サイゾーpremium  > 特集2  > 卒業から2年弱…【松下唯】が語る「アイドルと声優の壁」

――2011年に小誌ではおなじみの某アイドルグループを卒業した松下唯。二次元同好会の初代会長として、アニソンや声優への思いをデビュー当時から語ってきた。最近では、アニソン歌手や声優を目指して同グループに加入する子たちも増えている中、この5月にいち早く再デビューを果たし、いよいよ同業界への進出を本格的に行っていくという彼女に、今の思いを聞いた。

1307_seiyu_07.jpg
(写真/徐 美姫)

──松下さんは某アイドルグループに在籍していた時、オタク気質なメンバーのみなさんと「二次元同好会」なるサークルを結成していたこともあって、お仕事もアニメやゲーム関連のものが多かったですよね。声優業にも度々挑戦されていましたし。

松下 唯(以下、) 私の声優のお仕事は、2009年にゲーム『英雄伝説 空の軌跡』シリーズ(日本ファルコム)のドラマCDで初めて挑戦させていただいたんですけど、収録中は頭真っ白になりましたね(笑)。声優の中には平野綾さんや水樹奈々さん、田村ゆかりさんのように「アイドル声優」と呼ばれている方々もいたりするので、アイドルと声優にはなんとなく近しいものを感じていたんです。だからといって、決して「声優もできる」なんて思ってたわけじゃないんですけど……いざやってみたら、「アイドルとは全然違う!」って実感しました。発声法や喋り方、滑舌に至るまで、私はすべてダメダメで。

──そういうのって、事前にレッスンさせてはもらえないんですか?

 私はさせてもらったことがなくて、だからこそ「練習させて~!」って思いました(笑)。やっぱり、基礎を積んでいるかいないかで、全然違うんですよ。そのお仕事は同じグループにいたあいりん(古川愛李)も一緒だったんですけど、彼女は声優の学校に通っていたことがあるらしくて、私なんかより断然上手くて。私は「ランプが点いたらアフレコ開始」とか「出番が来たら自分でマイクの前に行く」【編註:声優の収録現場では、マイクが数本用意され、後方の椅子で待機しながら順番が来たら空いてるマイクの前に出ていく】とか、基本的なことすら何もわからない状態で、その場でプロの声優の方々に教えていただきました。しかも大御所といわれる方々に(笑)。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年8月号

中韓エンタメ(禁)大全

中韓エンタメ(禁)大全

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー
    • 【ジェナ】韓国の美モデル参上

インタビュー

連載

    • 【小倉優香】韓国の友達が多いんです。
    • 【日向カリーナ】ブラジル系モデルの古風な一面
    • 愛しさと、切なさと、【熊田曜子と】
    • スマホとSNS以降の【ネットの未来】
    • 【安藤寿康】人間は"教育"によって生かされている(前)
    • 高須基仁/【反社】との交際くらいで騒ぐな!
    • 己の殻を破る【ギャル】が祭に集う
    • 中国【ファッションアプリ】の裏事情
    • 【Lil Nas X】栄光と挫折と突然の告白
    • 町山智浩/【トム・オブ・フィンランド】ゲイ・カルチャーの革命家
    • 医師と大手メディアと【製薬会社】の利益相反
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/闇営業物語
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/『ホットギミック』"鈍い女"がモテる理由
    • LAのDJが懐古する【90年代のクラブシーン】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【都市計画】のスペシャリストがビールで街を盛り上げる!
    • 幽霊、殺されても咎人となるニート。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』