サイゾーpremium  > 特集2  > 卒業から2年弱…【松下唯】が語る「アイドルと声優の壁」

――2011年に小誌ではおなじみの某アイドルグループを卒業した松下唯。二次元同好会の初代会長として、アニソンや声優への思いをデビュー当時から語ってきた。最近では、アニソン歌手や声優を目指して同グループに加入する子たちも増えている中、この5月にいち早く再デビューを果たし、いよいよ同業界への進出を本格的に行っていくという彼女に、今の思いを聞いた。

1307_seiyu_07.jpg
(写真/徐 美姫)

──松下さんは某アイドルグループに在籍していた時、オタク気質なメンバーのみなさんと「二次元同好会」なるサークルを結成していたこともあって、お仕事もアニメやゲーム関連のものが多かったですよね。声優業にも度々挑戦されていましたし。

松下 唯(以下、) 私の声優のお仕事は、2009年にゲーム『英雄伝説 空の軌跡』シリーズ(日本ファルコム)のドラマCDで初めて挑戦させていただいたんですけど、収録中は頭真っ白になりましたね(笑)。声優の中には平野綾さんや水樹奈々さん、田村ゆかりさんのように「アイドル声優」と呼ばれている方々もいたりするので、アイドルと声優にはなんとなく近しいものを感じていたんです。だからといって、決して「声優もできる」なんて思ってたわけじゃないんですけど……いざやってみたら、「アイドルとは全然違う!」って実感しました。発声法や喋り方、滑舌に至るまで、私はすべてダメダメで。

──そういうのって、事前にレッスンさせてはもらえないんですか?

 私はさせてもらったことがなくて、だからこそ「練習させて~!」って思いました(笑)。やっぱり、基礎を積んでいるかいないかで、全然違うんですよ。そのお仕事は同じグループにいたあいりん(古川愛李)も一緒だったんですけど、彼女は声優の学校に通っていたことがあるらしくて、私なんかより断然上手くて。私は「ランプが点いたらアフレコ開始」とか「出番が来たら自分でマイクの前に行く」【編註:声優の収録現場では、マイクが数本用意され、後方の椅子で待機しながら順番が来たら空いてるマイクの前に出ていく】とか、基本的なことすら何もわからない状態で、その場でプロの声優の方々に教えていただきました。しかも大御所といわれる方々に(笑)。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年10月号

欲望のグラビア学

欲望のグラビア学
    • 【都丸紗也華】とタピオカのモード撮
    • 三代目JSB【ELLY】の七変化
    • 【西村歩乃果】TikToKのアイドルが魅せる
    • 【MC・DK】ヒップホップの筋肉美
    • 奇跡の三十路【森ニーナ】がB-GIRLに!
    • 【100センチバスト】がウケる理由
    • 【撮影会】の元祖は海女さんだった!?
    • 【#MeToo時代】の問うグラビアの是非
    • 【心霊写真】のグラビア的価値とは

大和田南那"青の衝撃"

大和田南那
    • 【大和田南那】20歳目前の美ボディ

NEWS SOURCE

    • 【サイゾー×Fresh!】グラドル発掘
    • 【ラウンドガール】圧巻の美脚!

インタビュー

    • 【中村里帆】──変顔が得意なCM美女
    • 【なみちえ】──藝大JDがラップする理由
    • 【DaichiYamamoto】──京都の新世代ラッパー

連載

    • 表紙/【北向珠夕】33歳に見られたんです。
    • なんとなく、【クリステル】
    • 【リクナビ】内定辞退率が法律違反以上にマズイわけ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(前)
    • 高須基仁/年末にブレイクするのは【山里良太と稲垣吾郎】
    • 【盆踊り×SNS】の親和性
    • 世界最強の【麻雀AI】を生んだ中国人研究者
    • 【ライオネル・リッチー】の逆襲
    • 町山智浩/【アメリカン・ファクトリー】中国資本の米工場を追う
    • 【ラグビーW杯】醍醐味はブレークダウン
    • 小原真史「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/笑う全裸監督
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【さよならミニスカート】を読む娘へ
    • アッシュ・ハドソン「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子「佳子様偏愛採取録」義
    • ビールと人を作る!【ブルワーを育てるブルワー】
    • 更科修一郎/幽霊、箱の中で覗き込むエロと未来。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』