サイゾーpremium  > 特集  > 社会問題  > 音楽で犯罪を防げるのか!?【1】/【警察音楽隊】の実情と技術
第1特集
音楽で犯罪を防げるのか!?【1】

プロを唸らすスキルで犯罪を抑止する――警察音楽隊の実情と技術を問う!

+お気に入りに追加

――「音楽活動を通じ、犯罪被害防止や交通安全を呼びかける」ことを理念に掲げる警察音楽隊。「そもそも警察音楽隊って?」と思われる読者も多いだろう。本稿では音楽隊の広報や楽長の話をはじめ、元警察音楽隊経験者によるリアルな本音、さらにはプロのミュージシャンたちが警察音楽隊の演奏スキルをジャッジしつつ、音楽による犯罪抑止力の底力を検証する。

2106_ongakutai_320.jpg
(絵/ぱいせん)

 さかのぼること約90年前、神奈川県警察部警務課内で総員8名の音楽隊が発足されたのは1934年のこと。音楽の力によって犯罪行為を抑止し、地域住民とのコミュニケーションを図り、警察がより身近に感じられる――。これをモットーとする少数精鋭の音楽隊だったが、戦争に備える軍隊に警官も召集されたことから、1937年、発足からわずか約4年で解散となった。

 再始動したのは戦後すぐの1945年、大阪府警察音楽隊を皮切りに、各都道府県の警察内にも続々と音楽隊が再発足・新設される。現在、各署によって隊員人数に差はあれど、国内の警察において音楽隊が存在しない都道府県は皆無だ。しかし、全国まんべんなく存在する音楽隊であるのに、その認知度は計り知れないほど低い。「なぜ警察がそこまで音楽に力を注いでいるの?」という素朴な疑問や、「そもそも音楽隊があることを知らなかった」という意見まで散見される。であれば、警察音楽隊の内情をリサーチし、加えて隊員のパフォーマンス(演奏)がどれほどスキルフルなのかをプロのミュージシャンたちにジャッジしてもらい、素敵な理念を掲げる警察音楽隊の存在意義を徹底調査してみたい。

音楽経験があれば誰でもウェルカム

 まず、この数年で警察音楽隊の存在が一般層に響いた出来事があったとするならば、Official髭男dismのベーシスト・楢﨑誠氏が警察音楽隊の在籍経験を公表したことだろう。彼は島根県警察音楽隊でサックスを担当していた異色の経歴を持つわけだが、同時に「髭男のベースって、元警官だったの?」という疑問も浮上する。しかし、彼の場合は「一般公募によって採用された隊員」であり、警官としての職務に一切触れることはない。「現在は一般からの応募は受け付けておりません。これまでの長い歴史の中ではあったかもしれませんが、今年度はありません」と、北海道警察音楽隊の広報担当者の言葉からも明らかなように、各都道府県によって採用制度は異なり、一般から公募する県があれば、警察官採用試験に合格し、れっきとした警察職員にならないと入隊できない県もある。つまり楢﨑氏の場合は、一般公募による嘱託職員として音楽隊へ入隊していたということだ。

 一方で、警察職員からの音楽隊への入隊は、どのようなプロセスを踏むのか? 山形県警の元警官で音楽隊員でもあり、現在は女優として活動する田中杏樹氏に話を聞いた。

「小さい頃にフルートの経験があったのですが、それがきっかけで『音楽隊の仕事をやってみないか?』と誘われました。音楽隊には“専務”と“兼務”があり、前者は音楽隊に所属することが本職となり、後者は警察官としての通常業務をこなしつつ音楽隊の活動も行います。私は機動鑑識(※犯罪現場などに出動して指紋など証拠資料を採取する専門部隊)との兼務だったのですが、優先するのは音楽隊の仕事で、週1回は8時半から17時まで1日中練習。私も10数年ぶりにフルートを吹きましたが、仮にできなかったとしても、サポートしてくれる同楽器を担当する先輩が隣にいてくれるので、最悪吹いているフリでも大丈夫だったりします(笑)。そもそも警察学校時代に『音楽経験はあるか?』というアンケートを取られるんですが、そこで『ある』と記入したら、技術はさておき、配置される警察署の音楽隊からは間違いなく声をかけられると思います。時にはまったく音楽経験のない人が人事で音楽隊に配属されることもありますが、楽譜が読めない人はプレッシャーにならない打楽器系の担当になることがほとんどです」

2106_anju_tanaka_320.jpg
元警察音楽隊で女優の田中杏樹氏。「担当楽器だったフルートは持ち帰り可能だったので、先輩の圧に屈しないよう自宅でも練習しました!」と、当時を振り返る。

 話の中で登場した「専務」というのは、警察官としての通常業務が「音楽隊のみ」であることを示す。「音楽隊員は誰でもなれるわけではありません。技術面もしっかり見ています」と説明した警視庁をはじめ、北海道警や神奈川県警、大阪府警などは「音楽隊専任採用試験」を設けているほどだ。「小さい頃からの憧れだった」「地域住民の安全と安心を」「命をかけて犯罪を撲滅したい」という志望動機が一般的な警察官のイメージだが、中には音楽隊へ入隊することを目標にしている音楽大学出身者も少なくないという。警察とは同じ官公庁の消防局の音楽隊に在籍経験のある音大出身者は、こう話す。

「実は音大出身者の就職率は高いとはいえず、音楽関係のお仕事にありつける人は決して多くないんです。音大を卒業したからといって音楽で食べていける保証はありませんからね。生活を成り立たせるために、官公庁系の音楽隊(警察/消防/自衛隊)に専任で就職を検討する人は一定数います。ただし、専任を募集するほどの高い技術を持つ音楽隊であっても、音大出身者だけで編成されているわけではなく、吹奏楽経験のあるおっちゃんや、趣味でジャズやってますおじさんなど雑多な人種とセッションすることになります。さらに警察音楽隊の演奏は大衆に向けたスタンダードな楽曲がメインとなるため、音大で世界に通用する音楽を学んだ人間は、早い段階でジレンマを抱えることになるかもしれません。堅実な職種ゆえ、イメージを大きく覆す行動はできないので、『安定した収入を得られた上で、自分の好きな楽器も続けられる公務員』と割り切った考えであれば、最適な就職先かもしれません」

 犯罪を抑止するどころか、どこかモチベーションすら抑止されてしまいそうな志望動機ではあるが、音大出身者であれば、間違いなく音楽の知識と教養は一級品。吹奏楽部出身おっちゃんやジャズ好きおじさんとの調和さえ図れれば、いずれ音楽隊内でも融和が可能かもしれない。

 次に、戦後にできた警察音楽隊では2番目となる歴史を持つ宮崎県警察音楽隊の隊長を務める安武年親氏(県民広報課広報官と兼任)に、警察音楽隊の存在意義を問うてみた。

「音楽隊の仕事は、警察をより身近な存在と思っていただけるよう定期的に演奏会を行い、青少年の健やかな育成、交通安全を呼びかけながら、地域住民のみなさんとコミュニケーションを図ることを理念に掲げています。例えば、災害が起きた場合は仮設住宅などに赴き、音楽隊による演奏で心が安らげるよう目的を持って活動する。音楽の力で安心と安全、そして貢献できる、言わば“ミュージック・パトロール”といったお仕事です」

 ミュージック・パトロールとは素敵な言葉である。こうした活動によって、地域住民との融和が図れた感覚はあったのだろうか。

「何か問題や事件が起きない限り、地域の方々と警察が触れ合う機会はなかなか訪れません。そんな中、音楽隊は演奏会を開くことでコミュニケーションを図ることができる。そこで会場に訪れたお子さんや親御さんから『かっこよかったよ!』や『お疲れさまでした』と声をかけていただけると、『よし、音楽隊がんばろう!』と思えます。地域住民のみなさんとの“心の架け橋”となり、警察を身近に感じてもらうことが目的ですが、例えば交番勤務の巡査部長が音楽隊を兼務していたのなら、顔見知りになることで抑止につながる可能性はあるかもしれませんよね。ただ、あくまで警察は真面目な組織なので、たとえ音楽隊であっても突拍子もない言動は慎まなくてはいけません。上司からは『たとえ休日であっても、警察官の印象を崩すようなことをしてはいけない。心の制服を忘れるな』と厳命されていましたので」(前出・田中氏)

 一糸乱れぬ心の制服も着こなす警察音楽隊。このコロナ禍において、定期的な演奏会は開催できず、地域住民との触れ合いも制限されている昨今だが、神奈川県警察音楽隊はYouTubeにオフィシャルチャンネルを開設(各都道府県の警察署のチャンネルはあるが、警察音楽隊単体では初)。記念すべき一発目の動画内で同音楽隊楽長を務める五島一雄氏は、「新型コロナウイルスの影響で、演奏活動を休止しておりますが、今、私達音楽隊にできること、それは安全で安心して暮らせる地域社会の実現に向け、夢や希望といったメッセージを伝えることと考え、このたび、YouTubeチャンネルを開設いたしました。私達の演奏を聴いていただき、少しでも皆様が幸せな気持ちになっていただければうれしいです」と述べている(同氏は3月をもって退官)。

 そんな警察音楽隊に敬意を表し、当企画の総括として、プロピアニストの前山宏彰氏に協力を要請。くだんの神奈川県警察音楽隊を筆頭に、YouTubeにアップされている各都道府県の公式動画(一部除く)から音楽隊のミュージシャン的スキルを測るとともに、犯罪抑止力も合わせてジャッジしてみたい。

(文/佐藤公郎)
(絵/ぱいせん)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ