サイゾーpremium  > 連載  > 徳光正行と岩井志麻子の「愛のズルむけい地」  >  無期限休養!覚醒剤! スターたちの光と...
連載
正行&志麻子の「愛のズルむけい地」38回

無期限休養!覚醒剤! スターたちの光と影

+お気に入りに追加
1010_zurumuke.jpg

正行 いやー、我らが清水健太郎が、覚せい剤で2年ぶり6度目の逮捕ですよ!

志麻子 紅白歌合戦出場じゃないんですから(笑)。しかし、麻薬ってやったことないけど、懲りないんですかね?

正行 僕はむしろ、シミケンは警察に表彰されてもいいんじゃないかと思うんです。毎年「薬物撲滅キャンペーン・芸能人部門」のノルマ達成に協力しているわけですからね。もしくは、「こうなったら終わりだ」って薬物撲滅のポスターにするとか。

志麻子 秋から始まる『闇金ウシジマくん』(TBS)のウシジマ君役も、山田孝之じゃなくてシミケンがやるべきだと思うわ。どんな演技派も本物の凄みにはかなわないでしょ?

正行 秋の企画といえば、岩井さん初のDVD『岩井志麻子の歌舞伎町猥談』も控えているじゃないですか。

志麻子 これ、AV嬢やグラビアアイドルちゃんと一緒に収録したんですけど、今どきの娘さんって裸になるのに抵抗ないのよね~。

正行 あんな痴態をさらしてもその後はお茶の間向けのテレビタレントや女優になれて、さらに玉の輿に乗れると思ってるんですよ。僕も、その感覚はわからないです。

志麻子 常識的に考えて、MUTEKIやSODに出てから、NHKの朝ドラとかは無理でしょう。大河ドラマに出た及川奈央とか飯島愛は超レアケースです。

正行 騎乗位でガンガン腰振ってるのに『純情きらり』はないですよね。

志麻子 フェ○チオしながら『ウェルかめ』とかね。

正行 金欲しさじゃないですかね?癒やしを求めてホストクラブに通う女性芸能人は多いそうですが、資金は青天井じゃないですか。アイドルなんて給料安いから、そうなると手っ取り早く金になるのは……。ヌードの裏事情とか聞いても"金"なんですよね。借金とか金銭トラブル。  あっ、謎といえば、宇多田ヒカルの突然の芸能活動休止宣言にはビックリしましたよ。いろいろ言われてますが、理由もハッキリしませんし。

志麻子 宇多田ヒカルって祖母(藤圭子の母親)が瞽女(ごぜ)だったんですよね。

正行 盲目の女旅芸人で、三味線などを弾きながら門付けして回ってたそうですよ。戦前の"芸能"を感じさせますよね!

志麻子 全盛期の藤圭子は、途方もない美人だったわ~。ああいう美人って、そういう因果な環境から出てくるのよね。

正行 藤圭子も娘・宇多田ヒカルも、10代で大ブレイクして、若くして結婚・離婚、大きな手術(母はポリープ、娘は卵巣腫瘍)を経験、そして30歳前に芸能界からフェードアウトと、人生のたどり方が同じなんですよ。まぁ、母親が金遣いが荒いっていうところだけは違いますけどね。でも、宇多田ヒカルがどんなに儲けようが、幸福になれないような気がするんです。  

志麻子 なぜかしらね? 宇多田の"幸せにはなれない感じ"って……。

正行 光輝くスーパースターには、その分だけ暗い影がつきまとうんでしょう。親が数回離婚と結婚を繰り返してることだけでも異常ですよ。

志麻子 父親(宇多田照實)はプロデューサーとして評価されてるんですか? ヒモみたいなものかしら。いいヒモと悪いヒモがあるなら、ウチの18歳年下韓国人夫クンはいいヒモだわ。ある意味「ヒモの鑑」。ガリガリ君を食べてればご機嫌だし。

正行 たった60円で癒やしを与えてくれるなんて素晴らしいですよ。

志麻子 マンガ家の西原理恵子が、「3匹目の犬と同じ扱いでしょ」って。わんこはわかってますね。夫より私が偉いって知ってますもん。

正行 宇多田は「人間活動に専念」したいそうですが、韓国夫君にもぜひ励んでいただきたいですね(笑)。でも、この理由だと、元夫の紀里谷和明は面目ないですよね。最近の彼氏も、自称・画家のマッサージ師とか……うーん。

志麻子 広末涼子の新恋人も、ねぇ。キャンドルアーティストって何? 女子に人気のアロマ系ってやつ?

正行 僕はAVメーカーのアロマ企画しか興味ないですが。しかし、広末はアーティスト系男が本当に好きですよね。元夫も自称デザイナーだったし。デザイナーとかDJとか、それで税金を納められるようになってから名乗れって言いたいです。

志麻子 でも、私も同じ轍を踏みがちなのよね。虚言癖の人の言うことを真に受けちゃうとか……。

正行 岩井さんは、ひどければひどいほどおいしいというか、小説のネタにできるからいいじゃないですか。

志麻子 学んだことが裏目に出る場合もありますからね。しかし、大阪の二児放置殺人事件には心が痛んだわ。あの母親もホストに癒やされてたらしいけど、勤務してたマットヘルスってそんなにヘビーなの? 本番アリとか?

正行 交渉次第ですね。風俗番長の友達に訊いたら、嬢をその気にさせるのはクンニのテク次第だそうで。

志麻子 おクンニのために。

正行 まさに戦ってるんですね(笑)。しかし、それにしたってホストとパチンコ絡みの事件が多過ぎですよね。そのたびに、子どもが犠牲になってるじゃないですか。僕のキャラじゃないのを承知で言いますけど、本当、頭にきますよ!

まぶしい"光"には キ○ガイが集まる!?

正行 しかしまぁ岩井さん、詐欺師とか虚言癖とかストーカーファンの中で、よくも今までご無事でしたよ。

志麻子 今にして思えば、カンボジアの田舎道でマラソンやってたようなもんですよね。

正行 地雷があちこちに埋まってるという(笑)。

志麻子 離婚して作家になるために東京に出てきたばかりの時、テレビに出てるのを見てマネージャーを騙る詐欺師が声かけてきたんですよ。なんせそれまでは岡山の専業主婦だったから、何も知らなくて。

正行 僕だって、初代のマネージャーは変わった感じの人でしたよ! 親父(徳光和夫)も、ダメな奴ってわかってたんじゃないかなぁ? 僕に勉強させるために。もしくは翌日の競馬のことで頭がいっぱいで、何も考えてなかったのかも(笑)。

志麻子 あいつにギャラをごまかされ続けた日々は、なんだったのかしら……。でも役所広司みたいなイケメンだったら今もズブズブだったかも。それどころか貢いでたり。よかったわ~、ゾウアザラシ似の醜男で。

正行 そしてその後に、岩井さんの小説のモデルになったほどの虚言癖女が現れるんですよね。

志麻子 私の熱心な追っかけさんで、フランスの古城や香港の超高級コンドミニアムに住んでたり、ハイパーなんちゃらと交際してたって言うんだけど、写真が1枚もないのよね。

正行 あるんですよ、脳の中に。念写しないと見られないだけで(笑)。

志麻子 そういえば、叶恭子さまやプリンセス・テンコーもお相手の写真を出しませんよね?

正行 でもその分、ファンタジーが入り込む余地がありますよ!

志麻子 逆に、先日刺殺された村崎百郎さんは、中卒の工員ってことだったのに、実は明大卒だったり。あっ、そうそう、最近タイにハマっていて、バンコクが舞台の小説を書き始めたんですが、恐ろしい事実が!

正行 どうしたんですか?

志麻子 その虚言癖女の形跡が、バンコクにあったんです!

正行 ええ? 歌舞伎町という、あの狭いエリアの事件じゃなくて?

志麻子 どうやら、向こうの風俗店に在籍していたらしいことが彼女の虚言で判明したんですよ。タイに日本人向けの「Gダイアリー」っていう夜遊び情報誌があって、そこの編集者が事情を知ってるっぽいので、取材に行く時に根掘り葉掘り訊いてくるつもり。もしかしたらこれ、全アジアに広がる大河ドラマになるかもしれないですよ。チャンチャンチャンチャ~ン♪(2時間サスペンスのテーマ)って、私が崖の下で冷たくなって発見されちゃう可能性も!

正行 "知りすぎた女"ですね! じゃあご無事を祈って、岩井さんがタイ取材中は毎日、僕の「自慰ダイアリー」をメールしますよ!「今日はTENGAでヌキました」とか。

<業人間♂>

押尾学との幻のボクシング対戦も
清水健太郎

1952年、福岡県生まれ。俳優、歌手。76年デビュー曲『失恋レストラン』が大ヒット、短めのパーマヘアが「健太郎カット」として流行するなど、人気者に。83年、86年に大麻取締法違反、94年に覚せい剤取締法違反で逮捕。服役後はVシネで活躍、『首領への道』シリーズでヒットを飛ばすが、04年に覚せい剤で4度目の逮捕、08年にはひき逃げ、10年には覚せい剤使用で6度目の逮捕となった。

<業人間♀>

パジャマで外出も天才だからOK!?
宇多田ヒカル
1983年生まれ、ニューヨーク出身。ミュージシャン。芸能一家に育ち、98年「Automatic」でソロデビュー、1stアルバムは860万枚という日本最高の売り上げを記録。02年、卵巣摘出手術後、写真家の紀里谷和明と結婚、同氏監督の映画『CASSHERN』に楽曲を提供するなど円満ぶりを見せたが07年離婚。2度のアメリカ進出も失敗に終わる。10年いっぱいでの休養を宣言。

とくみつ・まさゆき
1971年、神奈川県生まれ。タレント。徳光和夫の二男。『5時に夢中!』(東京MXテレビ)でカルト的人気を得、現在は火曜日『美人塾』(BSフジ)、月曜0金曜日『ザ・ゴールデンアワー』(東京MXテレビ)のメインMCなどで活躍中。6月には『伝説になった男~三沢光晴という人』(幻冬舎)を上梓。「まさゆキズム」〈http://www.sato-kikaku.co.jp/tokumitsu/

いわい・しまこ
1964年、岡山県生まれ。少女小説家を経て、99年、『ぼっけえ、きょうてえ』で、日本ホラー小説大賞を受賞し再デビュー。媒体を股にかけ、エロと恐怖を本音で語る最凶オバハンキャラとして活躍中。『5時に夢中!』の木曜レギュラー。5月には、初の新書『オバサンだってセックスしたい』(ベストセラーズ)を上梓。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

サイゾーパブリシティ