブランドを設立。デニムやシャツといったベーシックなリアルクローズを展開し、日本にファンが多い。デニムの生地などは日本製のものを使っているそうで、91年には海外初となるショップを代官山にオープンしている。親日家なのだろうか?

【ワンポイント解説】
ザ・デザイナー感あふれる巧みな比喩がたまりませんナァ
2004年に1988年作のTシャツをあらためて着てみた上でのコメント。「素材のコットンは上質だけれど、今見るとシルエットが古くさいので、僕は着られても息子の代まではどうかな。ま、モノがいいのでA.P.C.のアーカイブ(タンスの肥やし)として後世に伝えられると思われ」とある種の自己否定を、「完璧ではないが尊重できる」「美しい廃墟」といった表現を用いてうまい具合にフォロー。ガイジンのこの手の煙に巻くレトリックは勉強になりますな。

(文/熊山 准)

大御所ほど意外と真面目!?
経営責任を負うデザイナー達

 ビッグメゾン【オートクチュールを手がける高級衣裳店の中でも歴史が古く、世界展開するブランド。エルメスやルイ・ヴィトンなどが該当】の記号的消費への宗旨替えをほのめかしたラフ・シモンズ、そもそもデザイナーいらないんじゃね? と自己否定を始めた黒田雄一、今後のデザイナーの仕事はゼロからの創作ではなく引用であると開き直った三原康裕、ファッションの宿命である時代遅れを詩的表現でかわしたジャン・トゥイトゥ──いずれにも共通していたのは「ものは言いよう」という自己保身の態度でしょうか。

 それもそのはず、世界的な景気後退で「モノが売れない」「ファストファッション隆盛」の時代を迎えた昨今、企業の大黒柱であるデザイナーにも経営者としての説明責任がつきまとうわけですから、口も達者になろうというものです。

 ゆえに、ファッションデザイナーはロックミュージシャンほど面白い発言が少ないのも事実。特に三宅一生、川久保玲など大御所の発言ほど真っ当で、この辺りは不要不急の嗜好品を提供するエンターテイナーと、一応なくてはならない生活必需品である洋服を作る職人の、送り手としての性格の違いと言えるかもしれません。デザイナーがカッコいいから洋服を買うという時代でもありませんしね。

 そんなわけで、実際はデザイナーよりも、雑誌編集者や評論家、モデルのほうにこそ奇行種が多いような気もするファッション業界。いみじくもラフ・シモンズが指摘したように、ブランド服をまとうことでアーティスト憑依を行う彼らこそ、今後ウォッチしてゆくべき存在なのかもしれません。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ