サイゾーpremium  > 特集  > タブー  > 食の安全を追及する海外傑作【ドキュメンタリー】

──食の安全に関する映像を、日本ではとりわけ放送を通して見る機会は少ない。本文中でも触れているように、食品会社が大口のスポンサーとなっている状況では、放送局も“自主規制”を行なわざるを得ない。しかし、国外に目を移せば、数々の良質な食のドキュメンタリー映画にあふれている。これらの作品を観れば、今日のあなたの夕食は、変わってしまうかもしれない……。

1210_foodinc.jpg

『フード・インク』
2008年 アメリカ 監督:ロバート・ケナー
技術の発展によって工業化・システム化された現代の食に警鐘を鳴らす本作。少し歩くだけで足の骨が折れてしまうほどに太らされたブロイラーや、O-157に感染する牛、遺伝子組み換えコーンの最前線……と、本作には食にまつわるショッキングな真実が描かれている。クジラ漁を描いた『コーブ』とほぼ同時期に公開され、アメリカでは『コーブ』の1.5倍の興行収入を記録した。長期的に考えれば、『コーブ』よりもはるかに重要でショッキングな問題を告発している。


1210_ariamaru.jpg

『ありあまるごちそう』
2005年 オーストリア 監督:エルヴィン・ヴァーゲンホーファー
オーストリアにおける食料の大量廃棄問題を端緒に、世界中の食品の歪みを描く本作。そこで語られるのは、食品廃棄量世界一位のアメリカと、食品廃棄率世界一位の我が日本。世界中では飢えに苦しむ人々が多いはずなのにいったいなぜ……と思わず考えさせられてしまう作品だ。もちろん、「世界一位」の称号を得た日本人にとっても、海の向こうの他人事では済まされない。世界一の食料廃棄国である日本で、どうしてこのような作品が制作されないのだろうか……。



ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年3月号

バンクシー&現代(危)アート

バンクシー&現代(危)アート
    • 【バンクシー】の矛先と日本
    • バンクシーと【パルコ】の関係
    • 社会を斬る【次世代アーティスト】
    • 【石川真澄×くっきー!】異端美術対談
    • レン・ハン自殺後の【中国写真】
    • 【舐達麻】が吐くラップとタトゥー
    • 【刀剣乱舞】狂騒曲
    • 芸術なのか?【AIアート】の真贋
    • AI推進国【韓国】のAIアート
    • 【高山明×中島岳史】「不自由展」圧力と希望
    • あいトリをめぐる【政治家たち】
    • 【書肆ゲンシシャ】が選ぶ(奇)写真集
    • 【天皇肖像】の含意とアート群
    • 【美術展ビジネス】に群がる既得権益
    • 現代アートの今がわかる書籍群

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア
    • 【池田ショコラ】大人に脱皮

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【河合優実】「森永 in ゼリー」CMで話題の若手女優
    • 【ACE COOL】「本当の己」と「ラッパーである己」を見極める
    • 【BALLISTIK BOYZ】EXILE TRIBEの末っ子、世界への跳躍

連載

    • 表紙/都丸紗也華「このへんで跳ねたいんです」
    • 【ぴーぴる】天真爛漫娘の現代っ子放談
    • 必ず最後に【杏】は勝つ
    • 【ベビーテック】の伝道師が語る普及の道
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 【イズム】が蘇る2020年の音頭
    • 米発【ミートテック】が狙う中国人の胃袋
    • 【丸屋九兵衛】アンバーを語る
    • 【町山智浩】「スキャンダル」TV局トップのセクハラを暴け!
    • 世界の左派が掲げる【反緊縮経済政策】
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/令和のマスク騒動
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「So kakkoii 宇宙」小沢健二の鎮魂歌
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 震災をきっかけに浸透した「んだ」のビール
    • 更科修一郎/幽霊、雑誌もまた老いて死んでいく。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』