サイゾーpremium  > 特集  > 平野 綾だけじゃない!! 若手アイド...
第1特集
カワイイだけじゃなくて、アレも必要!?

平野 綾だけじゃない!! 若手アイドル声優のウラ側

+お気に入りに追加

 アイドル声優は息が長いだけに、堀江由衣(33)や田村ゆかり(33)など、ブレイク当時と変わらない(?)美貌を保っているとはいえ、アイドルと呼んでいいものか迷う年齢の声優が目立つ。または、人気があってもビジュアルが残念な女性声優も多く、一般的には「アイドル声優って、ちょっと微妙……」というような印象も。

0910_seyu.jpg
声優系タレント事務所、ミュージックレイン所属の戸松遥。激カワユス!!

 しかしここにきて、2006年にアニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』で大ブレイクした平野綾(21)をはじめ、最近は演技力の高い若手アイドル声優が、続々と登場している。放送終了後も高い人気を誇る、軽音楽部の女子高生の日常を描いたアニメ『けいおん!』の主要キャスト[豊崎愛生(22)、日笠陽子(24)、佐藤聡美(23)、寿美菜子(17)]も例外ではない。彼女たちが歌う、『けいおん!』のオープニング・エンディング曲やキャラクターソングは、オリコン週間ランキングTOP5の常連で、ハロプロやAKB48など、一般の美少女アイドルをも凌ぐ勢いだ。

 外見的にも技術的にもレベルの高いアイドル声優が増えた理由を、声優業界関係者は次のように分析する。

「最近は声優志望者が増加しており、選抜される声優のレベルが上がっているのだと思います。それはビジュアル面においても同様で、声優プロダクション側もビジュアルを意識して選抜しているという印象を受けますね」

MEMOアイドル声優
古くはめぐ姉こと林原めぐみなどに端を発する、ルックスもウリにするタレント声優のこと。オタク産業の隆盛と共に、平野綾など一般のアイドル並みの人気を獲得する者も出現するに到っている。

 そんな中、人気美少女アイドル声優を有し、躍進しているのが、05年設立の新鋭声優事務所「ミュージックレイン」だ。同社には『けいおん!』の豊崎と寿のほか、高垣彩陽(23)、"ポスト平野綾"との呼び声も高い戸松遥(19)の4人が所属している。今や、新作アニメのキャスト情報を見れば、必ず彼女たちの名前があると言っても過言ではないほどのフィーバーぶりだ。

 特に戸松は、あの長澤まさみを輩出した東宝芸能の「シンデレラオーディション」(06年)で最終選考に残ったほどの美貌とスタイルの持ち主。ヒロインの非処女騒動でオタクたちを失望させた『かんなぎ』のヒロイン・ナギ役をはじめ、デビュー3年目にして10本以上のアニメで主要キャラクターを演じるほどの実力も兼ね備えている。ただ同社が、アニメを中心とした映像・ソフト制作会社「アニプレックス」と同様、ソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)の100%子会社であることから、ネット上では、「SMEのコネクションを利用して、主役級のキャスティングに所属声優をネジ込む迷惑事務所!」など、事務所に対するアンチの声がちらほら。しかし、戸松ら所属声優個人に対しては実力を評価する声があり、業界内でも高く評価されているようだ。

「彼女たちは、アイドル声優に必要な歌唱力・演技力、そして重要なトークスキルを身につけています。今は若手女性声優の数が多く、淘汰される時代なので、歌唱力と演技力だけでは、正直、ブレイクできませんからね。デビュー当初からラジオパーソナリティーを務めるなど、トークスキルを磨きつつ自分のキャラをファンに定着させて、地道に布石を打ってきたんです」(アニメライター)

 インターネットの普及で、声優系のWEBラジオが全盛期の現在、アイドル声優にとって、トークスキルとキャラの位置づけはかなり重要なのだとか。

 『マクロスF』のランカー・リー役で大ブレイクした中島愛のように、新人女優やパッとしない女性タレント・歌手がブレイクのきっかけをつかむため、鳴りもの入りで声優デビューするケースもあるが、"一発屋声優"と化してしまうことが少なくない。やはり、これだけ声優市場が成熟すると、芸能界同様、若くてカワイイだけじゃやっていけないようだ。

(小石川光希)


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年12月号

禁断のSEX論

禁断のSEX論
    • 若者の42%が【チェリー】なSEX事情
    • ポルノ動画サイトの【奇妙なタグ】
    • ヤバい【動画タグ】10選
    • フェイクポルノ天国【中国】の技術力
    • 最先端の【AIモザイク除去】に驚愕
    • AV女優【ハダカの値段】は変わったか
    • 80年代人気AV女優は【風俗】へ?
    • 性的コンテンツにされる【貧困女子ネタ】
    • 【貧困】というコンテンツの課題
    • なぜ【第七世代】は童貞を表明するのか
    • 子どもに【性】を教える奥深き絵本
    • タブーを破る【新宿二丁目MCバトル】
    • 【MC漢】が語るオネエスタイルダンジョン
    • 【現役肉食JD】赤裸々SEX座談会
    • 堕胎産業が普及を阻む日本の【ピル】事情
    • 【ピル】の程普及率とマタハラ
    • 女性が描き読む【マンガのペニス】
    • 大島薫【BLのペニス】レビュー
    • 【ペドフィリア】のキワどい治療
    • 【ミーガン法】の成り立ちと欠点

とももともも初エロス

とももともも初エロス
    • 現役上智大生【とももともも】の美体

NEWS SOURCE

    • 台風で露呈した【安倍政権】の緩み
    • 音楽業界【アーティスト収入格差】
    • 【かんぽ不適切販売】の余波

インタビュー

    • 【甲斐まりか】英語も独語も操る人気モデル
    • 【葵揚】『いだてん』で輝くイケメン坊主
    • 【owls】煙たいグルーヴの重厚ヒップホップ
    • 【CHAI】NEOかわいいで世界を狙う

連載

    • 表紙/大間乃トーコ「ワンピースのボタンが飛んじゃうんです」
    • 【清水綾乃】健康美グラドル
    • 【KEIKO】とマナブ
    • モバイル研究家に聞いた【5G】への期待と不安
    • 【萱野稔人】人間の本性としての暴力と協力
    • 未知の可能性を秘めた【奥東京】
    • 【m-flo】多様性を体現する3人の帰還
    • 町山智浩/【ジョン・デロリアン】開発者と隣人がたどる数奇な運命
    • 【アマゾン大火災】と日本企業の関係
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/あるいは大腸菌でいっぱいの海
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【生理ちゃん】が男性にもたらした功績
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 麦芽ではなく【麹】で作るビールの美味
    • 更科修一郎/幽霊、精神的福祉国家の眠れる奴隷。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』