サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 【森光子と東山紀之】のホントの関係
ニュース
メリー氏の怒りを買った遺書の存在も怪しい?

東山紀之と森光子の仲はすでに冷え切っていた!? 本誌が知る2人の本当の関係

+お気に入りに追加

森光子とジャニーズの長く深い関係

“ジャニーズのお母さん”といわれるほど、関係が深かったジャニーズ事務所と森光子。両者の関係は、ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長の実父が森のファンであり、彼女の舞台に頻繁に訪れたことに端を発するという。数多のジャニタレの中でも、もっとも深い寵愛を受けたのが東山紀之だが両者の関係はどのようなものだったのか?

1302_mori.jpg
『女優 森光子』(集英社)

 国民栄誉賞や文化勲章などを受賞した、女優・森光子が急逝したのは12年11月10日。京都祇園の芸妓の母と紡績会社の御曹司の間に生まれるも、私生児として育てられた彼女の数奇な人生と功績を、各メディアが報じる中、SMAP、嵐ら数多くの人気グループを抱えるジャニーズ事務所【1】の内部が森の遺産をめぐって揺れていることを、「週刊文春」【2】(文藝春秋/12月20日号)が明かした。

 同誌によると、森は生前、子どもがいないこともあり、長年親交のある同事務所のメリー喜多川副社長に「私が死んだら、財産の一部はジャニーズの若い子たちを育成するために使ってほしい」と“遺言”を残していたという。その考えに賛同したメリー副社長は「ジャニーズ=森基金」として運営しようと考えていたというが、森光子が生前したためた遺書に「遺産の一部を東山紀之に譲る」と書いていたことを知ったメリー氏が「話が違う」と激怒したというのだから穏やかではない。

「問題の記事が掲載された号が発売される前の12年12月7日、都内で森さんの本葬が営まれた。ジャニーズ事務所のタレントにとって森さんは母親同然とあって、所属タレント68人が参列。かつて森さんの『永遠の恋人』と呼ばれた東山が事務所を代表して弔辞を読むかと思われたが、実際に読んだのはメリー氏がお気に入りのマッチこと近藤真彦。東山は囲み取材も受けずに浮かない顔で会場を後にしたが、その後『週刊文春』の記事が出たことで、東山が弔辞を読まなかったのも納得がいった」(スポーツ紙デスク)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー
    • 暴力団だけじゃない【反社】の定義
    • 【山口組分裂】報道の最前線
    • 【嵐】休止後の芸能界にタブーはあるか?
    • 本当の【氷川きよし】論
    • 【社会学者】きーちゃんを苦しめる疑惑フォーマット
    • 【湯山玲子】ミサンドリー時代に合った戦略
    • 【音楽学者】芸能の性別越境を回復する存在に
    • 【丸屋九兵衛】ヒップホップときよしの交差点
    • 【ANARCHY】初期衝動を落とし込んだ映画
    • 【SEEDA】ラッパーの禁忌な生き様を描く
    • 世界の過激な【保守派リーダー】
    • 【元芸人】が政治の世界に進出するワケ
    • 【アナ雪】ステマ問題ほんとの戦犯
    • 時代を先取りする【新・麻薬王】の肖像
    • 【医療観察法】の知られざる実態

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』