> 1308の検索結果

1308 の検索結果

ニュース
「サイゾーpremium」限定ニュース

父親のプロデュースじゃなくて命拾い!? 売れなくてもマイペースで音楽活動をこなし続ける渦中のチャゲアス・ASKAの愛娘

―― 「週刊文春」(文芸春秋)のスクープが発端となり薬物中毒疑惑が浮上した男性デュオ「CHAGE and ASKA」のASKAだが、いまだに“火の粉”がくすぶったままだという。「ASKAは芸能界の大物の元に...

父親のプロデュースじゃなくて命拾い!? 売れなくてもマイペースで音楽活動をこなし続ける渦中のチャゲアス・ASKAの愛娘
ニュース
「サイゾーpremium」限定ニュース

早くも“支持率”が急降下!? いきなりプライベートの“醜聞”が噴出した山本太郎

――  先の参院選で初当選を果たした山本太郎参院議員が、6日に発売された「東京スポーツ」の一面で昨年5月25日に結婚した元プロサーファーの妻と、わずか3カ月後の8月24日に離婚していたことを報じられた。離婚...

早くも“支持率”が急降下!? いきなりプライベートの“醜聞”が噴出した山本太郎
ニュース
「サイゾーpremium」限定ニュース

事務所は安心? 男性スキャンダルの“火種”がまったく聞こえて来ない能年玲奈

――  最終回の9月28日に向けますます注目度が高まるNHKの連続テレビ小説『あまちゃん』だが、今月1日、東京・渋谷の同局でクランクアップ。主人公の天野アキを演じた能年玲奈は海女の衣装で記者会見に出席し、「...

事務所は安心? 男性スキャンダルの“火種”がまったく聞こえて来ない能年玲奈
ニュース
「サイゾーpremium」限定ニュース

広島の前は江ノ島にいた!! 元相方・加藤浩次が近況を明かした山本圭一

――  毎年ハプニング満載のフジテレビ『27時間テレビ』だが、今年はタレントの加藤浩次が2006年7月に淫行騒動を起こし所属事務所から契約解除された元相方・山本圭一の復帰を全国の視聴者に直訴した。 加藤は「...

広島の前は江ノ島にいた!! 元相方・加藤浩次が近況を明かした山本圭一
ニュース
「サイゾーpremium」限定ニュース

「事実に反しており」の根拠は?チャゲアス・ASKAの事務所が「文春」の記事にさっそく反論した理由

――  男性デュオ「CHAGE and ASKA(以下チャゲアス)」のASKAが薬物を使用する映像を元に暴力団関係者から脅迫されていたと、1日発売の「週刊文春」(文芸春秋)8月8日号で報じられた件で、チャゲ...

「事実に反しており」の根拠は?チャゲアス・ASKAの事務所が「文春」の記事にさっそく反論した理由
サイゾープレミアム

2020年3月号

バンクシー&現代(危)アート

バンクシー&現代(危)アート
    • 【バンクシー】の矛先と日本
    • バンクシーと【パルコ】の関係
    • 社会を斬る【次世代アーティスト】
    • 【石川真澄×くっきー!】異端美術対談
    • レン・ハン自殺後の【中国写真】
    • 【舐達麻】が吐くラップとタトゥー
    • 【刀剣乱舞】狂騒曲
    • 芸術なのか?【AIアート】の真贋
    • AI推進国【韓国】のAIアート
    • 【高山明×中島岳史】「不自由展」圧力と希望
    • あいトリをめぐる【政治家たち】
    • 【書肆ゲンシシャ】が選ぶ(奇)写真集
    • 【天皇肖像】の含意とアート群
    • 【美術展ビジネス】に群がる既得権益
    • 現代アートの今がわかる書籍群

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア
    • 【池田ショコラ】大人に脱皮

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/都丸紗也華「このへんで跳ねたいんです」
    • 【ぴーぴる】天真爛漫娘の現代っ子放談
    • 必ず最後に【杏】は勝つ
    • 【ベビーテック】の伝道師が語る普及の道
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 【イズム】が蘇る2020年の音頭
    • 米発【ミートテック】が狙う中国人の胃袋
    • 【丸屋九兵衛】アンバーを語る
    • 【町山智浩】「スキャンダル」TV局トップのセクハラを暴け!
    • 世界の左派が掲げる【反緊縮経済政策】
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/令和のマスク騒動
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「So kakkoii 宇宙」小沢健二の鎮魂歌
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 震災をきっかけに浸透した「んだ」のビール
    • 更科修一郎/幽霊、雑誌もまた老いて死んでいく。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』