サイゾーpremium  > 特集  > 政治・経済  > 政治家のお財布事情
第1特集
サイゾーPremium 特別企画

落選した議員の中には生活保護受給者になった人も? 現役政党職員が語る、政治家のお財布事情

+お気に入りに追加

――9月29日の自民党総裁選投開票を前に、政局が活発に動いている。政治の世界は国民が注視する表舞台だが、当選する議員もいれば落選する議員もいる。代議士という立場を失った元議員のその後はあまり知られていない。そこで今回は、某政党の現役職員に、知られざる政治家のお財布事情について聞いてみた。

2110_getty_kokkai.jpeg
(写真/getty images)

――政治家のお財布事情はどのようになっているのでしょうか? 政治にはお金がかかるといいますが……。

選挙に出るのには本当にお金がかかります。一例として30代の2世議員でない人が国会議員になろうとして衆議院、もしくは参議院の選挙に出た場合、標準的な金額としては、2500万円くらいかかるのでは。

ただ選挙に出るということは、なんらかの支持母体はあるのでしょうから、そういったところから500万円くらいはかき集める。大きな政党だったら、1000万円くらいは政党から公認料や交付金といった名目で援助してもらって、あとは自分のためておいた貯金を1000万円くらいは使う。

特に、小選挙区制の衆議院と違って、比例で全国を飛び回って選挙活動をする必要がある参議院の場合、このくらいはないと選挙に出るのは難しいですね。選挙には事務所代や人件費、印刷物の郵送費など、本当にお金がかかりますから。

――そもそも、そんなに貯金のある人は少ないでしょうし、お金を出してくれる支持母体など、普通の人にはないのでは?

選挙に出るということは、個人的な利益よりも、なんらかの団体や業界の意見を代表するために出る側面が強いので、支持母体くらいあるはずです。貯金にしても政治家になるという志を抱いているのならそれなりにためているはずで、それすらないのに選挙に出るというのは、ちょっと無謀ではないでしょうか。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年1・2月号

狂騒のSDGs

狂騒のSDGs

「中尾百希」アパレル経営者がグラビア挑戦!

「中尾百希」アパレル経営者がグラビア挑戦!
    • 【中尾百希】アパレル経営者グラビア!

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【マルサの女】鈴木ふみ奈
    • 【笹 公人×江森康之】念力事報
    • 【後藤直義】GHOST IN THE TECH
    • 【丸屋九兵衛】バンギン・ホモ・サピエンス
    • 【萱野稔人】超・人間学
    • 【クロサカタツヤ】ネオ・ビジネス・マイニング
    • 【神保哲生×宮台真司】マル激 TALK ON DEMAND
    • 【辛酸なめ子】佳子様偏愛採取録
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【大石始】マツリ・フューチャリズム
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】ウィンターパーティ
    • 【西国分寺哀】大丈夫?マイ・フレンド
    • 自殺願望を傾聴する【僧侶】の哲学
    • 【田澤健一郎】体育会系LGBTQ
    • 【AmamiyaMaako】スタジオはいります
    • 【DJ DARUMA(PKCZ(R))& JOMMY】BLACK PAGE
    • 【DokiDoki Live】人気ライバーの川柳選評
    • 【町山智浩】映画でわかるアメリカがわかる
    • 【友清哲】ビールの怪人
    • 【更科修一郎】批評なんてやめときな?
    • 【花くまゆうさく】カストリ漫報