サイゾーpremium  > 連載  > 小原真史の「写真時評 ~モンタージュ 過去×現在~」  > 小原真史の「写真時評」/黒いヴィーナス
連載
写真時評~モンタージュ 現在×過去~

黒いヴィーナス

+お気に入りに追加
2011_P108-111_img01_520.jpg
1927年の米「ヴァニティ・フェア」誌に掲載された、寄り目のジョセフィン・ベイカーの写真。(写真:George Hoyningen-Huene/Condé Nast via Getty Images)

 特定の色をした人間にしか自由をくれない自由の女神像よりも、何も約束しないエッフェル塔のほうが好き。

「狂瀾の時代」と呼ばれた1920年代のパリで、ミュージックホールの女王となったダンサー、ジョセフィン・ベイカーの言葉だ。1906年、米セントルイスでユダヤ系スペイン人の父とアフリカ系アメリカ人の母との間に生まれたジョセフィンは、25年、アメリカでの差別や貧困から逃れるかのようにレヴュー団「ルヴュ・ネーグル(ニグロ・レヴュー)」の一員として19歳でパリに渡った。

 当時のパリでは、戦争が終わった後も帰国しない元兵士たちがあふれていただけでなく、世界各地から芸術家や文学者が流れ込み、新しく自由な価値観が模索されていた。アメリカのジャズやチャールストンというダンスが人気を博し、「メラノフィリア(黒い肌愛好)」現象が起きていた国際文化都市パリには、「黒いヴィーナス」と称されるスターが誕生する土壌が用意されていたように見える。

 渡仏して間もなく、パリのシャンゼリゼ劇場でマルティニーク出身といわれるダンサーのジョー・アレックスと組んで踊ったアクロバティックな「ダンス・ソヴァージュ(野生の踊り)」により注目を集めたジョセフィンは、翌年にはフォリー・ベルジェール劇場でバナナの飾りの付いたスカートを着けただけの姿で激しく腰を振る「バナナ・ダンス」を披露し、センセーションを巻き起こした。「バナナ・スカート」の着用は、本人の回想によれば、ジャン・コクトーのアドヴァイスだったという。これ以降、勃起した男性器を連想させる「バナナ・スカート」はジョセフィンの表象と切り離せないものとなる。

 しばしば動物のようだと評されたジョセフィンのプリミティヴで官能的な動きや扇情的でリズミカルなダンス、長い手足を使った滑稽なポーズ、チャーミングな仕草、おどけた寄り目、官能的な彫像のような身体のライン、そして茶色の肌は、瞬く間にパリの観客を虜にし、「黒いヴィーナス」と称されるようになる。「アール・ネーグル(黒人芸術)」ブームの一翼を担い、黒人女性として初めてスターダムに駆け上がった彼女に影響を受けたエンターテイナーは、少なくない。

 ジョセフィン・ベイカーがダンサーからジャズ歌手、映画俳優と活躍の場を広げていく過程で白人の抱く黒人女性のステレオタイプ――例えば野生的、性に関して奔放、ミステリアス、危険など――に迎合するような部分も見られたが、それ以上に自由で健康的な彼女の身振りは、エロティックやエキゾチックなどという言葉だけでは説明しきれない、黒人的であることや女性的であることを超えた、人間の根源的な生の表現のようにも見える。彼女の即興的で開放的なパフォーマンスは、世界大戦の惨禍を忘れるかのように自由と生を謳歌し、つかの間の平和に浸りながら新しい価値観を模索した20年代の祝祭都市パリを体現していたのではなかったろうか。そしてだからこそ、ヘミングウェイやボードレール、ピカソなど同時代の先鋭的な創作者たちの女神になり得たのだろう。

 フランスで成功を収めたジョセフィンは、ツアーでアメリカに長期滞在することはあったが、「特定の色をした人間にしか自由をくれない」祖国に嫌気が差したのか、定住することなく、37年にはユダヤ系フランス人実業家と結婚してフランスの市民権を取得している。そして、第二次世界大戦中には、自由フランスのレジスタンス運動にかかわりアルジェリアに移住、戦後も人種差別撤廃運動に精力的にコミットした。

 50年代には南西フランスの古城に世界各国から12人の孤児を引き取り、4番目の夫と共に「虹の部族」と呼ぶ理想郷を作ろうと試みている。しかし、現実は理想通りにはいかず、経済的にも夫婦関係にも破綻をきたすことになる。その後、引退とカムバックを繰り返しながら歌手として活動を続けるが、75年のフランスにおける芸能生活50周年記念公演が開演した2日後に脳梗塞で倒れ、死去している。

「狂瀾の時代」を象徴するエロスの女神からレジスタンスと公民権運動の闘士、そして慈悲深い聖母へ。ジョセフィン・ベイカーは、時代の空気を一身にまといながら、自らの人生をきらびやかに演出するエンターテイナーとして人々の目を惹き続けたのではなかったろうか。

小原真史
映像作家、キュレーター。監督作品に『カメラになった男―写真家中平卓馬』。著書に『富士幻景―近代日本と富士の病』、共著に『森の探偵―無人カメラが捉えた日本の自然』などがある。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

サイゾーパブリシティ