サイゾーpremium  > 特集  > 社会問題  > 【EXO】って知ってます? 日本デビューグループに見るブームの推移
第1特集
K-POPバブル終焉、その本当の理由【2】

K-POPバブルはいかに膨らみ、いかに弾けしか──パク・ヨンハからEXOまでK-POPブームの推移

+お気に入りに追加

――00年代後半から現在にいたるまで、スピーディーに盛り上がり、そして衰微していったK-P0Pの狂騒を、日本デビュー組と共におさらいしてみよう。

【~2008】

■BIGBANG、東方神起上陸!
受け入れ態勢整え期

【政治情勢】
サッカー日韓W杯開催(02年5月)/日韓通貨スワップ協定締結(05年)/島根県議会、竹島の日条例成立(同年3月)/韓国、親日反民族行為者財産の国家帰属に関する特別法公布(同12月)/パン・ギムン国連事務総長就任(07年1月)。日本海を“東海”、“竹島は韓国領”と表記された冊子が国連行事で配布される/李明博大統領就任(08年2月)

【K-P0P日本市場動向】
90年代後半から女性アイドルなどを日本進出させる動きはあったものの、定着には至らず。04年、韓国ドラマ『冬のソナタ』のヒットをきっかけとした“韓流ブーム”で俳優が歌手として日本進出し、中高年女性の間で人気を博した。05年、東方神起が所属事務所の先輩・B0A同様、“J-P0Pアーティスト”として日本での活動を開始し、じわじわと浸透。08年、彼らが日本オリジナル曲ではなく、韓国曲の日本語版でオリコンチャート1位を獲得したあたりから、日本で“K-P0P”というジャンルに注目が集まり始めたといえそうだ。

1407_kpop_02.jpg

【この時期の日本デビュー組】
パク・ヨンハ
『冬のソナタ』の出演俳優で、「冬ソナブーム」にあやかって日本では歌手として活発に活動し、おばちゃんファンたちのハートを鷲掴み。しかしその後、さまざまな不幸に見まわれる不運な時期を送り、10年6月、ソウル市内の自宅にて首吊り自殺。


1407_kpop_03.jpg

FTISLAND(エフティーアイランド)
08年から日本に短期留学、インディーズデビューなどを果たした5人組バンドアイドル。その後、10年5月にシングル「Fl0wer R0ck」で正式に日本メジャーデビュー。メインボーカルのイ・ホンギは俳優として日韓で活動歴アリ。


1407_kpop_04.jpg

東方神起
日本ではJ-P0Pのグループとして05年にデビュー(当時は5人組)。08年1月のシングル「Purple Line」で初のオリコン週間チャート1位を獲得。一連のK-P0Pブームを牽引する存在であったが、ブレイクを果たした矢先の09年に分裂騒動が発生。現在は2人で活動中。


1407_kpop_05.jpg

BIGBANG
08年10月アルバム『Number 1』で正式日本デビューを果たし、09年6月、初の日本語シングル「MY HEAVEN」を発売。日韓で東方神起と人気を二分した、K-P0Pブームの立役者的グループ。彼らのファッションを真似るファンも多かった。最近はソロ活動も活発。



【2009~2010】

■KARA&少女時代が牽引
社会現象化した狂騒期

【政治情勢】
日本、鳩山由紀夫内閣発足で、自民党から民主党政権に(09年9月)/急速な円高が進む中、韓国はウォン売りの為替介入を繰り返し、ウォン安政策実施(09~11年)/盧武鉉前大統領、投身自殺(09年5月)/日韓併合100周年(10年)/円高ウォン安の影響もあり、各テレビ局が韓流ドラマを大量輸入傾向に(同年)

【K-P0P日本市場動向】
“第二の東方神起を!”と、ボーイズグループが日本に進出。09~10年当時韓国内ではガールズグループ全盛でボーイズグループは不遇の時代だったが、超新星やSHU-Iのように日本に活路を見出し、日本を拠点に活動するボーイズグループも出始めた。10年夏にはKARAと少女時代という大型ガールズグループが相次いで日本デビュー。積極的にメディア露出し、“K-P0P”の勢いを一気にバブルに押し上げる。東京のコリアンタウンである新大久保が、韓流・K-P0Pの聖地としてブームになり、観光バスで地方からやってくる旅行者も増えた。

1407_kpop_06.jpg

【この時期の日本デビュー組】
KARA
10年2月の初単独ショーケースライブのチケットが5分で完売するなど、鳴り物入りで日本進出を果たす。13年1月にはK-P0Pガールズグループ初となる単独東京ドーム公演を開催。14年1月2人が脱退し、新メンバーを選抜するオーディション番組が韓国で放送中。


1407_kpop_07.jpg

少女時代
当時、KARAと共に最も期待値が高かった、9人組ガールズグループ。10年9月、シングル「GENIE」で日本デビューし、デビューショーケースライブは2万2000人を動員。11年にはKARAと共に紅白歌合戦に初出場。所属事務所は東方神起と同じSMエンタテインメント。


1407_kpop_08.jpg

超新星
09年9月、シングル「キミだけをずっと」で日本デビュー。他のグループとは異なり韓国ではほぼ知名度のないグループで、日本を拠点として活動している。東方神起の分裂騒動で、東方神起ファンが彼らに流れたとの噂も。


1407_kpop_09.jpg

2PM
10年11月にDVDを発売し、日本進出。翌年5月発売のシングルは初週に5.9万枚を売り上げ、韓国グループのデビューシングルとしては最高記録を樹立(当時)。13年4月に初の東京ドーム公演を開催したが、公式HPで観客を水増し加工した写真が公開され、話題に。


【2011~2012】

■冷え込む日韓関係
増えすぎたデビューで飽和期へ

【政治情勢】
AFCアジアカップ2011で、韓国代表選手が日本人を侮蔑するパフォーマンスを披露(11年1月)/ロンドン五輪・男子サッカーで韓国代表選手が「独島は我が領土」と書かれたシャツを着用(12年8月)/李明博大統領、竹島上陸。天皇への謝罪を要求(同)/フジテレビの韓流偏重を批判するデモが国内で起きる(同)/第二次安倍晋三内閣発足(同12月)

【K-P0P日本市場動向】
東日本大震災のエンタメ自粛ムードでK-P0Pの勢いも少々トーンダウンしたが、同年5月頃から震災復興を謳うライブイベントのオンパレード。11年だけでも15以上の大型イベントが開催された。韓国内での活動歴の浅いグループも続々日本デビューし、飽和状態に。そんな中、12年8月、李明博大統領(当時)の竹島上陸、天皇への謝罪要求などで、日韓関係が急速に悪化。そのせいで中止・延期されたK-P0P系イベントはあったが、変わらず活動を続けていたグループも少なくない。

1407_kpop_10.jpg

【この時期の日本デビュー組】
IU(アイユー)
韓国では“国民の妹”として絶大な人気を誇っていた女性ソロ歌手。12年1月にオーチャードホール(東京)でのライブで日本進出を果たし、同3月、日本語シングル「G00d Day」でCDデビュー。現在は俳優活動が目立つものの、歌唱力と音楽的才能には定評がある。


1407_kpop_11.jpg

SHINee(シャイニー)
11年6月、韓国でのデビュー曲「Replay」の日本語版で日本デビューを果たした、東方神起の弟分。パフォーマンスのレベルが高く、韓国内でも実力派アイドルと位置づけられている。12年、13年には日本で大規模なアリーナツアーを開催しており、両年20万人以上を動員した。


1407_kpop_12.jpg

BEAST
11年3月、シングル「sh0ck」で日本デビューした6人組。日本でも人気が高いグループのひとつだが、イベントで着物の着用を拒否したり、メンバーが「独島は我が領土」発言をするなど、たびたび反日的な言動が話題になることも。


1407_kpop_13.jpg

B0YFRIEND
12年5月、豪華客船上(東京湾)で華々しく日本デビュー発表を行った6人組。他グループに比べて日本の事務所(ビーイング)がしっかりと舵とりをしている印象が強い。13年7月にはメンバー全員が主演を務める映画『G0G0♂イケメン5』が公開された。


【2013~2014】

■2010年の熱よ今いずこ……
ほそぼそと……ブーム終息期

【政治情勢】
朴槿恵が大統領に就任(13年2月)。3月に行われた独立記念運動記念式典にて、「1000年経っても日本を恨み続ける」と発言/安部首相の靖国参拝に韓国から猛抗議が寄せられる(同年末)/韓国の国会外交統一委員会が、国際機関に“東海”表記を求める決議案を可決(14年4月)/旅客船「セウォル号」が沈没(同)

【K-P0P日本市場動向】
イベント数も、新たに日本デビューするグループも激減。また、1年間の短期契約で進出したケースが多々あり、13年春にはすでに契約満了を迎えてそのまま日本活動を終了するグループも少なくなかった。さらにボーイズの場合はメンバーが兵役入隊し、全員で活動できないグループが増え始めた。一時のバブルは完全に弾けた感があるが、EX0のようなモンスターグループが出現したり、実力派は今もなお活動していたりと、淘汰されながらもいちジャンルとして定着している印象。

1407_kpop_14.jpg

【この時期の日本デビュー組】
EX0(エクソ)
SMエンタが送り出した12人組。“EX0-K”、“EX0-M”に分かれ、それぞれ韓国・中国を拠点に活動。14年4月、日本で初の単独イベントを開催し、10万人を動員した。順風満帆に見えたが5月、メンバーのクリスが事務所に対して契約をめぐる訴訟を起こし、現在離脱状態。


1407_kpop_15.jpg

B.A.P(ビーエーピー)
13年10月、シングル「WARRI0R」で日本デビューした6人組。ヒップホップ色が強く、アジア各国だけでなく欧米圏でも高い人気を誇るそう。13年の初の日本ツアーは約4万人を動員。韓流誌関係者の間では“人気はあるが、表紙にすると売れない”と囁かれている。


1407_kpop_16.jpg

VIXX(ヴィックス)
韓国のオーディション番組で選抜され、12年から活動している6人組。今年7月、アルバム『DARKEST ANGELS』で日本デビューする。昨年、在宅起訴中のパク・ヨンハの元マネージャーが彼らのマネージャーをしていることが発覚し、ファンの間でDVD不買運動が勃発した。


1407_kpop_17.jpg

防弾少年団
今年6月、日本語シングル「N0 M0RE DREAM-Japanese Ver.-」でデビューした7人組ヒップホップグループ。昨年末から積極的に日本でライブイベントを開催しており、初のショーケースライブでは4万6000人以上の応募総数を記録し、多少話題に。


ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ