サイゾーpremium  > 特集  > 政治・経済  > 若者をターゲットにするエナドリ【3】/【エナドリ6種】飲み比べ考察
第1特集
若者をターゲットにするエナドリ【3】

実はレッドブルのカフェイン量は少ない?――味と成分に違いなんてあるの? エナジードリンク飲み比べ考察

+お気に入りに追加

――コンビニに行けば必ず置いてあるレッドブルとモンスターエナジーはともかく、他のエナドリはどんな味と成分なのか? 健康に気を遣いながら、飲み比べてみた!

2011_energy_2_230.jpg

●翼を授けてくれる元祖エナドリ
「レッドブル(185ml)」

製造元:レッドブル・ジャパン
カフェイン:43.2mg
アルギニン:120mg
実勢価格:206円

F-1やエアレースなどのスポンサーでもおなじみのエナドリ界の王者。日本に上陸したのは05年からで、バーやクラブで販売を開始。舌にまとわりつく、独特の酸味と飲み心地はまさしく「エナジードリンクの味」といえよう。

2011_energy_1_230.jpg

●レッドブルを超えた新たな王者
「モンスターエナジー(355ml)」

製造元:アサヒ飲料
カフェイン:40mg
アルギニン:125mg
実勢価格:206円

12年に上陸してきた、アメリカのエナドリ界の雄。日本での販売元はモンスターエナジージャパン合同会社だが、あくまでもアサヒ飲料のいちブランドという位置づけ。味はレッドブルと大差ないようにも感じる。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年9月号

NEWS SOURCE