> 連載  > 神保哲生×宮台真司「マル激 TALK ON DEMAND」
連載
神保哲生×宮台真司 「マル激 TALK ON DEMAND」 第55回

唯一の被爆国・日本が選んだ原発大国への知られざる道程【前編】

―― ビデオジャーナリストと社会学者が紡ぐ、ネットの新境地 今月のゲスト 武田 徹[ジャーナリスト] ──東日本大震災による福島原発問題は、多くの課題と問題を日本に突きつけている。マル激では多角的に福島原発...

唯一の被爆国・日本が選んだ原発大国への知られざる道程【前編】
連載
神保哲生×宮台真司 「マル激 TALK ON DEMAND」 第54回

防波堤による安全への驕りと自然災害との向き合い方【後編】

―― 【前編はこちら】 【中編はこちら】 個人に帰依する防災の主体そして社会のニーズ 神保 これから防災都市を造るための議論として、まずは何から始めるべきでしょうか? 片田 今は1メートルの津波でも町が浸水...

防波堤による安全への驕りと自然災害との向き合い方【後編】
連載
神保哲生×宮台真司 「マル激 TALK ON DEMAND」 第54回

防波堤による安全への驕りと自然災害との向き合い方【中編】

―― 【前編はこちら】 日本の学校教育と防災訓練の乖離とは? 神保 大人が想定にとらわれている間に、子どもたちが正しい行動を取ったんですね。今度の災害での釜石市内の小学校・中学校3000人の避難率は、ほぼ1...

防波堤による安全への驕りと自然災害との向き合い方【中編】
連載
神保哲生×宮台真司 「マル激 TALK ON DEMAND」 第54回

防波堤による安全への驕りと自然災害との向き合い方【前編】

―― ──ビデオジャーナリストと社会学者が紡ぐ、ネットの新境地 今月のゲスト 片田敏孝[群馬大学大学院教授]  国内屈指の津波対策を講じた地域──津波防災の専門家である群馬大学大学院の片田敏孝教授は、三陸沿...

防波堤による安全への驕りと自然災害との向き合い方【前編】
連載
神保哲生×宮台真司 「マル激 TALK ON DEMAND」 第53回

今こそ考える自然エネルギーと原発の呪縛から逃れる方法【後編】

―― 【前編はこちら】 【中編はこちら】 民主党はエネルギー政策をどこで見誤ったのか? 神保 民主党は09年マニフェストで、地球温暖化対策として、キャップ・アンド・トレード、フィードイン・タリフ(電力固定価...

今こそ考える自然エネルギーと原発の呪縛から逃れる方法【後編】
連載
神保哲生×宮台真司 「マル激 TALK ON DEMAND」 第53回

今こそ考える自然エネルギーと原発の呪縛から逃れる方法【中編】

―― 【前編はこちら】 電力会社の隠蔽体質と御用メディアのタッグ 神保 今回のような話は、主要メディアがほとんどまったく報じないので、一般の市民は誰も知りません。知らないから、その是非をめぐるまともな議論が...

今こそ考える自然エネルギーと原発の呪縛から逃れる方法【中編】
連載
神保哲生×宮台真司 「マル激 TALK ON DEMAND」 第53回

今こそ考える自然エネルギーと原発の呪縛から逃れる方法【前編】

―― ──ビデオジャーナリストと社会学者が紡ぐ、ネットの新境地 3月11日に起こった東日本大震災は、数多くの被害を国内外にもたらしたが、その中でも福島原発問題は、震災から1カ月が経った現在でも収束する兆しは...

今こそ考える自然エネルギーと原発の呪縛から逃れる方法【前編】
連載
神保哲生×宮台真司 「マル激 TALK ON DEMAND」 第52回

アメリカに担がれたTPPへの参加と"低い"日本の関税率【後編】

―― 【前編はこちら】 【中編はこちら】 「経済学」しか知らない 経済学者が語る現実経済 神保 今回は「相手がアメリカであること」に加えて、中身が「自由貿易」だからなかなか誰も全否定できない面があり、それだ...

アメリカに担がれたTPPへの参加と
連載
神保哲生×宮台真司 「マル激 TALK ON DEMAND」 第52回

アメリカに担がれたTPPへの参加と"低い"日本の関税率【中編】

―― 【前編はこちら】 「日本の関税率は高い」という数字のトリック 神保 要するに、アメリカは日本に物を売りやすくするためにTPPを使おうとしていると。 中野 農業改革とTPPを結びつける議論がなされていま...

アメリカに担がれたTPPへの参加と
連載
神保哲生×宮台真司 「マル激 TALK ON DEMAND」 第52回

アメリカに担がれたTPPへの参加と"低い"日本の関税率【前編】

―― ──ビデオジャーナリストと社会学者が紡ぐ、ネットの新境地  菅直人政権による目玉政策のひとつが、「平成の開国」である。これを実現するためにTPP(環太平洋経済連携協定)への参加を掲げている同政権だが、...

アメリカに担がれたTPPへの参加と
連載
神保哲生×宮台真司 「マル激 TALK ON DEMAND」 第51回

アメリカを疑心暗鬼にする コモンセンスの欠如と空洞化【後編】

―― 【前編はこちら】 【中編はこちら】 オバマ政権の現実路線とアメリカ国内からの批判 神保 渡辺さん、最後に、今後のアメリカを見ていく上での注目点を教えてください。 渡辺 オバマ大統領は中道路線に進み、共...

アメリカを疑心暗鬼にする  コモンセンスの欠如と空洞化【後編】
連載
神保哲生×宮台真司 「マル激 TALK ON DEMAND」 第51回

アメリカを疑心暗鬼にする コモンセンスの欠如と空洞化【中編】

―― 【前編はこちら】 中国の経済的台頭と日米への影響力 神保 2010年の中国のGDPが日本を抜いて世界第2位になることが確実になり、2030年だかにはアメリカに追いついて世界一になるといった試算も散見さ...

アメリカを疑心暗鬼にする  コモンセンスの欠如と空洞化【中編】
連載
神保哲生×宮台真司 「マル激 TALK ON DEMAND」 第51回

アメリカを疑心暗鬼にする コモンセンスの欠如と空洞化【前編】

―― ──ビデオジャーナリストと社会学者が紡ぐ、ネットの新境地  今年1月、アリゾナ州で起こった下院議員を狙った銃乱射事件は、オバマ政権誕生による保守派とリベラル派の党対立が色濃く投影されているものと見られ...

アメリカを疑心暗鬼にする  コモンセンスの欠如と空洞化【前編】
連載
神保哲生×宮台真司 「マル激 TALK ON DEMAND」 第50回

権力の集中が悪習を招いた検察の改革は成功するのか?【後編】

―― 前編はこちら 中編はこちら 検察捜査の可視化は本当に可能なのか? 神保 しかしながら、いざ取り調べを最初から最後まで録音したとしても、日本では拘留期間が23日間ありますから、担当弁護士としてもすべてを...

権力の集中が悪習を招いた検察の改革は成功するのか?【後編】
連載
神保哲生×宮台真司 「マル激 TALK ON DEMAND」 第50回

権力の集中が悪習を招いた検察の改革は成功するのか?【中編】

―― 前編はこちら 検察改革の対象は3点「組織」「捜査」「検証機能」 神保 続いて、検察改革について指宿さんの私案を伺っていきます。まずは全体的な説明からお願いします。 指宿 大きく分けると、改革の対象は「...

権力の集中が悪習を招いた検察の改革は成功するのか?【中編】
サイゾープレミア

2018年11月号

禁断の家電・ガジェット

禁断の家電・ガジェット
    • テック系企業の【経済地理額】
    • 次世代のテック系【注目都市】
    • 世界を席巻する【アジア家電】
    • 【D.O.I.×BERBAL】安室奈美恵論
    • 【アムロ】を支えたPの本音
    • 知られざる地方【テック企業】
    • 米国【大麻用電子たばこ】産業事情
    • 【星名美津紀】家電とエロス
    • 進化し続ける【アダルトVR】の今
    • 最新【バーチャルセックス】のしくみ
    • 【三代目JSB・山下健二郎】スニーカー愛
    • 【三代目Air Jordan Brothers】選出!
    • 【リバタリアン】生んだネットの終焉
    • 各国【ネット規制】の事件簿
    • 【ゲーム依存】はビョーキか否か?
    • 【モノ雑誌】の「読プレ」豪華番付
    • 【景品表示法】を弁護士はどう見るか

防弾少年団がアメリカを制する日

防弾少年団がアメリカを制する日
    • 今さら聞けない【BTS】基礎講座
    • 数字で見る【K-POP】世界進出
    • BTS支持層【アジア系アメリカ人】の連帯

NEWS SOURCE

    • 【キンプリ】K-POP化の浅はかな皮算用
    • 【吉澤逮捕】で変わるモー娘。
    • 【瀬古】の横暴に振り回されるマラソン界

インタビュー

    • 【坂ノ上茜】特撮もチアもこなすブラン娘
    • 【レイザーラモンRG】あるある芸人の技と内情
    • 【松村厚久】病を跳ね飛ばす実業家の野心

連載

    • 【忍野さら】友達の財布に私のトレカを入れるんです。
    • 【小林レイミ】デビュー4年目の初グラビア!
    • 振り返れば【芽衣】がいる
    • 【電力業界】に切り込んだ元フィンテック起業家
    • 【新潮45】を潰したのは誰だ!
    • 【阿波踊り】内紛の実情
    • 【中国】を支配する巨大顔認証システム
    • 【88ライジング】がアジアと米国を繋ぐ
    • 町山智浩/『ブラック・クランズマン』アメリカ・ファーストを謳うのは誰か
    • 政権の利益誘致政策に踊らされる【英語教育】の欺瞞
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/黒い水脈
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【おとぎ話みたい】文化系男子が患う恋愛の病
    • ギャング集団に所属するアパレル屋
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • ビールの世界を超越し始めた【職人】
    • ひとりぼっちたちを繋ぐ【薔薇族】の誕生
    • 幽霊、雑誌の去勢と俗物主義の衰退。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』