サイゾーpremium  > 連載  > 小原真史の「写真時評 ~モンタージュ 過去×現在~」  > 小原真史の「写真時評」/大日本の美男子(上)
連載
写真時評~モンタージュ 現在×過去~

大日本の美男子(上)

+お気に入りに追加
2102_P110-113_img001_520.jpg
「毎日電報」1910年9月22日付に掲載された美男子コンテストの募集記事。(国立国会図書館蔵)

 1910年(明治43年)9月22日、「毎日電報」が紙上で美男子コンテストの募集記事を掲載した。見出しには「日本の代表的美男子を募集す」とある【トップ画像】。ただし、生身の人間が審査を受けるわけではなく、応募写真の中から「各大家の最も公平なる審査」を通じて「当選賞」が選ばれ、1等には金杯、2等から10等までは銀杯、応募者には「審美賞」として賞品が贈られるというものだ。自薦・他薦、既婚・未婚を問わず広く募集されたこともあり、最終的には1000名以上の応募があったという。募集要項によれば、求められるのは「グニャグニャした、筒転ばし的の色男」ではなく、「明治の真人間」であり、「正しい、強い、品位ある、膨張的大日本を代表するに足るべき堅固な意志と愛情の優味とを映出した『立派な顔』」を持つ、いわば「時代の顔」とでもいうべきものであった。

 この募集要項には、「外交家の最初にして又最終の条件は顔面の優秀にある」という外交官の言葉が引用されている。19世紀末から20世紀初頭にかけて欧米諸国で台頭した「黄禍論」(黄色人種脅威論)に頭を痛め、不平等条約改正に努めていた日本において欧米列強と比べても遜色のないような、対外的に通用する「美男子」が必要とされていたのだろう。このことは11月7日付同紙の「西洋婦人の見た日本の美男子」という記事内で、元外相の陸奥宗光が駐米公使の未亡人である「西洋婦人」から「私が見た日本男子の中の一番美しい方」と評されたというエピソードが報じられていることからもうかがい知れる。この翌年には小村寿太郎外相がアメリカとの交渉によって関税自主権の回復に成功しているが、優れた外交手腕を見せた小村は当時の基準では「美男子」ということになるのだろうか。

「美男子」の審査を行う17名の「大家」は、後日発表されるのだが、その中には浅草凌雲閣における美人コンテスト「東京百美人」の写真を手がけた経験のある小川一真(写真家)や、日本人類学の創設者である坪井正五郎(理学博士)のほか、高田実(俳優)、黒田清輝(画伯)、高村光雲(彫刻家)、金杉英五郎(医学博士)、田代義徳(医学博士)、高橋義雄(実業家)、巌谷小波(文士)というように、そうそうたるメンバーが並んでおり、それまで行われてきたような美人コンテストの類いとはいささか趣が異なる。

 例えば、1891年に開催された「東京百美人」は、芸妓の展示写真を見た来場者に人気投票を行わせるという集客目的の興行であったし、新聞や雑誌誌上で展開されていた美人コンテストも販売部数拡大を企図したものが多かった。これらに比して「毎日電報」の「美男子」の審査員には、海外経験のあるいわゆる有識者が多く含まれており、人気投票的な審査とは一線を画しているように見える。

 ここで想起されるのは、留学経験者やエリート層に共有されていた日本人の身体をめぐる劣等意識だろう。例えば、大隈重信は「日本人は畢竟白人種より一等下の民族ではないかと思ふ」(『経世論』続編)と日本人が「彼等よりも見劣り」することを嘆き、イギリス留学中の夏目漱石は「往来にて向ふから背の低き妙なきたなき奴が来たと思へば我姿の鏡にうつりしなり、我々の黄なるは当地に来て始めて成程と合点するなり」と日記に書き記している。また、経済学者の田口卯吉も「若し日本国民をして此の秀麗なる男女のみならしめれば、必ず世界の尊崇を受くるなるべしと雖も、累々たる喪家の狗の如きものにして国民の多数を占むる時は自然外国の侮蔑を免れざるなり」(『日本人種の研究』)と悲観している。つまり、「外国」(欧米諸国)の「鏡」を介して「黄なる」「我姿」に気づかされ、「彼等」、「白人種」との比較において我々「日本人」の「秀麗」でない身体が見いだされているのだ。

 日露戦争(1904~05年)の勝利によって「一等国」入りと不平等条約改正が意識されていたこの時期、列強諸国のお眼鏡にかなう国際基準の「美男子」像を選定する必要に駆られたエリート層がいたのだろう。そして、日本人の美醜をめぐる身体問題を広く国民と共有すべく美男子コンテストが企画され、「美」にかかわる「大家」によるお墨付きが求められたのである。それは「大日本の美男子」とでも呼ぶべきものではなかったろうか。

(次号に続く)

小原真史
映像作家、キュレーター。監督作品に『カメラになった男︱写真家中平卓馬』がある。著書に『富士幻景︱近代日本と富士の病』、共著に『時の宙づり-生・写真・死』『戦争と平和-〈報道写真〉が伝えたかった日本』がある。2021年2月6~28日にKyoto Experiment(京都国際舞台芸術祭)の一環として、筆者が企画した展覧会「イッツ・ア・スモール・ワールド:帝国の祭典と人間の展示」が京都伝統産業ミュージアムにて開催予定。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ