サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > 少女マンガ原作映画バブル崩壊【2】/意外と面白い【キラキラ映画】レビュー
第1特集
少女マンガ原作映画バブル崩壊【2】

オトナでも意外に楽しめる!(カモ)――ジャニーズキラキラ映画ベスト3

+お気に入りに追加

――編集部が独断と偏見でジャニーズキラキラ映画ベスト3をチョイス。ドラマ評論家の成馬零一氏に見どころを評論してもらった。

■キラキラ映画バブルの走り
『僕等がいた』
(前篇12年3月、後篇4月公開)

1812_P069-099_column01_350.jpg
監督:三木孝浩/配給:東宝、アスミック・エース/出演:生田斗真・吉高由里子/興収:前篇25.2億、後篇17.2億円

原作は『ベツコミ』(小学館)で連載された小畑友紀の同名作。大ヒットを記録した今作だが、製作陣のクレジットには藤島ジュリー景子の名があり、ジャニーズ肝煎りの一作だったことがうかがえる。

(成馬評)
生田斗真を筆頭に主演俳優の実年齢が高いため、学園モノとしてはツライかと思ったが、学園青春ドラマ中心の前篇パートは前振りで、本作の面白さは後篇にある。物語の中心にあるのは、母親も含めためんどくさい女に次々とひっかかってはヒドイ目に遭ってやさぐれていく矢野くん(生田斗真)の地獄めぐりの人生で、さわやか青春映画だと思っていたら、昔の野島伸司脚本のドロドロドラマみたいで驚いた。その意味で健全なヒロインの高橋七美(吉高由里子)よりも、ライバル役のメガネ女・山本有里(本仮屋ユイカ)の屈折のほうが見応えあり。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年10月号

欲望のグラビア学

欲望のグラビア学

大和田南那"青の衝撃"

大和田南那

NEWS SOURCE

    • 【サイゾー×Fresh!】グラドル発掘
    • 【ラウンドガール】圧巻の美脚!

インタビュー

連載

    • 表紙/【北向珠夕】33歳に見られたんです。
    • なんとなく、【クリステル】
    • 【リクナビ】内定辞退率が法律違反以上にマズイわけ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(前)
    • 高須基仁/年末にブレイクするのは【山里良太と稲垣吾郎】
    • 【盆踊り×SNS】の親和性
    • 世界最強の【麻雀AI】を生んだ中国人研究者
    • 【ライオネル・リッチー】の逆襲
    • 町山智浩/【アメリカン・ファクトリー】中国資本の米工場を追う
    • 【ラグビーW杯】醍醐味はブレークダウン
    • 小原真史「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/笑う全裸監督
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【さよならミニスカート】を読む娘へ
    • アッシュ・ハドソン「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子「佳子様偏愛採取録」義
    • ビールと人を作る!【ブルワーを育てるブルワー】
    • 更科修一郎/幽霊、箱の中で覗き込むエロと未来。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』