サイゾーpremium  > 特集  > 政治・経済  > 若者をターゲットにするエナドリ【2】/【レッドブル】創業者の嫌われ者の孫
第1特集
若者をターゲットにするエナドリ【2】

エナドリ1本で財閥ができる!――レッドブル創業者の嫌われ者の孫とは?

+お気に入りに追加

――レッドブルの開発者は貧しい家の出ながら、エナドリ1本で大金持ちになったことで、タイの誇りとされてきた。しかし、その孫は国民全員から嫌われている?

2011_P050-053_img003_320.jpg
不届き者のウォラユット・ユーウィッタヤーのご両親。(写真/Getty Images)

 世界でもっとも売れているエナジードリンク「レッドブル」はもともとタイ発祥。同国で鎮痛剤などを販売していたチャリアオ・ユーウィッタヤーが、1978年に自ら開発し、製造・販売をはじめた栄養飲料「クラティン・デーン」が起源である。

 クラティン・デーンはタイ語で「赤いガウル(牛)」を意味し、これに目をつけたのがオーストリア人のディートリッヒ・マテシッツ。両者は87年に合弁を通じてレッドブル社を設立。タイだけではなく欧米でも販売されることとなり、世界中で大ヒットしていく。

 チャリアオは2012年に亡くなるが、栄養ドリンク1本で一家は財閥化し、米経済誌「Forbes」の試算で202億ドル(約2兆円近く)ともいわれている。

 名実ともにユーウィッタヤー財閥は同国を代表する大富豪だが、一方で創業者の孫の評判はすこぶる悪い。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年11月号

映画界の伝説・角川春樹を再研究!

映画界の伝説・角川春樹を再研究!
    • 【角川春樹】映画界の生きる伝説
    • 【角川映画】日本映画史をつくった5本

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ