サイゾーpremium  > 特集  > 宗教  > 【宗教団体の機関誌】から読み解く信者の日常と本質

――信者でなければ、なかなか目にすることのない宗教団体の機関誌。なにやら難しい教義などがずらずらと書かれているのかと思いきや、いざ中身を開いてみると……。

1401_-partyorgan_1.jpg
機関誌ではないが、書籍といえばやっぱりコレでしょう! 読まずに死ねるか!?

 宗教団体、特に新興宗教が作る刊行物と聞いて、具体的なイメージを持っている人はどれだけいるだろうか? 公称550万部の「聖教新聞」(創価学会)や、「ものみの塔」、「目ざめよ!」(エホバの証人)、あるいは幸福の科学・大川隆法総裁の一連の書籍なら目にする機会もあるだろう。だが、いわゆる雑誌に限定すれば、一般書店にも流通しているのは創価学会系の「第三文明」、「潮」、「パンプキン」くらい。それも実際に手にして読むというより、電車の中吊り広告を見たという程度が多いのではないか。

 そもそも宗教機関誌には「広く販売することで安定収入を得るため」「信徒以外の人々に対して勧誘するため」あるいは「政治的オピニオンを喧伝するため」といった効果も期待される。しかし前段で挙げたような、我々が普通に知るほどまでに拡大している例は特殊ケース。ほとんどの新宗教団体においては、雑誌も新聞も信者向けの機関誌・紙といった側面が強い。出版収入というビジネスモデルとしても、教義や主張を知らしめる手段としても、すでに信者である人々へと内向きに展開している場合がほとんどだ。それら機関誌も、実は宗教団体のウェブサイトなどから一般人でも購入できるものが多く存在するのだが、なかなか目につきにくいのが現状だ。

 もっとも「内向き」な機関誌のパターンは2つ。ひとつは、延々と教祖の言葉や教義を書き連ねた雑誌で、装丁も論文誌のようでかなり素っ気ない。もうひとつは、団体運営や祭礼などの活動報告・予定告知のための雑誌。たいてい数ページの薄いものであるが、例外的なケースとして120ページ・オールカラーの「トゥデイズ・ワールドジャパン」(統一教会)がある。商業誌に匹敵する豪華さだが、今のところ誌面の半分以上が文鮮明の妻で"真の母"韓鶴子氏の活動報告であり、会員以外にはほぼ興味が湧かない内容となっている。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』