サイゾーpremium  > 特集  > タブー  > 【外国人】に聞いたトンデモ京都観
第1特集
海外からみたKYOTOのイメージ【1】

寺はドラッグの受け渡し場!? 芸妓さんは売春婦!? 外国人に聞いた「トンデモ京都観」

+お気に入りに追加

――実は京都は、海外ではあまり知られていない。知っている人がいても、何だかやけに偏ったイメージだ。そこで本稿では、日本にはほとんど伝わってこない、海外から見た京都のイメージを取り上げてみたい。

外国人40人に調査
Q.「京都」を知っていますか?

1608_illust_300.jpg

取材の前に、海外在住の外国人に「京都を知っているか?」と聞いてみたところ、2割の外国人にしか認知されていなかった。その後、渋谷の駅前で、観光客や日本で商売をしている外国人に街頭調査を行ってみても、4割にしか知られていないことがわかった。


1608_right_kyoto_page_230.jpg
最近では外国人観光客に文化を理解してもらうために、トリップアドバイザーと京都市が手を組み、マナー啓発に取り組んでいる。

 日本のインバウンド市場が激アツだ。都市部で生活をしていると自撮り棒にスマートフォンを取り付けて撮影したり、両手に抱えきれないほどの買い物袋を持った外国人を見かけるのも珍しくなく、海外からの観光客が増えてきているというのは目に見えてわかる。日本を代表する観光都市・京都もその恩恵を多分に受けており、最新の調査によれば外国人観光客の数は年間100万人を突破し、右肩上がりで増えているという。インターネットで「京都 海外の反応」と検索してみても「美しすぎる京都の景観に海外から絶賛の嵐!」などと謳うまとめサイトが山のようにヒットし、京都人気を喧伝している。

 だが一方で、興味深いデータもある。たしかに観光雑誌の世界的権威『トラベル+レジャー』誌が実施した読者投票において、京都は2014年・2015年と2年連続で「世界一魅力のある都市」に輝いている。ただ、口コミをメインコンテンツとする世界最大の旅行サイト「トリップアドバイザー」が発表した「世界の人気観光都市ランキング2016」では、京都はなんと上位25位にも入っておらず、東京ですら21位という結果なのだ。『トラベル+レジャー』はアメリカの富裕層をターゲットにした、いわば特権層が読む雑誌である。インターネット上の口コミを頼って旅する大多数の外国人にしてみれば、京都の認知度はまだまだ日本で言われているほど高いわけではないのだ。

 また、訪日外国人の内訳を見てみると、全体の8割を占めているのがアジア人だ。欧米からの観光客も増加はしているものの、シェアは1割程度である。そこで、欧米系のインターネット掲示板Redditで「京都を知っていますか? また、どのようなイメージを抱いていますか」と質問してみた。

「京都? もちろん知ってるよ。市民はキモノの着用が義務付けられていて、自動ドアつきの寺院に住んでるんだ。最高にクールだよな」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』