サイゾーpremium  > 特集  > タブー  > ウェルネス女子がハマるCBD製品の実態【1】/【大麻成分CBD】のグレーゾーン
第1特集
ウェルネス女子がハマるCBD製品の実態【1】

「大麻の茎や種から抽出」と謳うが……美容&健康業界で盛り上がる大麻成分CBDのグレーゾーン

+お気に入りに追加

――最近、CBDという単語を目にした読者がいるかもしれない。大麻に含まれる成分であるが、ハイになるものではなく、それを配合したオイルやクリームが街中のコスメショップで売られ、オーガニック/ウェルネス志向の女性にウケている。ただ、大麻由来ということもあり、法的に問題はないのか――。CBDブームの実情に迫る!

2012_cbd01_img001_320.jpg
吉川ひなの監修のフレグランス「tiare ala MEDICARE」はCBD配合とのことだが、このCBDは大麻のどの部分から抽出したのか――。ホームページより。

 10月某日、訪れたのは東京・渋谷スクランブルスクエア内にある「Biople by CosmeKitchen(ビープル バイ コスメキッチン)」のポップアップストア。オーガニックなものやウェルネス(健康)に関心が高い女性を中心に、「海外セレブも愛用している」として人気のCBD(カンナビジオール)関連商品が、およそ30アイテム並ぶ。店員におすすめの商品を聞くと、「H THINK」というブランドがよく売れているという。中でも、ユズ味のCBDオイル「CBDアイソレートティンクチャー ユズ 30㎖」(税込7370円)はビープル限定商品としてイチオシらしい。

 CBDオイルは舌下に直接垂らしたり、食べ物や飲み物に垂らしたりして摂取するもの。店員にその効果を尋ねたところ、こう話した。

「オイルに含まれるCBDの濃度はさまざまで、寝つきが悪い方は高濃度、緊張感やイライラ、不安感がある方は低濃度から始めることが多いですね。小さなお子さんも摂取できて、寝つきがよくなった、ぐずりがなくなったという話を聞いています。とにかくCBD商品は今すごく人気で、美容誌、ファッション誌、アスリート誌などでよく取り上げられているので、女性だけでなく男性のお客様も多いですね」

 H THINKの商品には「MADE IN JAPAN」と書かれ、店頭のポップには「有機栽培されたヘンプの茎だけから抽出」とある。店員が続ける。

「すべての商品、“検査”を通ったものなので、安心してお使いいただけます。特に『アイソレート』と表示があるものは、CBDの効果のみ抽出したもの。“検査”しても絶対に引っかかりません」

 ショップを出た後、H THINKの公式サイトを見てみると、「米国で有機栽培されたヘンプの茎からのみCBDを抽出」「日本のルールに順守した高品質な米国の原料を使用し、安心安全な日本国内で製品化」(ママ)と書かれていた。ちなみに「ヘンプ」とは、いわゆる“ハイ”になるTHC(テトラヒドロカンナビノール)という成分の含有量が極めて少ない産業用大麻を意味する。

米国から始まったCBDブームの背景

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』