サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 【椎名林檎】のお相手はまた既婚者!?
ニュース
お相手は気鋭の映像ディレクター!!

“また”妻帯者!? 椎名林檎の新恋人と“略奪癖”の実態

+お気に入りに追加

隣の芝生はやっぱり青い!

00年、当時まだ22歳だった椎名林檎は、「FRIDAY」(講談社)にて初の熱愛スクープを撮られる。そのお相手とは不倫関係であったことが発覚し、さらにその数カ月後には別の男性との“略奪”+“デキ”婚で世間をにぎわせた。以降も、噂になる男性は妻帯者ばかり。椎名林檎=他人の男が好き、というイメージはすっかり浸透している。

1303_shina_book.jpg
「SWITCH」2011年10月号、「ニューパートナーシップ」特集での2ショット。対談でも、その信頼度の強さがうかがえる。

「また妻帯者に手を出したのか──」

 2012年12月、同月5日に死去した歌舞伎俳優・中村勘三郎の華麗なる恋愛遍歴をまとめた特集が各誌をにぎわせていた最中、特に注目を集めたのは、「週刊新潮」(新潮社)が報じた、勘三郎と歌手・椎名林檎との過去の“手つなぎデート”写真【1】だった。その椎名には、同記事が掲載されるわずか1カ月半前の10月末にも、熱愛疑惑が持ち上がっている。この時のお相手は、俳優・森山未來。彼が主演を務めていた舞台『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』の打ち上げの場で、本来いるはずのない椎名が森山と仲睦まじい姿を見せていたと「女性自身」(光文社)が報じたものだ。

 しかし、実はこの時、彼女にはまったく別の“本命”がいたという──。

 音楽関係者が話す。

「実は、椎名さんの現在の彼氏は、自身がボーカルを務めていたバンド『東京事変』のミュージックビデオ(MV)を手がけていた映像ディレクターさんなんです。付き合い始めたのは半年ほど前からのようなので、森山さんとの報道が出た時には、すでに男女の関係だったのではないでしょうか」

 その映像ディレクターとは、07年に公開されたユニクロのCM『UNIQLOCK』で「カンヌ国際広告祭」「ONE SHOW」「米クリオ賞」という世界3大広告祭のグランプリを総ナメにした、児玉裕一氏。東京事変のほか、PerfumeやサカナクションなどのMVも手がけ、今、映像業界で最も注目される作家のひとりである。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年6月号

令和時代の(新)タブー

令和時代の(新)タブー
    • 新紙幣【渋沢栄一】の功罪
    • 【薬物裁判】の戦い方
    • 駆け込み【薬物解毒病院】の実態
    • 【働き方改革】芸能事務所の本音
    • 【奈月セナ】タブーすぎるGカップ
    • 【名探偵コナン】のタブーとは?
    • 【平成とコナン】日本の写し鏡
    • ディズニーと【ダッフィー】の謎
    • 令和の【日本語ラップ】を考える
    • 【ブートクチュール】の最尖端
    • インスタグラム【パクリ暴露】アカ
    • 【女性皇族】結婚相手に求められる品格
    • 【愛子天皇陛下】実現の可能性は?
    • 格差を生む!?IOT時代の【電力問題】
    • 【エネルギー問題】を解決する施策
    • 【顔認証】で監視国家へ進む日本
    • 【スコアリング社会】のディストピア
    • なぜ【ショタコン女性】が増えているのか
    • 【ショタコンマンガ】傑作3選

「サイゾー」表紙の20年史

「サイゾー」表紙の20年史
    • 【祝20周年】橋本マナミも都丸紗也華も登場!

NEWS SOURCE

    • 【錦戸亮】退所?揺れるジャニーズ
    • 安倍政権の謀略戦で【立憲】窮地に!
    • エイベの恥さらし【AAA】暴行事件の遠因

インタビュー

    • 【山田佳奈実】ダンス極めし女優の野心
    • 【DJ松永】ラジオに救われた人気DJが自虐封印
    • 【ミヤギフトシ】気鋭美術作家の青春小説

連載

    • カバーガール/小倉優香
    • 【大間乃トーコ】Hカップの夢は保健の先生
    • 三代編集長で振り返る【サイゾー】の20年
    • 【ラウンドガール】圧巻の11人グラビア
    • 【珠緒】は冷たい芝生の上に
    • 【次のIT】とどう付き合うのか?
    • 【更科功】化石人類から見える人間の根源(前)
    • 高須基仁/【国への思いに右も左もない!
    • 【生殖器崇拝】と一般認識の深き溝
    • 中国イーコマース企業が作った【完全無人倉庫】
    • 【ニプシー・ハッスル】R&Bは絶滅へ向かう
    • 町山智浩/【アス】特権と罪悪感の恐怖を描くホラー
    • 日本経済【平成の失敗】と令和時代への教訓
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/サイゾーの成人式
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/『82年生まれ、キム・ジヨン』日韓のフェミニズムの今
    • 【全身ラバー】女と出会いたい
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【大江戸ビール祭りの仕掛人】醸造に乗り出す!
    • 伊藤文學/【薔薇族】の女性読者たち
    • 幽霊、獣に成り果てたフレンズたち。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』