サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 【北島康介】とガルネク・千紗の婚約は不安ばかり!?
ニュース
「サイゾーpremium」限定ニュース

五輪金メダリスト・北島康介との結婚で蒸し返されそうなガルネク・千紗の消したい過去

+お気に入りに追加

1301_p_girlnextdoor.jpg
girl next doorのベストアルバムSINGL
E COLLECTION(DVD付)

 競泳のアテネ・北京両五輪金メダリストで、ロンドン五輪銀メダリストの北島康介とガルネクこと男女3人組ユニット・girl next doorのボーカル・千紗が婚約中で近日中に入籍するニュースが元旦付けの各スポーツ紙でデカデカと報じられたが、千紗および、千紗が所属するエイベックスにとって今回の報道はメリットだらけだったというのだ。

「エイベックスの松浦勝人社長がかなり入れ込んだガルネクは2008年に鳴り物入りでデビューし、同年と09年におおみそかのNHK・紅白歌合戦に出場。08年にレコード大賞の新人賞を獲得し、09年、10年は大賞候補曲にノミネートされるなどかなりの勢いがあったがこのところ失速。昨年発売したベストアルバム1枚、シングル2枚の売り上げはいずれも1万枚に届かないほどセールスが低迷。今回の報道は2月に発売する新曲の大々的なプロモーションとなった。一方、ダルビッシュ有、本田圭佑らアスリートのマネージメントも手がけるエイベックスとしては、北島の現役続行が微妙なところとはいえ、北島はスイミングスクールを運営していることもあり、将来を見据え、ぜひとも北島を獲得してビジネス展開を広げたいところ。千紗と結婚すれば北島に話をしやすくなる」(レコード会社関係者)

 とはいえ、一気に注目を浴びてしまっただけに、千紗にとって決して触れられたくない過去を蒸し返されることになりそうだというのだ。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年5月号

「情弱ビジネス」のカラクリ

「情弱ビジネス」のカラクリ

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】キラキラ系が苦手なんです。
    • 【岸明日香】唐揚げの音で孤独を癒す
    • 【ラウンドガール】男を"オトす"必殺グラビア
    • いつか【ゴマキ】と朝帰りッ
    • 研究者が予言する【ロボット】の平等な未来
    • 高須基仁/追悼【内田裕也】
    • 【東京】に輸入される祭り文化
    • 【シリコンバレー】が中国ベンチャーをパクる日
    • 【ボブ・マーリー】米国人音楽市場の今
    • 町山智浩/【魂のゆくえ】腐敗した教会と牧師の闘争
    • 【経済統計】の不正と偽装で見えた日本経済
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/さよなら平成、ありがとう平成
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/男が期待するヒロイン像にはハマらない『キャプテン・マーベル』
    • 【白塗り店主】の変なバー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元チューバ奏者の【チェコ人】が本場のピルスナーで勝負
    • 伊藤文學/【薔薇族】華々しき"摘発史"
    • 幽霊、過去を裁いて復讐する者たち。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』