> 紗栄子の検索結果

紗栄子 の検索結果

ニュース

別れの代償は高額慰謝料請求! 紗栄子の荒稼ぎ人生

―― 本誌9月号の記事「ゾゾ前澤社長と破局!【紗栄子】が陥った悲しき格差恋愛の末路」でも報じた紗栄子と「ZOZOTOWN」の運営会社、スタートトゥデイの代表取締役である前澤友作氏の破局。

別れの代償は高額慰謝料請求! 紗栄子の荒稼ぎ人生
ニュース
今度こそ、本当に破局!

ゾゾ前澤社長と破局!【紗栄子】が陥った悲しき格差恋愛の末路

―― 今や国内トップクラスのファッション通販サイト「ZOZOTOWN」。その運営会社「スタートトゥデイ」の創業者であり、代表取締役を務める前澤友作氏と、かねてより交際していたモデルでタレントの紗栄子が、つい...

ゾゾ前澤社長と破局!【紗栄子】が陥った悲しき格差恋愛の末路
ニュース
炎上娘の短い春でした……

別れる前のハワイ旅行はお約束? ZOZOTOWN社長にポイ捨てされた紗栄子、社長夫人の夢敗れたり!?

―― モデルでタレントの紗栄子と、大手ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」(以下、ゾゾタウン)などの運営会社「スタートトゥデイ」の創業者で社長の前澤友作氏の交際が明るみになったのは、昨年10月のこと。...

別れる前のハワイ旅行はお約束? ZOZOTOWN社長にポイ捨てされた紗栄子、社長夫人の夢敗れたり!?
第1特集
“彼女”が愛される理由【5】

【精神科医・岩波明】閉塞する現代だからこそ紗栄子は輝く! 彼女は自己愛性パーソナリティ障害である

―― ネットでバッシングされつつも、紗栄子さんは一部から強く支持されています。普通の女性タレントであれば、ダルビッシュ選手のような“玉”を掴んだら、そこに安住するでしょう。しかし紗栄子さんはそうしなかった。...

【精神科医・岩波明】閉塞する現代だからこそ紗栄子は輝く! 彼女は自己愛性パーソナリティ障害である
第1特集
怪獣“紗栄子”が愛される理由【4】

【芸能評論家・三杉武】ファッション誌への起用と、沢尻との確執が生んだ紗栄子の強度

―― 紗栄子を語るうえで外せないキーワード、それはタレントとしての強さと自立性でしょう。

【芸能評論家・三杉武】ファッション誌への起用と、沢尻との確執が生んだ紗栄子の強度
第1特集
怪獣“紗栄子”が愛される理由【3】

【ライター/研究者・トミヤマユキコ】紗栄子に見る庶民にいちいち反論するおじさん的な野心家の業

―― 結婚前は「いつも浮いている人」と思っていました。女優っぽくないし、バラドルとしてもヘタ。歌唱力は壊滅的。このままオバさんになったらヤバいぞと老婆心ながら心配していました。それが、ダルビッシュ有と結婚し...

【ライター/研究者・トミヤマユキコ】紗栄子に見る庶民にいちいち反論するおじさん的な野心家の業
第1特集
怪獣“紗栄子”が愛される理由【2】

【アイドル評論家・エリンギ】音痴を隠さない正直さにのちの"紗栄子"の片鱗を見た!

―― アイドルの歴史を視姦……もとい、俯瞰してきたアイドル評論家的には、紗栄子といえばやはり制コレでしょう。時代は00年代前半のグラドル全盛期。90年代後半にイエローキャブ軍団が世を席巻したあと、小倉優子、...

【アイドル評論家・エリンギ】音痴を隠さない正直さにのちの
第1特集
怪獣“紗栄子”が愛される理由【1】

精神科医から、女子文化に詳しい評論家まで識者が語る! 【紗栄子】という欲望に忠実なる“怪獣”の正体

―― ある女がニッポンを渉猟している。金持ち男を求めて。彼女の名は紗栄子。ダルビッシュ有の元嫁にして、ZOZOTOWN社長の現恋人。人は彼女を恐れ、魔女裁判にかけようとする。しかし彼女は決して倒れない。それ...

精神科医から、女子文化に詳しい評論家まで識者が語る! 【紗栄子】という欲望に忠実なる“怪獣”の正体
第1特集
スキャンダルタレントの独白の裏側【2】

精神科医が喜多嶋舞、中山美穂、紗栄子を徹底分析!「比べる自己愛」を守る芸能人の自己正当化法

―― 15年に過去のスキャンダルを掘り起こす形で話題となった喜多嶋舞、中山美穂、紗栄子。自らのスキャンダルを弁明するべく女性誌に掲載された、彼女たちのインタビュー、手記は「自己愛」に満ちあふれていた──!?...

精神科医が喜多嶋舞、中山美穂、紗栄子を徹底分析!「比べる自己愛」を守る芸能人の自己正当化法
第1特集
スキャンダルタレントの独白の裏側【1】

【紗栄子、ミポリン、喜多嶋舞】まで!女性誌は建前だけの“禊ぎの場”独白する芸能人と出版社の思惑

―― 「他人の不幸は蜜の味」。芸能人スキャンダルといえば、離婚絡みの話題に何かと目がいきがちだ。そんな中、スキャンダルにさらされた女性芸能人たちの強い味方となっているのが、彼女たちの釈明を掲載する女性誌であ...

【紗栄子、ミポリン、喜多嶋舞】まで!女性誌は建前だけの“禊ぎの場”独白する芸能人と出版社の思惑
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【5】

性格ブスの未婚よりバツイチでも才気溢れる女性のほうが魅力的……だからボクの【紗栄子】に手を出すな

―― 複雑に入り組んだ現代社会において、釈然としない事は多い。

性格ブスの未婚よりバツイチでも才気溢れる女性のほうが魅力的……だからボクの【紗栄子】に手を出すな
サイゾープレミアム

2018年12月号

"異能作家"たちが語る「文学、新宿、朗読」論