サイゾーpremium  > 特集  > タブー  > 【激安食品】にまつわる噂は本当か? 企業やNPOに直撃!
第1特集
食品業界はタブーと自主規制だらけ!【3】

味の素や牛角に直撃!! “激安食品”にまつわる怪しい噂は本当か?

+お気に入りに追加

──食品にまつわる危険な話は、確かに不安が募るものばかりだが、一方で、「それって本当なの?」とにわかには信じがたいものもある。そこで、都市伝説的なものから、これは? と思うものまでをピックアップし、それぞれ企業やNPOに直撃! 真偽のほどを確かめてみた!

1210_shokuhin01.jpg
『メタモル出版』(光文社新書)

[激安食品にまつわる噂【1】]
■福島県産米が新潟産に偽装?
福島第一原発の事故によって著しい風評被害を受けている福島産農作物。県では安全キャンペーンを行なっているものの、消費者心理を変えることは難しく、野菜、果物、コメなどの価格は例年以下の水準に落ち込んでいる。この風評被害を避けるために、ホームセンターなどで大量に販売されているのが全国各地の米袋。「山形」「新潟」「熊本」など、全国各地の米どころの名前が印刷された「一空袋(いちあきたい)」と呼ばれるこの袋には、生産者やJAによる検印もしっかりと表示されているものもあり、他県産米へと姿を変える産地偽装の温床と化している。

[回答]福島県内某ホームセンター売り場担当者
「一空袋は当店でも取り扱っています。毎年農家の方が、家庭で使用するために購入されているようですね」とあっさり事実を認める担当者。通常は、農家が籾殻や精米したコメを入れて保存するために使用されており、販売すること自体に違法性はない。「うちでは産地偽装を防ぐために検印部分に×印をつけて出荷できないようにしていますが、ほかのお店ではそのまま販売しているお店もあると聞きます」(同担当者)と、その実態を語った。そのほか他県産のコメとブレンドして出荷する業者もいるなど、悪質なケースもあるようだ。

[激安食品にまつわる噂【2】]
■外食ばかりだと栄養失調になる?
肉中心の外食ばかりを口にしていたら、健康に悪影響が出るのは当たり前。だからこそ、外食でも野菜などのヘルシーメニューを食べるようにして、日頃不足しがちなビタミンやミネラルなどの栄養を補おうと頑張っている人も多いだろう。しかし、そんな努力は無駄に終わっているかもしれない……。チェーン店で提供される野菜メニューは、できるだけ長期間腐らせないための防腐加工や、見栄えを良くするための処理、食中毒を予防するための処理などが施されており、その保存方法のせいで、野菜から本来あるべきはずの栄養が抜けてしまっているという。

[回答]NPO法人「食品と暮らしの安全基金」中戸川貢氏
「冷凍食品は、冷凍耐性を高めるために、一度茹でてから冷凍を行います。その際、ミネラルを中心とした栄養素はほとんど抜けてしまうんです」と、語る中戸川氏。冷凍食品ばかりを使用するチェーン店のメニューばかり食べているとミネラルが欠乏し、国の基準でも心身に大きな影響を与えるとされている。「日常のイライラや子どもの発達障害などもミネラル不足が原因とも言われています」(同)と深刻な現代病とまで考えられているミネラル不足。同NPOでは『新型栄養失調』として、この問題への警鐘を鳴らしている。

[激安食品にまつわる噂【3】]
■激安肉には接着剤が使われている?
食肉加工場で肉を切り分ける際には、どうしてもクズ肉や内臓肉などの商品にならない肉が発生する。これまではそれらは処理されていたものの、「軟化剤」や「結着剤」と呼ばれる食品添加物が開発されてからは一転。これらの添加物で繋ぎ合わせた成形肉が市場に出回っているというのだ。クズ同然の肉を繋ぎ合わせただけなので、原価も安く、特に激安を売りにする焼肉店では欠かせない存在となっている。また、粗悪な肉の風味やジューシー感を補うために肉に油や化学調味料を打ち込む「インジェクション加工」も、精肉業界にとっては必須の工程だ。

[回答]「牛角」運営のレインズインターナショナル広報担当者
「牛や豚のタンで成型肉を使用しています。形を整え無駄をなくすことで、原価率を抑制することが可能となり、その分消費者に安価で商品を提供しています」と自信満々の様子で語る広報担当者。さすが、メニューに「成型肉を使用しています」と明記しているだけのことはあり、悪びれる様子はない。牛角では「その他の加工は行なっていません」(同担当者)ということだが、同社の対応は消費者にとって良心的といえるものだろう。成型肉かどうかの明記すらもされていないほかの焼肉チェーンでは、成型やインジェクション加工が常識となっている。

[激安食品にまつわる噂【4】]
■味の素に発ガン性がある?
1909年に開発された、日本生まれの調味料である味の素。家庭でもよく使用されていることから、身近な調味料かと思いきや、これも立派な食品添加物のひとつだ。かつてから味の素の発ガン性を指摘する声は根強く、「脳に深刻な影響を与える」「緑内障の原因となっている」といった噂まであり、味の素の健康に対する悪影響が心配されている。同社は日本一の食品企業でもあり、毎年巨額な広告費を支払う広告主でもある。食卓に置かれている味の素の小瓶に、食品業界の暗い構図が見えてくるようだ……。

[回答]味の素お客様相談センター
「通常の調理法で使用すれば、妊婦や赤ちゃんでも安心して召し上がっていただけます。健康に影響は一切ありません」と強く否定する担当者。さらには「国内の安全性試験をすべてクリアしていますし、国際食糧農業機構、WHO、合同食品添加物専門家会議、EU食品科学委員会でも安全な添加物として科学的に認められています」と慣れた口調で一息にまくし立てる。ではなぜ、発がん性の噂が消えることはないのだろうか? 「世の中には穿った見方をする人が多いようですね」(同担当者)。火のないところに煙は立たないという言葉もあるが……。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

サイゾーパブリシティ