>   >   > 天皇家と絵本【1】/【皇室】が愛した絵本たち

――美智子妃や女性皇族らがみずからの手で紡いだストーリー、そして、彼女たちが愛する我が子のために読み聞かせた数々の絵本たち。それらの本にはやはり、やんごとなきパワーが宿っているのか? 辛酸なめ子氏と共に徹底検証!

女性皇族が親しんだ名作絵本を徹底読み込み! 美智子さまの苦悩と知性は皇族絵本を通して眞子さまへ!の画像1
『美智子さまから眞子さま佳子さまへ プリンセスの育て方』(こう書房)

 秋篠宮家の眞子さまと、国際基督教大学(ICU)の同級生で法律事務所勤務の小室圭さんのご婚約が5月16日、発表された。納采の儀(結納)やご成婚に向けて、多くの書店がご成婚記念の特設コーナーを企画するはずだ(きっと)。そこで弊誌もこの慶事に便乗し、女性皇族にゆかりのある関連書籍をまとめることとしよう。

 第2次世界大戦後、もっとも書物について深い理解と愛情を示し、発言されてきた女性皇族といえば、皇后美智子妃をおいてほかにはいない。2015年の「本」が御題となった歌会始では、「来し方に/本とふ文の/林ありて/その下陰に/いく度いこひし」という御歌を詠まれている。書物に対するあふれる愛情や感謝を詠っただけでなく、林、下陰という言葉をつなげることで、「木の根元にある」「本」という漢字の成り立ちを空間的に読み手に想起させる複層的な構造になっている。

 この御歌のように、美智子妃は折に触れ、書籍に対する感謝の念を語られてきた。とりわけ童話作家・新美南吉が1935年に発表した掌編童話『でんでんむしのかなしみ』(大日本図書)には、何度も励まされたという。自分の殻が悲しみで一杯になっていることに突如気づいたカタツムリがほかのカタツムリに悩み相談に行くと、同じようにそれぞれ悲しみを抱えていることがわかり、それ以来嘆くのをやめたというストーリーだ。93年に一部マスコミによるバッシングで失声症になるなど、多くの個人的な悲しみを乗り越えられて、天皇陛下と共に数多の公務をこなし、国のために祈り続けてこられたことを考えると、深く頭を垂れざるをえない。

 また92年の「狐」が御題の歌会では、「里にいでて/手袋買いし/子狐の/童話のあはれ/雪降るゆふべ」と、同じく新美南吉の童話『手ぶくろを買いに』を詠みこまれた。前年には初孫である眞子さまがお生まれになっていた。美智子妃が皇太子殿下や秋篠宮さまに読み聞かせたこの童話は、愛子さまや眞子さまにも読み継がれ、ゆくゆくは、小室家の本棚にも並ぶはずだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年11月号

ファッション(禁)コレクション2017

ファッション(禁)コレクション2017
    • 【タレントブランド】の内情と成否
    • 【Supreme×ヴィトン】コラボの裏側
    • 【ダニエル・ウェリントン】バカ売れの謎
    • 【裏原系】人脈のその後
    • 【遠山茜子】B-GIRLになる!
    • 【インスタグラマー】の熾烈な戦い
    • 【IT】が進むファッション業界の未来
    • インスタの太鼓持ち【女性ファッション誌】
    • 【デーブ・スペクター】が語るトランプのスーツ
    • 【メラニア夫人】への衣装提供拒否の裏側
    • 【ZOZO】の好きな所、嫌いな所
    • 【ファッション史】から見るゾゾ
    • 【送料自由化】を物流の専門家が分析
    • 【メルカリ】が勝った本当の理由
    • 【メルカリ出品者】が語る闇市の姿
    • 【ホットペッパービューティー】の罠
    • 【スポーツアパレル】がパリコレ占領中
    • 【ナイキ】の最先端戦略を覗き見!
    • 【高級機械式腕時計】はなぜ高い?
    • 【スマートウォッチ】台頭は吉か?凶か?

本誌特選!8人の(サ)な女たち

本誌特選!8人の(サ)な女たち
    • 歴代カバーガールグラビア傑作選

山地まり、大人Kawaiiレトロモダン水着

山地まり、大人Kawaiiレトロモダン水着
    • 【山地まり】Fカップとレトロ

NEWS SOURCE

    • 【安室奈美恵】引退宣言で揺れる音楽業界
    • 【市川海老蔵】と松竹の懐事情
    • 【ジュリーさん】がアベマ企画に大激怒

インタビュー

    • 【吉田まどか】福岡女のシンデレラストーリー
    • 【CASCADE】元祖おしゃれ系バンドの今
    • 【CHAI】女たちが追い求めるかわいい

連載

    • 【今野杏南】これで最後なんです。
    • 【佐藤江梨子】政治性が響くモンパチの歌
    • 【長澤茉里奈】合法ロリ生春巻き
    • 【斉藤由貴】スローな由貴でいてくれ
    • 【インターネット】への誤解がもたらす日本の危機
    • 【特別編】九州に格闘技界旋風起こす男
    • 【元・モー娘。】歌よりも正直なトーク
    • 【三波春夫】が2017年に蘇る
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【フレンチ・モンタナ】モロッコ系最強ラッパー
    • 【電通過労死事件】から考える労災
    • 【治療共同体】で精神病院を開放せよ!?
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」/『バリー・シール』
    • 世界一災害に弱い【東京】備えなき首都大災害
    • 小原真史の「写真時評」
    • 赤い屍と緑のタヌキ
    • ジャングルポケット/フェラペチーノで自分好みのプレイを!
    • 【最高の離婚】夫婦の溝を埋める最良のテキストドラマ
    • ボディペインティングが導く愉楽
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、政治と信仰と破綻の円環構造。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』