サイゾーpremium  > 連載  > 宇野常寛の批評のブルーオーシャン  > 【連載】堀潤とこれからの マスメディア
連載
宇野常寛の批評のブルーオーシャン 第36回

堀潤とこれからの マスメディア

+お気に入りに追加

──既得権益がはびこり、レッドオーシャンが広がる批評界よ、さようなら!ジェノサイズの後にひらける、新世界がここにある!

1305_az_uno.jpg
『徹底討論!ニッポンのジレンマ』(祥伝社)

 僕の親しい友人でもあるNHKアナウンサー堀潤が先日、同局に辞表を提出した。彼は震災以降、主に原発報道の姿勢をめぐってNHK上層部と衝突を繰り返していた。僕が知る限りでも何度も辞意を伝えては慰留される、ということを繰り返していたはずだが、今回ついに本当に局を去ることになったようだ。この1年、彼はアメリカ・ロサンゼルスのUCLAに留学していたのだが、上層部と決裂した直接の原因は、彼が留学中に制作したドキュメント映画のロサンゼルス市民を対象とした上映会をNHK側が中止したことだ。激怒した堀は日本の写真週刊誌に一連の事情を暴露し、NHKは堀への処分を検討し始めたと聞いている。

 堀潤と所属団体の間のことは、彼自身がすでにあちらこちらで書いていることだし、外野がこれ以上とやかく言うことではないように思う。とりあえず僕は友人としても、そしていち評論家としても堀潤を応援するつもりだ。だからこそ、僕は堀潤の「これから」について考えたい。

 そもそも、堀と組織との衝突の背景にあったのは、マスメディアの言葉というものそれ自体が、今、人々の信頼を失いつつあるということにどれほど敏感であったか、という問題のように僕は思う。

 情報化が進行すると、メディア上の言葉は一握りの固有名の言葉と、無数の匿名の言葉に二分されていく。

 例えば今日において「マラソン」についての一般的な世論を知りたければ、グーグルやツイッターで「マラソン」という文字列を検索すればいい。そこには、無数のユーザー達の「マラソン」についての言葉が溢れかえる。彼らは一人ひとり名前(ID)を持つケースがほとんどだが、私達はその検索結果に並ぶものを匿名の言葉の集合体としか見做さないし、だからこそ、それを一般的な「世論」だと解釈する。

 その一方で、情報化の進行は固有名の言葉の力を強化する。例えば村上春樹のマラソンに対する見解を知りたいとき、読者は村上春樹の個人アカウントをまず検索するはずだ。

 このとき大きく後退するのが新聞、雑誌、テレビといったマスメディアの言葉だ。村上春樹(固有名)はマスメディアを介することなく自ら発信し、一般的な「世論」はウェブ検索結果としての匿名の言葉の集合体こそが最も早く正確に表現する。

 しかし雑誌のライターやテレビのアナウンサーの言葉は、この中間にある。彼らの言葉の背景にも、記者や編集者、プロデューサーの意図が存在する。だがマスメディアの言葉はその意図を隠蔽し、あたかもそれが天の声であるかのように発信することになる。「公益」の名のもとに。しかし、誰もが発信者でもある現代社会において人々は、言葉には「固有名の言葉」と「匿名の言葉(の集合体)」しかないことを知っている。中間の言葉は、こうした欺瞞の上でしか成立していないことを知っているのだ。だとすると、マスメディアはこの先、自分達が「社会」や「世間」を作るという発想を捨てた上で、いち固有名として謙虚な発信を行うしかない。NHK(所属の誰それ)は、朝日新聞(所属の誰それ)は、サイゾー(に書いている誰それ)はあくまで個人の意見としてこう考えていますがどうですか、と責任の所在を明らかにした上でユーザーに問いかけるしかない。マスメディアという特権にあぐらをかいた上で、特定の固有名の意見でもなく、匿名の意見の集合でもない「公の言葉」だという前提で特権的に流通する言葉を発信できる、という考えは第一に能力的にその限界が指摘されて久しく、第二にもはや現代の情報社会に生きる消費者の支持を獲得できない。

 誤解しないでほしいが、僕は既存のマスメディアの取材力や制作力には相応の敬意を抱いているつもりだ。ネット上の安易な「マスゴミ」批判にも加担したくないと考えている。だからこそ既存のマスメディアのポテンシャルを活かす為に、彼らの言葉がすでに崩壊し、どう考えても支持を得られない特権性にあぐらをかいた状態から脱するべきと思うのだ。

 そして、堀が所属団体に対して訴えていたのは、公共放送という存在こそこの「中間の言葉」の喪失に敏感であれ、というメッセージだったように僕には思える。

 堀潤というひとりの団体職員の「反乱」が、これからのメディアと報道のあるべき姿を問う流れに向かっていくことを僕は望んでいる。

〈近況〉
毎週金曜日深夜3時『宇野常寛のオールナイトニッポン0』がニッポン放送で放送中です。遅い時間ですが、ぜひ聴いてください!

■発売中の近刊:『日本文化の論点』ちくま新書/756円、「文化時評アーカイブス」メディアファクトリー/1890円

うの・つねひろ
1978年生まれ。企画ユニット「第二次惑星開発委員会」主宰。批評誌「PLANETS」の発行と、文化・社会・メディアを主軸に幅広い評論活動を展開する。著書に、『ゼロ年代の想像力』(早川書房)、『リトル・ピープルの時代』(幻冬舎)、『こんな日本をつくりたい』(共著/太田出版)など。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

サイゾーパブリシティ