サイゾーpremium  > 連載  > 丸屋九兵衛の音樂時事備忘「ファンキー・ホモ・サピエンス」  > 【連載】丸屋九兵衛の「ファンキー・ホモ・サピエンス」
連載
丸屋九兵衛の音楽時事備忘録「ファンキー・ホモ・サピエンス」【13】

【50セント】――強面ラッパーの商魂は脱力と爆笑の彼方に

+お気に入りに追加

『Animal Ambition』50セント

1408_FHS_01.jpg
(発売元:ホステス・エンタテインメント)
前作から約5年。デビュー以来所属していたインタースコープ・レコーズと決別し、50セント自身がクリエイティブ・コントロールを一手に握ってのアルバムだ。かつて敵対していたラッパー、ジェイダキスらを招いた曲があり、NYヒップホップの域内ビーフ史にひとつの決着がついた感も。秋には次なる新作を発表予定……ホンマに!?

 やしきたかじんの話をしよう。

 今年1月に世を去った彼は、80年代から死の間際まで、地元・関西でおそれられる存在だった。
 
ヤーさんライクな外見に加え、「テレビ番組の生放送中にセットを破壊し、そのまま帰宅」「新聞記者の髪をつかんでジャイアントスイング」など、武勇談には事欠かなかった……が、畏怖を生んだのは、それらの行動ではない。彼のおそろしさは、その話芸にあったのだ。

 本職は歌手なのに、お笑いで芸人に圧勝してしまうトークのパワー。「日本放送演芸大賞」や「上方お笑い大賞」を獲得した実績。それが、しゃべくりを至上のものと見る関西芸能界で持つ重みは、非関西人でも推測できよう。

 極道臭が漂う外見。それを裏付けるような、経歴上の暴力沙汰。それなのに、卓越したお笑いセンス。誰かを連想しないか?

 そう、50セントだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年11月号

間違いだらけの10代ビジネス

間違いだらけの10代ビジネス

映画界の伝説・角川春樹を再研究!

映画界の伝説・角川春樹を再研究!
    • 【角川春樹】映画界の生きる伝説
    • 【角川映画】日本映画史をつくった5本

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ