サイゾーpremium  > 特集  > 大手企業が参入するも、即撤退という"経営...
第1特集
農業ビジネスのキケンなワナ【1】

大手企業が参入するも、即撤退という"経営としての農業"の落とし穴とは?

+お気に入りに追加

──ユニクロ、オムロン、ワタミ、モンテローザ......今をときめく大企業が続々と参入を続けている農業ビジネス。その裏にあるのはエコブーム? それとも食料自給率の低下? その理由と成功の可否を徹底分析!

1003_agri1.jpg

"農業ブーム"の言葉がメディアを飛び交う昨今、大企業の農業参入が相次いでいる。昨年9月、イオンは全額出資子会社「イオンアグリ創造」を設立し、茨城県牛久市でキャベツ、小松菜などの栽培を始めた。そしてセブン&アイはそれよりも早い2008年8月に農業生産法人「セブンファーム富里」を設立。千葉県内の店舗で出た残渣を肥料として活用し、直営農場でニンジン、大根を作っている。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年11月号

間違いだらけの10代ビジネス

間違いだらけの10代ビジネス

映画界の伝説・角川春樹を再研究!

映画界の伝説・角川春樹を再研究!
    • 【角川春樹】映画界の生きる伝説
    • 【角川映画】日本映画史をつくった5本

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ