サイゾーpremium  > 連載  > 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」  > 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」【62】/幽霊、ワイドショーへの偏愛を語る。
連載
更科修一郎の「批評なんてやめときな?」【62】

小倉智昭の勇退、久米宏の軽佻浮薄さ……幽霊、ワイドショーへの偏愛を語る。

+お気に入りに追加

――ゼロ年代とジェノサイズの後に残ったのは、不愉快な荒野だった?生きながら葬られた〈元〉批評家が、墓の下から現代文化と批評界隈を覗き込む〈時代観察記〉

2009_sarashina_2009_200.jpg
テレビ草創期のオーラルヒストリー。ブラウン管のスターではなく、他ジャンルから集まった裏方の知恵の集大成がテレビだった。

「週刊文春」8月6日号で『とくダネ!』(フジ)の来春終了が報じられた。ここ数年は改編期のたびに終了の噂が報じられていたが、今回はコロナ禍の影響による広告収入減と制作費削減から、司会の小倉智昭が勇退を決意したとされ、話の身も蓋もなさから信憑性はまずまず高いだろう。『モーニングショー』(テレ朝)の玉川や『グッとラック!』(TBS)の志らくにはつくづく閉口しているので、終了は惜しくも思うが、有終の美を飾れる最後のタイミングと見たのかも知れない。世間はようやく老害が消えると思っているのだろうが、視聴率はさておき、リモート出演への技術対応の早さなど、近年の『とくダネ!』は奮闘していた。これはオーディオマニアの小倉が簡易スタジオに使えるリスニングルームを自宅に所有していたからだが、高齢の持病持ちでもあるので、コロナ以前から準備していたのだろう。また、昨年の秋改編ではカズレーザーや古坂大魔王を投入しつつも、芸能情報優先の『スッキリ』(日テレ)との違いを強調するなど、ワイドショーという番組ジャンルに意識的だった。

 司会の小倉は「番外地」時代の東京12チャンネルから成り上がったが故の偽悪趣味が鼻につくこともあったが、『真相報道バンキシャ!』(日テレ)では鼻っ柱の強さから時折ふてくされていた菊川怜や古市憲寿を『とくダネ!』で上手く扱ったあたりから、司会者としてのスタイルが変化してきた。それは「癖の強い若者に理解を示す、性格の悪い老害」というさじ加減の難しい役だったが、「師匠」大橋巨泉のスタイルを現代的にアップデートしている。

 多趣味な巨泉は『11PM』(日テレ)で深夜のおっさん向けワイドショーを開拓したが、自分こそが王道と信じて疑わない性格からマニア気質を理解できなかった。対して、「弟子」の小倉は70~80年代……オタク世代以前のマニア気質を現代のサブカルチャーと接続し、提示することに執着している。娯楽的消費文化を美意識で腑分けする試みは保守的な視聴者層となかなか噛み合わなかったが、出演者の世代交代でようやく小倉の意図したものになったのだろう。失言と批判されていた皮肉の手数も減っている。長いこと「フジの朝の顔」を演じてきたが、このひとは『パソコンサンデー』や『タミヤRCカーグランプリ』の司会者が本質だったのだ。もっとも、違法臓器売買疑惑の真っ最中に中国の臓器移植を礼賛するなど、相変わらず社会派ニュースのリサーチャー能力は低く、99年の番組スタート時から一度も改善されなかったが、これに関しては結局、どのワイドショーも似たりよったりだ。池上彰ですらNHK時代の「知的財産」を使い果たし、零落しているのだから。

 一方、『久米宏ラジオなんですけど』(TBSラジオ)の終了は、妙に惜しまれている。TBSは偏屈な東京人向けの放送局だが、反面、東京人の軽佻浮薄な面も顕著に表れる。3期先輩の大沢悠里は顔出しのテレビ出演を拒むことで軽佻浮薄を戒め、東京人の善き部分を守り続けているが、永六輔や萩本欽一に取り入ってテレビの『ぴったしカン・カン』で売り出した久米宏は典型的な軽佻浮薄派だった。実際、フリー転身後に愛人の自殺未遂騒動で出演自粛しているし、久米の後釜としてTBSが軽佻浮薄派で売り出した小島一慶や松宮一彦は女性問題から破滅したが、久米は平然と生き延びた。軽佻浮薄がサイコパスの域にまで達していたからだ。『久米宏のTVスクランブル』(日テレ)ではハプニングを狙って横山やすしに飲酒させ、醜態を面白がった挙げ句、稀代の芸人を殺しても平然としていた稀代の放送人には、ニュースショーのアンカーで演じた反体制、反権力のスタンスすら軽佻浮薄の延長線でしかないのだが、いつの間にか硬派のイメージになり、惜しまれているのだから滑稽だ。芸人であるはずの伊集院光が稀代の芸人を殺した「咎人」を惜しむのは、東京の芸人だからなのか、ポスト永六輔への政治的アピールなのかは知らないが、大沢悠里や荒川強啓が局の軽佻浮薄なサブカル派閥に降ろされたのと同列に扱うのは、彼らに失礼なような気もする。

 さて、本稿はもともと他社で書く予定だったが、久米に否定的な記事は反体制反権力の雑誌ではタブーらしく、本誌で書いた。その過程で古谷経衡がオフィス・トゥー・ワン所属と聞いて驚いたが、アニオタ保守本流、ヘルシー女子大生、津田某、荻上某……ゼロ年代の色物たちもみな偉くなったな、と感慨深くもある。筆者はずっと変わらないが。

更科修一郎(さらしな・しゅういちろう)
コラムニスト&〈元〉批評家。90年代から批評家として活動。2009年、『批評のジェノサイズ』(共著/弊社)刊行後、休業。15年に活動再開。日刊サイゾーで『テレビくん千年王国』というテレビウォッチャーっぽい連載を始めました。主に昔のテレビドラマなどの話をしております。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

サイゾーパブリシティ