サイゾーpremium  > 特集  > 自動車業界──トヨタは現代に負ける!? ...
第1特集
ニッポンを支える"業界"診断【4】

自動車業界──トヨタは現代に負ける!? 新興国市場への対応がカギに

+お気に入りに追加

──国内市場は頭打ち、円高で輸出もはかばかしくないと、これまた苦境に立たされた自動車業界。カギを握るはアジアなどの新興国市場とされるが、はたしてここで勝ち上がれるのはどのメーカーか!?

1102_jidousha_ill.jpg
(イラスト/都築潤)

勝ち企業

スズキ自動車工業
インドの乗用車市場で約半数のシェアを持ち、昨年9月には同国での新工場の建設を発表。これが完成すれば、インドにおける年間生産能力は日本でのそれを上回るようになる。

負け企業

三菱自動車工業
2000年に発覚した大規模なリコール隠しの余波からいまだ脱しきれておらず、09年には大阪証券取引所の上場を廃止された。電気自動車アイ・ミーブに未来を賭けるが……。

トヨタ自動車
いわずと知れた国内ナンバーワン自動車メーカーだが、昨年は北米でリコール騒動が起き、11月には販売台数が大幅に下落。プリウスは好調だが、それしか武器がないままでは、伸び代は期待できないかも。

 日本の製造業の要であり、常に国内外の注目を集め続ける自動車業界。08年は世界経済危機の影響で市場規模が62兆3000億円から49兆4000億円へ大幅に落ち込み、09年も43兆9000億円と完全復活は遂げられず、業界全体の低迷が長引きつつある。また、昨年はトヨタの北米でのリコール騒動もあり、良くないニュースが続いた。そして今年も、少なくとも上期は厳しい状況が続くだろうと語るのは、タブーなき自動車雑誌「マガジンX」(ムックハウス)編集長の神領貢氏だ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年12月号

ドラッグの教科書

ドラッグの教科書
    • 【薬物四法】の成立秘話
    • 【日米マリファナ】最新(裏)事情
    • 【大麻と人種】に迫るドキュメンタリー
    • 【舐達麻】がブチかます大麻論
    • 【幻覚剤】の医学的研究
    • 【ミッドナイト・ゴスペル】の見方
    • 【米ラッパー界】ドラッグ最新事情
    • 【元売人トリオ】と契約したエミネム
    • 【ドラッグ表現】の最前線
    • 【満州アヘンスクワッド】麻薬と昭和
    • 【人類とドラッグ】の1万年史
    • 【アンサングシンデレラ】薬剤師はどう見たか
    • 【処方薬】に蝕まれる日米社会
    • 【大麻成分CBD】のグレーゾーン
    • 【CBD】がよくわかるブックガイド
    • 【緊急避妊薬】と堕胎利権
    • 【ピル市販】海外の実態
    • 【サイケデリックス】と宗教的体験
    • マンガの【トンデモドラッグ描写】
    • 【シャブとサウナ】都市伝説を徹底調査

「佐藤あいり」気鋭の女優の美しきボディ

「佐藤あいり」気鋭の女優の美しきボディ
    • 【佐藤あいり】気鋭の女優の美しきボディ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載