サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > 虫除け剤の有効成分とその効果
第1特集
サイゾーPremium 特別企画「今こそ“昆虫”を考える」

置くだけ、吊るすだけ、超音波は実際に効いてるの? 虫除け剤の有効成分とその効果

+お気に入りに追加

――今年は巣篭もり需要で虫除け剤が売れに売れたが、最近はスプレーや電池式の蚊取りセット以外にも「超音波」や「虫の嫌がる光」で虫除けを謳う機器も販売されている。2015年には「置くだけ」「吊るすだけ」の空間型の虫除け剤が「効果が期待できない」と景品表示法に引っかかったが、果たしてこれらの商品の効果は?

2009_sattyuuzai_1_520.jpg
蚊取り線香は煙が効いているのではなく、高温で揮発する目に見えない化学物質ピレスロイドを蚊が忌避しているという。

 殺虫剤や虫除け剤(忌避剤)の市場が、コロナ禍で思わぬ恩恵を受けている。「ベープリキッド」などで知られるフマキラーのマーケティング部が「J-CASTニュース」の「「自粛」「換気」で殺虫剤・防虫剤が好調 つり下げ型・網戸用など人気、前年比200%の製品も」という記事で語ったところによると、今年に入ってから市場全体で売り上げが「前年比約109%」を記録しているというのだ。理由としては、外出の自粛や部屋の換気が奨励されたことで、害虫に対する意識が高まったと考えられている。

 殺虫剤・虫除け剤といえば、「キンチョール」のようなスプレータイプや、「バルサン」のような燻煙タイプ、「虫コナーズ」のような吊り下げタイプなど、さまざまなものが販売されており、虫の種類や使用環境によっては、そこからさらに細分化されていく。また、最近では薬品以外にも超音波や駆虫ライト、虫除けブレスレットといった商品も出回っているが、消費者として気になるのは「結局、どれが一番効くの?」や「そもそも、本当に効果があるの?」という点だろう。

 例えば「吊るすだけ」「置くだけ」とパッケージに書かれた空間型の虫除け剤は、2015年に「優良誤認」に当たるとしてアース製薬、興和、大日本除虫菊(キンチョー)、フマキラーの4社が消費者庁から指導を受けている。優良誤認とはいわゆる不当表示にあたるもので「実際のものよりも著しく優良であると示すもの」「事実に相違して競争関係にある事業者に係るものよりも著しく優良であると示すもの」を指す。

 確かに、煙や匂いの出る蚊取り線香や、直接噴霧するスプレーなどに比べて、空間型の虫除け剤や超音波などの防虫グッズは効果がいまいち実感しにくいといえる。そこで本稿では、これら虫除け剤の成分などについて識者に話を聞きながら「効果があるもの」と「効果を期待できないもの」などについて明らかにしていきたい。

同じ有効成分でもハエと蚊で効き目が違う理由とは?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年5月号

新タブー大全'21

新タブー大全'21
    • 【森発言は女性差別?】高齢者座談会
    • 広がる【陰謀論とGAFA】の対応
    • 【Qアノン】の主張
    • ビジネス的な【福音派】の布教
    • 【ザ・ボーイズ】が描く福音派
    • 【反ワクチン運動】の潮流
    • 取り沙汰されてきた【ワクチン4種】
    • 【メガIT企業】が触れたタブー
    • 【民間PCR検査】の歪な構造
    • 【NHK】に問われる真価
    • 【テレ東】が身中に抱えた爆弾
    • 【キム・カーダシアン】の(危)人生
    • 【仰天修羅場】傑作5選
    • 月収12万でアイドルが【パパ活】
    • 【パパ活】の背景にある雇用問題
    • 金融の民主化【ロビンフッド】の闇

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る
    • 【小川淳也】政治とコロナと与野党を語る

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【朝日ななみ】新人役者は“嫌われるほど悪い役”を目指す!
    • 【はるかりまあこ】新風を巻き起こす三人官女のサウンド
    • 【SILENT KILLA JOINT & dhrma】気鋭ラッパーとビート職人
    • 【松居大悟】自身の舞台劇をどのように映画化したのか?
    • 【BOCCHI。】“おひとりさま。”にやさしい新人7人組

連載

    • 【都丸紗也華】ボブ、マジ楽なんです。
    • 【アレンジレシピ】の世界
    • 【愛】という名のもとに
    • なぜ【AI×倫理】が必要なのか
    • 【萱野稔人】人間の知性と言葉の関係
    • 【スポンサー】ありきの密な祭り
    • 【地球に優しい】企業が誕生
    • 【丸屋九兵衛】メーガン妃を語る
    • 【町山智浩】「ノマドランド」ノマドの希望と絶望
    • 【総務省スキャンダル】と政府の放送免許付与
    • 【般若】が語った適当論
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【田澤健一郎】“かなわぬ恋”に泣いた【ゲイのスプリンター】
    • 【笹 公人】「念力事報」呪われたオリンピック
    • 【澤田晃宏】鳥栖のベトナム人とネパール人
    • 【AmamiyaMaako】イメージは細かく具体的に!
    • 【稲田豊史】「大奥」SF大河が示した現実
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 伝説のワイナリーの名を冠す【新文化発信地】
    • 【更科修一郎】幽霊、ラジオスターとイキリオタク。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』