サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > 【ジブリヒロイン】のおっぱいを本気計測!
第1特集
乳房が物語るジブリヒロイン外伝

ナウシカのHカップは人間の生死を司る!? ジブリおっぱいを本気計測!

+お気に入りに追加

――「(ナウシカの巨乳は)人が死んでいくときに抱きとめるための胸である」という宮崎駿監督の証言を足がかりに、ジブリヒロインたちの”おっぱい”にスポットを当て、某大手下着メーカーで働くおっぱいプロフェッショナルの手を借り徹底測定してみた!

nausicaas.jpg
『映画 風の谷のナウシカ GUIDEBOOK 復刻版』(徳間書店)

 名作アニメは何か? と問われて、ジブリ作品の名前を挙げる人は少なくないだろう。卓越したストーリーや魅力的なキャラクターなど、愛される要因は数え切れないが、そこにエロ要素を挙げる人は滅多にいない。しかしジブリ作品のおっぱいにはどうも、意味があるようだ。過去に宮崎駿監督は、『風の谷のナウシカ』のヒロインであるナウシカの巨乳ぶりについてこう言及している。

「あれは自分の子どもに乳を飲ませるだけじゃなくてね、好きな男を抱くためだけじゃなくてね。あそこにいる城オジやお婆さんたちが死んでいく時にね、抱きとめてあげるためのね、そういう胸なんじゃないかと思ってるんです。だから、でかくなくちゃいけないんですよ」(『風の谷のナウシカ ジブリ・ロマンアルバム』徳間書店)

 アニメヒロインのおっぱいを読み解くと面白い。変化著しい1クールものアニメのおっぱいも、そのデフォルメに意味がある。アニメのおっぱいに特化した特集本『おっぱぁい!』の企画に携わった一迅社・ポストメディア編集部の神宮司剛史氏は、「アニメのおっぱいは進化を遂げています」と語る。

「2000年代に入ってデジタルの塗り技術が発達し乳首の色などの再現度が高まっています」(同)

 他方、アニメライターの多根清史氏の見解は少し異なる。「現実のおっぱいにあるノイズを除去したおっぱいの理想形、イデアとして、人は二次元のおっぱいに心惹かれるのです。こうしたアニメのおっぱいは、工業製品的な『進化していくもの』ではなく、クリエイター個人の情念が込められた職人芸」と技術進化論よりクリエイター情熱論を押す。

 さらに宮崎氏のナウシカおっぱい発言について多根氏は「無意識に、おっぱいへの愛がにじみ出ている。おっぱいの揺れ戻しやメーヴェでの大股開きなどのお色気過剰な表現は、城オジやお婆さんへの思いやりには関係がありません。頭では理性的に『母性』を考える一方で、コンテを描き作画をする手は内なる声に忠実。宮崎監督は嘘はついてませんが、作画は本能に正直なのでは」と推測する。

 やはりジブリ作品のおっぱいには隠された思いが詰まっているのではないか。しかし、その大きさについては、当然ながら公式に発表されることはない。なればこちらで勝手に測ればいいじゃないか。ということで「一目見れば何カップか判別できます」という、某大手下着メーカーに20年以上勤務するおっぱいのプロフェッショナル佐々木先生(仮名)にジブリ作品を観てもらい、ヒロインたちのカップ数をズバリ測定。多様なおっぱい群から浮き彫りになったのは、既存のジブリ論からは到底見えてこないであろうヒロインたちのサイドストーリーだった。

1411_ghibli_01.jpg

■未来の最新ブラで戦う巨乳姫
ナウシカ(16歳)Hカップ
『風の谷のナウシカ』 (公開年:1984年)舞台設定/今から2000年後の地球


1411_ghibli_02.jpg

ナウシカは16歳ですよね。この年頃のバストは成長期に当たり、張りがあって硬く、とても敏感。この時期にバストが大きいと、激しい運動で痛みが生じやすいので、ワイヤーの柔らかいジュニア用のブラをつけるのが一般的です。ワイヤーの硬い大人用のブラをつけると、成長を妨げて形崩れを招く恐れがあります。ナウシカは、アンダー60のHカップ。16歳でこのバストはかわいそう。胸全体を包み込んで支える、相当質の良いブラをつけていないと、あの活躍は無理です。仮にスポーツブラを着用するにしても、大きなバストを揺らさないようにするには、ハイテク素材を使ったものが必要です。彼女はお姫様ですから、デザインも通常のスポーツブラのものではだめですね。動きに対するストレスがないように、縫い目なしで肌あたりの優しいものがよいでしょう。しかし現代に、それらすべての条件を満たすブラはまだ存在しません。だからこそ、2000年後の未来という時代設定は自然で、彼女の活躍は未来の最新ブラを着用してこそ実現可能でしょう。


1411_ghibli_03.jpg

■半年後のお赤飯が約束された未初潮娘
サツキ(12歳)Aカップ
『となりのトトロ』 (公開年:1988年)舞台設定/昭和30年代の日本


1411_ghibli_04.jpg

宮崎監督は、子どもの描き方がリアルで感心します。胸の膨らみも肉付きも、実際の幼児に近いです。昭和30年代は、「ブラスリ」というランジェリーが主流だった時代です。病気のお母さんの場合は、浴衣ですから肌襦袢を着ているのではないでしょうか。サツキちゃんの胸はジュニアサイズのAカップ。彼女の年齢は12歳で、小6くらいですね。小4〜中1くらいの間は、体形に個人差が出やすい時期で、初潮が体形変化の分岐点になります。初潮が始まると体が著しく成長し、胸も膨らみ始めます。昭和30年代と現代の12歳の体つきの違いを考慮しても、サツキちゃんの胸は未初潮といえます。ですが彼女の体つきから察するに、初潮はもう間もなく。体の肉付きとバランスがすでに少し大人っぽく、半年から1年以内に初潮を迎えます。幼児体形だともう少しおなかが出て、立ち姿が反り気味になりますが、サツキちゃんは真っすぐ立って、くびれらしきものも確認できます。カンタのおばあちゃんが、お赤飯を炊いてくれる姿も目に浮かびますね。



1411_ghibli_05.jpg

■早熟ボディを持て余す19歳
ウルスラ(19歳)Gカップ
『魔女の宅急便』(公開年:1989年)舞台設定/1950〜60年代の架空の町


1411_ghibli_06.jpg

バストはアンダー65のGカップ。19歳にしては、胸がやや垂れ気味です。大きいのにブラジャーをしていないから、垂れて当然ですが。19歳という年齢は、本来なら人生の中で最も美しい体になる時期に差し掛かる頃です。しかしウルスラは、体だけ見ると、もっと年上に見えます。腰回りも肉付きが良く、25〜26歳の体つきです。彼女はバストのボリュームに加えて肉質が柔らかそうなので、寝ると乳が外側へ流れていくタイプでしょう。ノーブラですが乳首の浮きが描かれていないのはアニメだから仕方ないんですかね(笑)。これでもしブラジャーをつけているなら、サイズが合っていないか、ゴムが伸びきった古いブラをしているか(笑)、それくらいバストメイクができていません。ブラジャーは、適正サイズのものを身につけるのが大事です。揺れを押さえないと、胸は下垂しやすくなります。若い人でも胸の大きい方は、特に注意が必要です。ちなみに13歳のキキは鎖骨などの体つきが大人っぽく、すでに初潮は迎えています。アンダー60のBカップです。


1411_ghibli_07.jpg

■グズグズするな早く恋せよニッセン女
岡島タエ子(27歳)Bカップ
『おもひでぽろぽろ』 (公開年:1991年)舞台設定/1966年と1982年の山形県


1411_ghibli_08.jpg

胸の描写が場面によって違いますね。もしくはシーンごとにつけてるブラジャーが違い、だから見た目が変わっているのかもしれません。バストはアンダー65のBカップ。体のシルエットから推測するに、きちんとサイズの合ったブラをつけていないのでしょう。サイズの合っていないブラをつけている女性は、実際に多いんですよ。日本人女性の約70%は、下着のサイズが合っていないと思います。もっとサイズの合うブラをつければ、タエ子だってバストアップできるのに、どうも通販で買った安物のブラをつけていそうです。昔のニッセンの通販とか。タエ子はスタイルが良いから、きちんとしたサイズを選べば、劇的にきれいなバストシルエットを作れます。ぜひ一度、お店に測りに来てほしいです。そうしたら、適切なサイズと正しいブラのつけ方を伝授いたします。一般的に、女性が下着を買い替えるのが多いシーンのひとつに、異性を意識したときというのが挙げられます。トシオと結ばれれば、タエ子も意識が変わって店頭に買いに来るかもしれません。


1411_ghibli_09.jpg

■美乳維持に金を惜しまぬアドリア海の歌姫
マダム・ジーナ(年齢不詳)Fカップ
『紅の豚』(公開年:1992年)舞台設定/1929年以降のイタリア


1411_ghibli_10.jpg

ジーナは年齢設定がありませんが、このバストだけで読み解くと30代後半かなと。胸元の開いたドレスのシーンは、バストトップが下がって加齢を感じさせます。ですが、年齢の割にはきれいに保ってます。腰回りのラインも美しいので、ガードルもはいてるでしょうね。このきれいな胸の作り方は、プロの手が入っていますよ。良いブラジャーをつけており、シーンによって胸のシルエットが綺麗です。アンダー70のEカップ……いや、それだと脇にワイヤーが当たりますね……アンダー65のFカップが妥当なラインです。飛行機技師のフィオは、17歳にしては大きいです。アンダー65のHカップくらいありそう。この胸の発育具合だと、初潮も早かったかもしれません。おそらく小5〜6くらいの時期に迎えているのではないでしょうか。フィオはシーンによってバストのサイズが違います。ちょっとジブリさんにアドバイスしたいですね! シーンごとに矛盾のないおっぱいを描いてほしいものです。


1411_ghibli_11.jpg

■アシタカの手に負えない、欧米系ボディ
サン(15歳)Fカップ

『もののけ姫』(公開年:1997年)舞台設定/中世の日本


1411_ghibli_12.jpg

アンダー60のFカップです。山犬の神に育てられたという設定からして、ブラなんかしてないはずですが……この胸は明らかにブラをつけている。ブラをしていない胸は、寝てるときにこんなに膨らみません。乳房がもっと横へ流れるはず。洗濯したブラは森の木の枝とかに干してるのでしょうか。サンを育てた山犬の神(モロ)の声は美輪明宏さんですか。美輪さんでしたらブラの手ほどきくらいできるでしょう。あ、モロは別に美輪さんご本人ではないですね(笑)。仮にブラジャーをしていない場合、欧米圏の15歳なら、この胸の大きさもあり得ます。身につけてる洋服も異国の人みたいじゃないですか。名前もそう。設定からして、ブラを身につけていないとするなら、サンには日本人以外の血が混じってる可能性があります。体だけ見たら、そんな説を見いだせます。ウエストのくびれも日本人の15歳ではあり得ません。男性経験もありそうな体つき。アシタカの手には負えない、大人の女性の体です。

1411_ghibli_13.jpg

■下着にもこだわる美容意識の高き魔女
湯婆婆(年齢不詳)Cカップ
『千と千尋の神隠し』(公開年:2001年)舞台設定/現代の日本


1411_ghibli_14.jpg

正直、湯婆婆のブラジャーとか考えたくないですね(笑)。バストはアンダー120のCカップです。お店で採寸したら、きっとメジャーが届きません(笑)。ご高齢の方向けのブラは、ワイヤーがなく締めつけないものが主流。60代、70代と年を重ねるにつれて、ブラをつけるのがだんだん嫌になってくるので、下着を買うときは「楽なものをください」という注文が多いんですよ。色もベージュとかピンクとか、ベーシックなものをチョイスする傾向です。ご高齢の方のバストは、垂れてしわしわになります。ブラをするにしても、寄せるというより折り畳んで収める感じです。中にはワイヤー入りのものを選んで、ボディメイクをあきらめない方もいらっしゃいますが。湯婆婆は化粧もバッチリですし、客商売を営んでいることもあり、美容意識が高そうですね。ワイヤー入りのものを選んでいるのではないでしょうか。千尋は10歳らしいリアルな体つき。宮崎監督は子どもの体を描くのがやっぱり上手ですね。


1411_ghibli_15.jpg

■Fカップ候補!カバン斜めがけは即刻中止を
アリエッティ(14歳)Bカップ
『借りぐらしのアリエッティ』 (公開年:2010年)舞台設定/現代の東京


1411_ghibli_16.jpg

アリエッティはバストが膨らみ始めています。年齢から見ても、彼女の体つきから見ても、初潮はとっくに迎えていますね。人間サイズで仮定した場合、バストはアンダー55のBカップ。カバンを斜めがけにするシーンがありますが、すぐやめてほしい。成長過程にある胸をつぶしたらだめです。なにより、このカバンでは胸が当たって痛いと思いますよ。リュックかトートバッグに替えるべきです。それに、彼女は、大人になったらアンダー65のFカップくらい大きくなる素質があるんですよ。バストの成長は、乳房の膨らみ方や感触でもわかりますし、形を見てもわかります。あとは胴体。胴体が楕円形ではなく、普通~丸い形をしているほうが、バストも大きくなりやすいという説が一説にはあるそうなんです。アリエッティは胴体が丸いうえに、手足も長くて外国人体形。バストも今後大きくなりますよ。続編を作るなら、大人になったアリエッティの胸はFカップくらいに描いてほしいですね。

(文/桜井恒二)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

サイゾーパブリシティ