サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > "無罪主張"の押尾学をどう崩す? 証人集...
ニュース
キーパーソンは「新宿時代」の常連客?

"無罪主張"の押尾学をどう崩す? 証人集めに躍起の検察の手の内

+お気に入りに追加
1002_oshio.jpg

 保護責任者遺棄致死罪で起訴され、裁判員制度で裁かれることになった押尾学被告。同被告は「MDMAは田中さん自身が使用したものであり、自分は保護責任者には当たらないし、必要な救命活動も行っていた」と無罪を主張する模様だ。

「その一方で、押尾が今になって、田中さんの遺族に"腹を切ってでもお詫びしたい"と言っているという話を聞いて、嘘っぽいなと感じましたね。これまで謝罪する機会はいくらでもあって、周囲でもそれを勧める人がいたのに」(事件を取材してきたライター)

 対する検察も、押尾被告を実刑へ持ち込む自信をのぞかせている。ある捜査関係者は、「押尾の嘘に振り回されましたが、有罪で5年以上はぶち込めるくらいの証拠と証人は確保してますよ」と自信満々に言う。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2024年8月号

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ