サイゾーpremium  > 連載  > 【シラナイマチトワタシ】脳内パステル ゆりな
連載
シラナイマチトワタシ

ガチガチのオリ党! 脳内パステルのゆりなが花に埋もれる

+お気に入りに追加

シッテルハズの街からミタコトモナイ世界に迷い込む――。

【拡大画像はグラビアギャラリーでご覧いただけます。】

2211_220921_cyzo_osaka_0764_520.jpg
(写真/オノツトム)

夜の大阪・中之島の川沿いへやって来たのは、脳内パステルのゆりな。10代の頃は「お母さんの言うことをちゃんと聞く女の子でした」と流れに身をまかせるような日々だった。ところが20歳を過ぎて「自分の人生だからやりたいことをやろうと思って」と、母親に内緒で現在所属する事務所のオーディションを受けたという。

「研究生だった数カ月間はずっと黙っていました。お母さんから『今、なにしてるの』と連絡が来ても『別に~』とはぐらかしたりして。正式にデビューが決まったときも、怒られるのが怖かったから姉に伝えてもらったんです」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年10・11月号

比較で知る「日本の国葬の異常性」

比較で知る「日本の国葬の異常性」

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ