サイゾーpremium  > 特集2  > 非正規品のほうが質がいい! 【ジャニタレ勝手ビジネス】とは?

──グッズ販売によって大きな収益を上げているジャニーズ事務所。だが一部のファンからは「非公式グッズのほうが質がいい!」という声も聞かれる。ファンから愛される非公式グッズの実態を覗いてみた。

1305_J_24.jpg
鹿砦社の売れ筋企画『ジャニーズおっかけマップ2013』。本誌姉妹サイト・サイゾーウーマンでも愛読中!

 ジャニタレのためなら、ファンは惜しむことなく財布のひもを緩め、中には年間数十万円をつぎ込む猛者たちも珍しくはない。とあらば、こんなに甘い汁をビジネスに長けた“大人たち”が放っておくワケがないだろう。「闇ショ」という符丁で呼ばれる「非公式ショップ」には、連日多くのジャニヲタたちが集まっているようだ。

 生写真をはじめ、キーホルダー、文房具、弁当箱やタンブラーなどの生活雑貨などといったグッズが並ぶ非公式ショップの店内。嵐、Sexy Zoneを中心に数千点のジャニーズグッズを所有しているというジャニーズファンの女性も「かゆいところに手が届く。ファンのニーズが的確に反映されています!」と、非公式グッズにのめり込んでいるひとりだ。

「原宿にあるジャニーズ公式ショップは、土日やコンサートの日などは、地方ファンが集い、数時間待ちの行列ができます。そういう時には闇ショに流れてしまいますね」(同)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年12月号