サイゾーpremium  > ニュース  > 社会  > "震源地"を知る学者が反論「それでもイル...
ニュース
冷めやらぬ議論──日本の捕鯨文化はどうあるべきか?

"震源地"を知る学者が反論「それでもイルカ漁続けるべき」

+お気に入りに追加

 イルカ追い込み漁を隠し撮りの手法によって批判的に描き、米アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞を受賞した映画『ザ・コーヴ』。右派団体の街宣活動などにより、いくつかの映画館が上映中止に追い込まれるなどの紆余曲折を経て、去る7月3日、ようやく日本公開となった。

1010_cove_bamen.jpg
『ザ・コーヴ』の1シーン。詰めかける「捕鯨反対派」に辟易した太地町は、くだんの"入り江"畠尻湾を立ち入り禁止区域に指定した。

 同作の是非や一連の騒動については、多くのメディアが取り上げ、小誌(7月号)も、映画監督の森達也氏と配給元・アンプラグド代表の加藤武史氏との対談を掲載した。ところが、舞台となった和歌山県太地町の住民の生の声はほとんど報じられないまま、今では抗議行動、報道共にすっかりトーンダウンしてしまった。映画公開は、現在でも続いているにもかかわらず、である。

 しかし、"震源地"太地町では、現在でも混乱が続いている。同地で今シーズンのイルカ漁が始まった直後の9月3日、米国の反捕鯨団体シー・シェパードが、イルカ追い込み漁を妨害するため、各国の活動家を現地に送り込んだことを発表したのだ。

 動物行動学者の関口雄祐氏は、5年間にわたり、水産庁の捕鯨調査員(捕獲したイルカやクジラの現地調査などを行うために派遣される)として太地町に駐在、イルカ追い込み漁船に乗り込んだ経験をもとに、映画公開直後、『イルカを食べちゃダメですか? 科学者の追い込み漁体験記』(光文社新書)を上梓した。そんな同氏に、『ザ・コーヴ』に対する太地町民の反応や、日本の捕鯨のあり方について聞いた。

──初めに、関口さんが太地町のイルカ追い込み漁にかかわるようになったいきさつを教えてください。

関口雄祐(以下、) 96年に大学院に入ってイルカの行動学を研究しようと決めた矢先、たまたま紹介された調査員の仕事を引き受けたのがきっかけでした。太地町の漁師たちも、相手がアルバイト半分の学生だから、気軽に漁船に乗せてくれたのかもしれません。

──では、関口さんは『ザ・コーヴ』をどう観ましたか?

 全体として、ドキュメンタリーとしてはどうなんだろうと思いました。例えば、入り江がイルカの血で真っ赤に染まるラストの空撮シーンについてですが、少なくとも浜辺からは、あそこまで強烈な赤色には見えませんでした。あの入り江は砂地で浅いので、漁師やイルカが入り乱れると、もっと濁った色になるんです。空撮だと違って映るのかもしれませんが、私には多少色をいじっているように見えましたね。

 漁師たちとの小競り合いを撮るときも、撮影クルーが漁師を挑発してわざと小突かせ、大げさに「やられた~」とやっていたそうです。つまり、撮影側は活動家の役を演じているわけです。作品中、漁師を「ジャパニーズマフィア」と表現していましたが、漁師たちは漁師たちで「あいつらはやくざやで」と言っていましたね。

 あと、夜中に入り江に忍び込んで撮影するシーンも、現実的にはあり得ないと思いました。撮影クルーが見回りのライトに気づいて逃げるわけですが、あそこには出入り口が1カ所しかないので、逃げるといってもライトの方角へ行くしかありません。要するに、別々の日に撮影した映像を切り張りしなければ、ああいう展開にはならないわけです。

 私が見たって漁師が見たって、殺すことはかわいそうに思います。でも、無駄になっている命はひとつもない。そのことを意識して観てほしいですね。

──舞台となった太地町のイルカ漁関係者は、一連の騒動と映画の内容をどう受け止めていたんでしょうか?

 彼らにとって一番困るのは、映画を撮影した海洋保全協会(OPS)などの環境保護団体に、直接仕事を邪魔されることです。それに、OPSなどが保護運動を寄付金目当ての"ビジネス"として行っていることにも気づいています。ですから、公開前後の騒動に関していえば、私の接した太地町の人たちの大半は、遠く離れた場所で行われている、自分たちとは関係のない出来事ととらえて、「メシのネタとして、うまく使われちゃったな」という程度に考えているようでした。

 映画の内容そのものについても、わりとどうでもいいと思っている人が多いようです。映っている漁師たちは皆、私がお世話になった人ばかりなので、英語版のDVDを持っていって一緒に観たんですが、そのときの感想も、「ああ、ここから撮ってたのか、これじゃ気づかねえな」「今俺が映ってた! ちょっと止めろ」といった程度でしたね(笑)。もちろん、全員がそうというわけではないし、怒りも当然あるとは思いますけど、こんなことをいつまでも引きずっていても仕方ない、とあっさり割り切っている人が意外に多いのが印象的でした。ただし、"これから"のことを心配する人は、やはり多いです。

1010_irukaryo1.jpg
捕らえたイルカを解体することを、太地町では「解剖」と呼ぶ。解剖は、太地漁協内の魚市場で手際よく行われる。写真は、まだ解剖風景を普通に見学することができた、2000年前後の小型捕鯨のもの。(写真提供/関口雄祐氏)

──そうした地元の反応は、結局、アカデミー賞受賞直後に太地町・漁協側が発表した「事実誤認が多く、受賞を遺憾に思う」という声明のような通り一遍のもの以外、ほとんど報じられませんでした。太地町側は、メディアの使い方など、もう少し効果的なアピールの方法を取れたのではないかとも思うのですが。

 私が赴任したときの経験からいっても、太地町は、もともとはかなりオープンな土地柄で、メディアにも丁寧に対応していました。別に見られて悪いことをしているわけではないので、以前は誰でもイルカを解剖する現場などを見学できましたし、主演のリック・オバリー氏も漁協にたびたび出入りしていたんです。それがああいう形で裏切られて、しかも、漁協関係者などがテレビでいくら一生懸命にしゃべっても一部のコメントしか使われず、言いたいことが正しく伝わらない。それですべてをシャットアウトするようになってしまったんです。それは仕方ないことだと思いますね。

日本で連綿と続いてきた古式捕鯨とイルカ漁

MEMOイルカ漁
現在の日本においては、和歌山県太地町でのみ行われている、追い込み漁と呼ばれるイルカ漁のこと。イルカ漁を含む捕鯨行為については賛否両論あり、国際問題となっている。なお、イルカとクジラに生物学上の大きな違いはなく、どちらも哺乳綱鯨目(鯨偶蹄目)に属する。

──『イルカを食べちゃダメですか?』を執筆した動機は、そうした地元の声を代弁することにあったのですか?

『ザ・コーヴ』という映画は、最後の入り江のシーンを世に知らしめるためのプロジェクトという意味合いの強い作品で、イルカ追い込み漁のほんの一部を描いたものにすぎません。実際に漁師たちが沖で何をしているのか、どれぐらいの時間と労力をかけて捕りにいくのか、といったイルカ漁の全体像や、古式捕鯨の時代から続くイルカ漁の歴史的背景をもっとよく知ってもらいたいと思って、光文社へ原稿を持ち込みました。

──では、太地町のイルカ追い込み漁を含め、日本の捕鯨の歴史をかいつまんで説明してください。

 日本の古式捕鯨は、今から400年前ほど前に、銛でクジラを突く「突き捕り式」として始まりました。その後、動きの速いクジラに対応するため、網をクジラにからめて動きを鈍らせてから銛で突く「網捕り式」と呼ばれる方法が主流となり、明治の初め頃まで続けられました。明治の終わり頃から全国に広まり、現在も行われているのが、船の先端に搭載した捕鯨砲で捕る「ノルウェー式」です。太地町では、イルカ追い込み漁が現在の形で始まる1960年代まで、明治末期に同地出身者の開発した3連式または5連式の捕鯨銃を使って小型のクジラの仲間を捕っていました。

 よく、イルカ追い込み漁はたった40年の歴史しかなく、古式捕鯨とのつながりもない、との声が聞かれます。でも、それはあくまで現在のように組織的にイルカ漁を行うようになったのが40年前から、という話であって、捕鯨に関する古い文献を読むと、古式捕鯨とイルカ漁は、車の両輪のような形で連綿と続けられてきた、伝統的な文化であると考えるのが妥当です。

──水産庁も、日本が捕鯨を続ける理由のひとつとして、「クジラを捕って食べるのは日本の文化だから」と主張しています。それに対し、捕鯨に反対する人たちは、「現在の日本人は、クジラやイルカをほとんど食べていないのだから、文化とはいえない」と反論していますよね。

 問題は、「捕鯨は日本の文化だ」という言い方にあると思います。正確には、「日本にはクジラやイルカを捕って食べる文化もある」と言うべきなんです。確かに、東京で普通に生活していれば、クジラやイルカの肉を食べる機会はほとんどありません。だからといって、鯨食は日本の文化ではない、というのは暴論でしょう。日本は南北に長く地域性に富んでいますから、いろいろな文化があって当たり前です。むしろ多様でないほうがおかしいし、文化が規格化、単一化されることのほうが怖いと思います。

『ザ・コーヴ』反論映画を日本人こそが撮るべき

 太地町のイルカ漁関係者は、「俺は"漁師"じゃなくて"クジラ捕り"なんだ」というプライドを持って仕事をしていますが、あくまで必要とされているから捕っているのであり、食べたい人が食べればいいと考えています。それに対して、『ザ・コーヴ』のように、イルカ漁に反対する人たちは、自分たちの意見をただただ押しつけてくる。食べる食べないは自分で判断すればいいことで、それを押しつけ合えば、文化衝突は避けられません。

──日本のイルカ漁や捕鯨は、今後どうあるべきだと思いますか?

1010_irukaryo2.jpg
1998年に撮影された、マゴンドウの下あごの切り出し風景。この種の比較的大型のイルカの「解剖」は、4~5人で行われる。(写真提供/関口雄祐氏)

 わざわざ南極海にまで行くような捕鯨は、もうやらなくていいんじゃないかと思っています。漁師の生活を守るため、あるいは文化を保つために捕鯨が必要だというのなら、日本の沿岸で必要な分だけ捕れば済むことですから。太地町も、公式には調査捕鯨と小型沿岸捕鯨の両方をやるほうがいいと意思表示していますが、現場の漁師たちの多くは、地元で必要量を捕れればそれでいいと考えているはずです。

 イルカ漁の問題に関する文化的側面についていえば、日本人の多くは、イルカを食べる立場と保護する立場、双方の意見を同時に許容できる姿勢を持っていると思います。そういうパラレルな価値観を、バランスを保ちながらどちらも受け入れられる国民性です。日本人には、今後もそうした姿勢を失わないでほしいですし、そうした持ち味をもっと海外へアピールしていってもいいと思います。

 それから、「サイゾー」7月号で森さんや加藤さんがおっしゃっていたように、やはり日本の映画監督に、『ザ・コーヴ』に反論するちゃんとしたドキュメンタリー映画を撮ってほしいと思います。たとえそれが結果的にイルカ漁に反対する内容を含んでいても、太地町の人たちを含め、納得する日本人は多いと思いますよ。
(構成/松島拡)

1010_sekiguchi.jpg

関口雄祐(せきぐち・ゆうすけ)
1973年、千葉県生まれ。東京工業大学生命理工学部卒、同大学院生命理工学研究科博士過程修了。イルカの行動学の研究の一環として、大学院在学中の96年から00年までの5年間、非常勤で太地町駐在の水産庁捕鯨調査員を務める。08年、千葉商科大学商経学部専任講師に就任。専門は行動生理学。


『イルカを食べちゃダメですか?  科学者の追い込み漁体験記』(光文社新書)
水産庁調査員として太地町のイルカ漁船に同乗した体験をもとに、イルカ追い込み漁の全貌をつぶさに描いた一冊。イルカやクジラを飼育したり食べたりすることについての科学的・文化的考察も興味深い。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

サイゾーパブリシティ