> マイケル・ジャクソンの検索結果

マイケル・ジャクソン の検索結果

第1特集
見果てぬ全米の夢! 文化史から見るソニー

松田聖子でコケた世界制覇――カルチャー史の立役者としてのソニー論

―― 松田聖子、ウォークマン、プレイステーション……ソニーには、家電企業としての側面のほかに、文化風俗を動かしてきたソフト企業としての顔もある。今も平井新社長のもと「ソフトとハードの融合」をうたう同社が文化...

松田聖子でコケた世界制覇――カルチャー史の立役者としてのソニー論
ニュース
"独断と偏見で選ぶネタ的カルチャー企画"CCCCC

【タレントゲームの真の楽しみ方】──芸能人を扱ったゲームの魅力を再発見する!

―― ──一般的に「クソゲー」と呼ばれることの多いタレントゲームを、少し着眼点を変えて...

【タレントゲームの真の楽しみ方】──芸能人を扱ったゲームの魅力を再発見する!
第2特集
極私的 MJ(マイケル・ジャクソン)論──あいはら友子[女優・霊能者]

表現者の魂と僧侶の魂を持ったゆえの「栄光と苦悩」

――  私の霊能力のすべてを使って、マイケル・ジャクソンさんを霊視してみました。   ...

表現者の魂と僧侶の魂を持ったゆえの「栄光と苦悩」
第2特集
極私的 MJ(マイケル・ジャクソン)論──磯部 涼[ライター]

ポップカルチャーという宗教とその教祖の終焉

―― ソウルで行われたMJのチャリティーツアーの様子。  マイケル・ジョセフ・ジャクソ...

ポップカルチャーという宗教とその教祖の終焉
第2特集
極私的 MJ(マイケル・ジャクソン)論──荻上チキ[編集者・評論家]

ネットを席巻した追悼騒動 「マイケル」は上書きされた

―― 出典:「主要ニュースのインターネット上での書き込み数の推移(米国)」(調査対象サ...

ネットを席巻した追悼騒動 「マイケル」は上書きされた
第2特集
極私的 MJ(マイケル・ジャクソン)論──マイコーりょう[マイケル・ジャクソン・ インパーソネーター]

マイケルがいなくなっても僕は"彼"をやり続ける

――  ロサンジェルスの友人から電話をもらって、MJの死を知りました。最初は「またマイ...

マイケルがいなくなっても僕は
第2特集
極私的 MJ(マイケル・ジャクソン)論──マーティ・ フリードマン[ギタリスト]

ジャクソン5の"魔法の音楽" そして、MTVの功罪とは?

――  マイケル・ジャクソンが僕の音楽人生に大きな影響を与えたことは間違いないよね。僕...

ジャクソン5の
第2特集
極私的 MJ(マイケル・ジャクソン)論──町山智浩[映画評論家]

にわかファン面してる奴らは今すぐ代わりに死んでこい

――  ここ最近、マイケル・ジャクソンについてコメントを求められることが多いんだけど、...

にわかファン面してる奴らは今すぐ代わりに死んでこい
第2特集
極私的 MJ(マイケル・ジャクソン)論──速水健朗[ライター・編集者]

博愛と環境保護を標榜しマイケルが描いた「セカイ」

――  今の行き過ぎたマイケル追悼ブームは、どこへ向かうのか。銃弾に倒れた左翼思想・反...

博愛と環境保護を標榜しマイケルが描いた「セカイ」
第2特集
極私的 MJ(マイケル・ジャクソン)論──宇川直宏[グラフィックデザイナー・ 映像作家]

アメリカン・ポップアイコン 6・26同時多発死去(日本時間)

――  2009年6月26日早朝。午前6時14分(日本時間)、かねてよりガンとの闘病中...

アメリカン・ポップアイコン 6・26同時多発死去(日本時間)
第2特集
極私的 MJ(マイケル・ジャクソン)論──鈴木邦男[新右翼・一水会最高顧問]

彼が見せた我が国への愛着 目指したのは日本人だった

――  かつてビートルズが来日したときに、赤尾敏さんの大日本愛国党が街宣車で「ビートル...

彼が見せた我が国への愛着 目指したのは日本人だった
第2特集
極私的 MJ(マイケル・ジャクソン)論──大塚英志[評論家・小説家・漫画原作者]

イラクでの死をスルーして三沢の死を嘆く節度のなさ

――  マイケル・ジャクソンに対しては、個人的になんの思い入れもないです。だから思い出...

イラクでの死をスルーして三沢の死を嘆く節度のなさ
サイゾープレミアム

2020年3月号

バンクシー&現代(危)アート

バンクシー&現代(危)アート
    • 【バンクシー】の矛先と日本
    • バンクシーと【パルコ】の関係
    • 社会を斬る【次世代アーティスト】
    • 【石川真澄×くっきー!】異端美術対談
    • レン・ハン自殺後の【中国写真】
    • 【舐達麻】が吐くラップとタトゥー
    • 【刀剣乱舞】狂騒曲
    • 芸術なのか?【AIアート】の真贋
    • AI推進国【韓国】のAIアート
    • 【高山明×中島岳史】「不自由展」圧力と希望
    • あいトリをめぐる【政治家たち】
    • 【書肆ゲンシシャ】が選ぶ(奇)写真集
    • 【天皇肖像】の含意とアート群
    • 【美術展ビジネス】に群がる既得権益
    • 現代アートの今がわかる書籍群

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア
    • 【池田ショコラ】大人に脱皮

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【河合優実】「森永 in ゼリー」CMで話題の若手女優
    • 【ACE COOL】「本当の己」と「ラッパーである己」を見極める
    • 【BALLISTIK BOYZ】EXILE TRIBEの末っ子、世界への跳躍

連載

    • 表紙/都丸紗也華「このへんで跳ねたいんです」
    • 【ぴーぴる】天真爛漫娘の現代っ子放談
    • 必ず最後に【杏】は勝つ
    • 【ベビーテック】の伝道師が語る普及の道
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 【イズム】が蘇る2020年の音頭
    • 米発【ミートテック】が狙う中国人の胃袋
    • 【丸屋九兵衛】アンバーを語る
    • 【町山智浩】「スキャンダル」TV局トップのセクハラを暴け!
    • 世界の左派が掲げる【反緊縮経済政策】
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/令和のマスク騒動
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「So kakkoii 宇宙」小沢健二の鎮魂歌
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 震災をきっかけに浸透した「んだ」のビール
    • 更科修一郎/幽霊、雑誌もまた老いて死んでいく。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』