> ダウンタウンの検索結果

ダウンタウン の検索結果

ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

体操女子・宮川紗江への“暴行映像”で、年末名物「蝶野ビンタ」が今年も大ピンチ!

――  その映像を見た瞬間、お茶の間に衝撃が走ったに違いない。  体操女子リオ五輪代表の宮川紗江と体操協会のバトルが長期化する中、6日放送の『バイキング』(フジテレビ系)では、宮川が速見佑斗元コーチに“ひ...

体操女子・宮川紗江への“暴行映像”で、年末名物「蝶野ビンタ」が今年も大ピンチ!
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

黒塗りメイクよりヤバかった!『ガキ使SP』で、お蔵入りになっていた“アノ人気企画”って!?

――  昨年の大みそかに放送されたバラエティ番組『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 大晦日年越しSP絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時』(日本テレビ系)が波紋を広げている。

黒塗りメイクよりヤバかった!『ガキ使SP』で、お蔵入りになっていた“アノ人気企画”って!?
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

大みそか『笑ってはいけない』元SMAP3人から“出演売り込み”も、「ジャニーズ忖度」で幻に……

――  年末恒例のバラエティ番組『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ系)が、『絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時!』として、今年も放送されることが発表された。

大みそか『笑ってはいけない』元SMAP3人から“出演売り込み”も、「ジャニーズ忖度」で幻に……
ニュース
「サイゾーpremium」限定ニュース

『笑っていいとも!』終了で加速するか!? フジテレビの不人気長寿バラエティー切り

――  フジテレビ系の人気バラエティー番組『笑っていいとも!』が来年3月で終了することが22日に番組内で発表されたが、現レギュラー陣のお笑いコンビ・さまぁ~ず、タレントのベッキーをはじめ、芸能人たちが驚きと...

『笑っていいとも!』終了で加速するか!? フジテレビの不人気長寿バラエティー切り
第1特集
"松本人志批判"というタブー【2】

最新作『R100』は最低点!気鋭の映画ライターが 「松本映画」全作品メッタ斬り!

――  なぜ松本映画はつまらないのか?(もちろん松本映画を面白いと感じる人もいることはいるが……)ここでは、「映画秘宝」(洋泉社)、「キネマ旬報」(キネマ旬報社)、「映画芸術」(編集プロダクション映芸)など...

最新作『R100』は最低点!気鋭の映画ライターが 「松本映画」全作品メッタ斬り!
第1特集
"松本人志批判"というタブー【1】

お笑いも映画もとことんツマラン!! 松本人志は「もう死んでいる!」

―― ──松本人志。彼がお笑い界に革命を起こした男であることは疑いようがない。しかしそれと同時に彼の創造力がもうすでに枯れてしまったことも、悲しいかな、事実である。それは彼の作った近年のコントや映画を見れば...

お笑いも映画もとことんツマラン!! 松本人志は「もう死んでいる!」
第2特集
島田紳助の功罪と引退の是非【4】

番組制作者が匿名で語る紳助「"笑い"と"情"を兼ね備えた市井の感覚を持つ唯一無比のお笑い芸人」

―― ■島田紳助とは「唯一無二の才能を持つタレント」である 『クイズ!ヘキサゴンII ...

番組制作者が匿名で語る紳助「
ニュース
あの浜田雅功と殺り合う男が語る

【前田政二】ダウンタウン同期作家が明かす、誰も語らない“浜ちゃん論”

――  あの浜田雅功と東野幸治が、在来線の普通席に座り、そこらへんの喫茶店でくつろい...

【前田政二】ダウンタウン同期作家が明かす、誰も語らない“浜ちゃん論”
ニュース
ギョーカイに権勢を振るう芸人派閥の功罪【1】

松本人志、明石家さんま、そして島田紳助まで! 人気芸人を"作る"芸人派閥の傾向と功罪

―― ──「松本軍団」「竜兵会」「さんま会」「しゃくれ会」......芸能マスコミにも...

松本人志、明石家さんま、そして島田紳助まで! 人気芸人を
ニュース
業界関係者が語るあの芸人のあの素顔!!

とんねるずのユルさにOZMAがもうカンカン!?

――  テレビの中では、視聴者を楽しく笑わせてくれるお笑い芸人の面々だが、その素顔はど...

とんねるずのユルさにOZMAがもうカンカン!?
サイゾープレミアム

2019年5月号

「情弱ビジネス」のカラクリ

「情弱ビジネス」のカラクリ

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】キラキラ系が苦手なんです。
    • 【岸明日香】唐揚げの音で孤独を癒す
    • 【ラウンドガール】男を"オトす"必殺グラビア
    • いつか【ゴマキ】と朝帰りッ
    • 研究者が予言する【ロボット】の平等な未来
    • 高須基仁/追悼【内田裕也】
    • 【東京】に輸入される祭り文化
    • 【シリコンバレー】が中国ベンチャーをパクる日
    • 【ボブ・マーリー】米国人音楽市場の今
    • 町山智浩/【魂のゆくえ】腐敗した教会と牧師の闘争
    • 【経済統計】の不正と偽装で見えた日本経済
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/さよなら平成、ありがとう平成
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/男が期待するヒロイン像にはハマらない『キャプテン・マーベル』
    • 【白塗り店主】の変なバー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元チューバ奏者の【チェコ人】が本場のピルスナーで勝負
    • 伊藤文學/【薔薇族】華々しき"摘発史"
    • 幽霊、過去を裁いて復讐する者たち。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』