サイゾーpremium  > 特集  > 本・マンガ  > マンガ家うめが直面した横暴マンガ編集の実態

――ゲーム業界の内実を描き、テレビドラマ化されるほどの人気作品となったマンガ『大東京トイボックス』。だが、そんな輝かしい実績の陰には、「モーニング」での連載打ち切りなど、出版社との揉め事があったことを、作者自身が公表している。うめの脚本・演出担当小沢高広氏に、この移籍騒動の詳細や変化しつつある出版社とマンガ家の関係性について聞いた。

1312_toybox_02.jpg
(写真/尾藤能暢)

 今年7月に「月刊コミックバーズ」(幻冬舎コミックス)での連載を終えた人気マンガ『東京トイボックス』シリーズ。ゲーム業界の実情を描いた同作品は、現在、テレビ東京系でドラマが放映中。さらに新展開『東京トイボックス0(ゼロ)』(幻冬舎コミックス)もスタートと、すっかりヒット作となったが、2005年に、連載がスタートしたのは「モーニング」(講談社)だった。しかも、20話で連載は打ち切りという誰もが予期せぬ結末に。幸いその3カ月後の06年5月には「コミックバーズ」に移籍し、『大東京トイボックス』と名を変えたという経緯がある。

 この電撃移籍の裏には、小沢高広氏(脚本・演出)と妹尾朝子氏(作画)のコンビマンガ家"うめ"と、「モーニング」の編集者との確執があったことを、うめサイドが最近、総合ゲーム情報サイト『GAME Watch』のインタビューで明かしたのだ。

 そこで本誌も小沢氏にインタビューを敢行。あらためて、事の真相を直撃した。

──そもそも「モーニング」では、担当編集が複数いたそうですが、まずはそうしたシステムについてうかがえますか?

小沢 『トイボ』の直接の担当だった若い編集さんがいて、その上にデスク…… まあ「モーニング」にデスクという制度はないんですけど、デスク扱いのベテラン編集さん、最後に編集長という流れで企画が通っていくという形でした。

──先のインタビューによれば、そのデスクさんが、いろいろと大変だったみたいで。

小沢 ええ。いつもその人のところで、決まってネームが戻ってきちゃうんですよ。ゲームをまったくやらない方だったんですが、言われたように直せば直すほどつまらなくなるし、関係各所に取材を申し込んでほしいとお願いしても、一向に動いてくれないし。

──そもそも、担当編集から編集長のチェックっていうのはわかるんですけど、真ん中のデスクは必ず入るものなんですか?

小沢 それはモーニングの特徴で、だいたい複数担当制を敷いてるんですよ。たいてい一作品に編集は2人くらい、場合によっては3人くらい付くこともあります。今は知らないですけど、連載当時はそうでした。ほかの出版社では複数担当はあまりないですね。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年10・11月号

伊織いお「パワフル&セクシー」

 伊織いお「パワフル&セクシー」
    • 【伊織いお】ボディメイクで鍛えた体!

(秘)読書案内

(秘)読書案内
    • 【YouTuber本】ヒット戦術
    • 【RYKEY DADDY DIRTY】ムショ読書
    • 【イスラム】を理解するための本
    • 尖端的すぎる【写真集】
    • 【フェティシズム】写真集の華麗なる変遷
    • 【スピリチュアル出版社】イチオシの本
    • 【エロ本】衰退史
    • エロ本業界の【歴史】がわかる参考文献
    • 【現代のエロマンガ家】の4冊
    • 【ヒップホップ文化】を学ぶ本
    • 17歳の【新鋭ラッパー】に聞く
    • 今流行りの【中国ミステリ】の世界
    • 占領下生まれのイビツなニッポン【図書館】

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【マルサの女】高崎かなみ
    • 【高槻実穂】グラビア
    • 【藤木由貴】グラビア
    • 【グレイテストラウンドガール】プールパーティ
    • 【後藤直義】GHOST IN THE TECH
    • 【丸屋九兵衛】バンギン・ホモ・サピエンス
    • 【稲田豊史】オトメゴコロ乱読修行
    • 【萱野稔人】超・人間学
    • 【クロサカタツヤ】ネオ・ビジネス・マイニング
    • 【神保哲生×宮台真司】マル激 TALK ON DEMAND
    • 【辛酸なめ子】佳子様偏愛採取録
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人×江森康之】念力事報
    • 【田澤健一郎】体育会系LGBTQ
    • 【澤田晃宏】外国人まかせ
    • 【大石始】マツリ・フューチャリズム
    • 【AmamiyaMaako】スタジオはいります
    • 【DJ DARUMA(PKCZ(R))& JOMMY】BLACK PAGE
    • 【友清哲】ビールの怪人
    • 【西国分寺哀】大丈夫?マイ・フレンド
    • 【町山智浩】映画でわかるアメリカがわかる
    • 【更科修一郎】批評なんてやめときな?
    • 【花くまゆうさく】カストリ漫報