サイゾーpremium  > 特集  > 本・マンガ  > 「異世界転生モノ」マンガ百花繚乱の理由

――「Kindle」や「コミックシーモア」などの電子コミック書店の期間限定で読めるマンガの中には、必ずといっていいほど「異世界転生モノ」がある。ある一定以上の年齢からすると、どれも似たようなタイトルで、似たようなストーリーだが、なぜそんな内容でも売れているのだろうか? 昨今の異世界ブームの実態を探る。

2201_isekai_main.jpg
『Re:ゼロから始める異世界生活』のラムのコスプレをする女性。(写真:Getty Images/Oran Tantapakul/EyeEm)

現実社会で暮らしていた人物がひょんなことから異世界に飛ばされ、超人的な能力を与えられたり、もともと持っていた知識を駆使して大活躍する……。『蜘蛛ですが、なにか?』【1】『転生したらスライムだった件』【2】『賢者の孫』【3】といった作品が代表的な、「異世界転生モノ」と呼ばれるタイプの物語は、ライトノベルやマンガ、アニメなどのコンテンツ市場で一大ジャンルを形成しているが、近年はマンネリ化が指摘されている。

もともと、異世界転生モノは小説投稿サイト「小説家になろう」(以下、なろう)から人気に火がつき、「なろう系」と呼ぶこともある。事実、多くの「なろう系」作品が冒頭で述べたようなプロットをなぞっているほか、タイトルには必ずといっていいほど「異世界」「無双」「チート」「最強」といったキーワードが含まれるなど、門外漢にはもはや見分けがつかない。

とはいえ、そんな飽和状態にあってもヒット作はコンスタントに生み出されている。その要因はどこにあるのか? また、異世界転生モノに今後もジャンルとして生き残る余地はあるのか?

「異世界転生モノは、ライトノベルに限っていえばもう下火になっています。大ヒットタイトルは4~5年前までのものが多く、それらがようやくコミカライズやアニメ化に至っている状況。例としては『無職転生 ~異世界行ったら本気だす~』【4】などが挙げられますが、今後、新規の異世界転生モノで、このレベルまでヒットを飛ばす作品は出てこないと思います」

そう語るのは、ライトノベルを得意とする大手出版社の文芸編集者。いきなりぶっちゃけられてしまったが、異世界転生モノが下火になった理由とは何だったのか?

「売れなくなった理由はいくつか考えられますが、まずひとつは単純に飽きられたということ。『なろう』などのランキングで上位にくる作品が研究され、作家側が“売れる作品のパターン”を理解してしまったのです。その結果、2017年頃には出版業界内で『ランキングはアテにならない』という認識が定着していたといわれています」(同)

マンネリ化の要因は、ランキングに寄せた作品作りにあったというわけだ。また、紙とウェブでは読者層の違いもあったという。「なろう」の運営サイドが「KAI-YOU Premium」のインタビュー記事「小説家になろう/文芸に残された経済的活路」(19年)で明かしたところによると、「なろう」を利用する年齢層は「20代が44パーセントで半分近く」だという。一方……。

「異世界転生モノを紙で読む年齢層は、30〜50代の男性がメイン。そのため、ネットの読者層とは好みが違ったんです。例えば、ネット上では一時期『ざまぁ系』と呼ばれる、ムカつくキャラクターを悲惨な目に遭わせてスカッとするタイプの作品が人気だったのですが、紙の読者層にはまったくウケませんでした。『なろう』の人気作品を書籍化することに特化しすぎた結果、紙の読者層との乖離が起こってしまったわけです。とはいえ、作家側としてはランキング上位までいかないと話にならないので、結局は似たような作品で飽和状態になってしまい、ジャンルそのものの衰退を招いている……という状況です」(同)

小説投稿サイトのランキングがマンネリ化する一方で、マンガ市場ではブームが続いている。これまで異世界転生モノも多く手がけてきたという、あるマンガ編集者は語る。

「異世界転生モノは、マンガ市場において毎年のように(ブームが)終わる終わると言われては、ずっと終わっていません。原作となる小説の9割は『なろう』や、KADOKAWAさんが運営している『カクヨム』といった投稿サイトの作品です。『シャングリラ・フロンティア〜クソゲーハンター、神ゲーに挑まんとす〜』【5】のように、小説ではなくいきなりマンガという形で書籍化を果たす作品も多くなっています。小説よりもマンガのほうが売れるという出版業界の現実があるので、作家さんの中には『コミカライズ前提でないと出版社とは小説化の契約を結ばない』という人たちも少なくありません。また、小説の読者層は30〜50代かもしれませんが、マンガになればもう少し下の世代にも認知されやすいという事情もあります」

似たような作品で飽和状態になっている小説投稿サイトも、マンガ市場においては、まだまだ“鉱脈”のひとつであるようだ。では、ここからは「異世界転生モノ」における最新のトレンド事情を探っていきたい。作家・文学研究者の大橋崇行氏は次のように、解説する。

「最近の『なろう』は、女性向けの恋愛短編が増えています。かつて『なろう』で長編作品を連載していた作家さんたちは『カクヨム』に流れていて、『なろう』からの書籍化は全体的に減少傾向にあります。あとは、異世界に転生してスローライフを送るといった作品も、少数ながら見られます。異世界を描かないと読まれないという流れは継続していますが、現実から転生するわけではなく、最初から異世界と、その住人たちを描く話も増えている印象です」

ライトノベルとマンガ、それぞれの市場におけるトレンドについては、各編集者たちが次のように語る。

「ライトノベルでは、男性向けの異世界転生モノはもう受けなくなっていて、女性向けの作品が増えてきている印象です。とはいえ、女性読者だけでは大きな売り上げにつながらないため、大ヒット作に化ける余地があるのは“男性も手に取れるような女性向け作品”ですね。代表例としては『サイレント・ウィッチ 沈黙の魔女の隠しごと』【6】ですね。ただ、『なろう』における女性向け作品のランキングもマンネリ化が進んでいて、結局のところ男性向け作品と同じ道をたどっています」(文芸編集者)

「マンガ市場ですが、以前は主人公がケタ違いの強さを見せつける『俺TUEEE系』など、シンプルな構造の作品が多く見られました。ただ、ここ1〜2年は、集団から追放された主人公が復讐を果たしていく『冒険者追放モノ』が増えてきている印象です。悪役令嬢モノも、これまでの王道パターンを外した作品が人気を集めています。例えば『悪の華道を行きましょう』【7】は、シンプルに美男美女を扱わないなど、テンプレートから外れた面白さがありますね」(マンガ編集者)

全体的に見れば衰退傾向にある異世界転生モノだが、それでも新たなトレンドは生まれ続けている。では、そもそもライトノベルに比べ、マンガ市場でブームが続く要因はどこにあるのか? 大橋氏は、ビジネス志向の作家と『なろう』の構造が、コンテンツの延命につながっていると指摘する。

「作品の書籍化に重きを置くビジネスライクな作家さんは、ランキング上位のトレンドを研究する以外に、更新頻度を高くするという傾向があります。1冊の単行本に収めることを想定しながらストーリーを作っていくというよりは、読者ウケしそうな短い小話をクエスト的に積み重ねていって、ランキングの上位を目指す。そのため連載も長期化しやすく、必然的にコミカライズやアニメ化にも時間がかかることになるわけです。また、そういう作家さんはメディアミックスの際、原作との相違点などを気にすることも少ないといいますが、一方でウェブマンガのコミカライズではこうした形式のほうが作りやすいという利点もあるように思います」(大橋氏)

作家としては、誰かの目に留まるまで打ち切られることなく連載を続けられる。企業側としては、息の長いコンテンツを探しやすい上、必要に応じて原作を改変したり、スピンオフの制作といった展開も打ち出しやすい。『なろう』における作品作りは、ビジネス的な側面から見れば、双方が得をしやすい構造になっているともいえるわけだ。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年1・2月号

「中尾百希」アパレル経営者がグラビア挑戦!

「中尾百希」アパレル経営者がグラビア挑戦!
    • 【中尾百希】アパレル経営者グラビア!

NEWS SOURCE

連載