サイゾーpremium  > 特集  > 本・マンガ  > ヤバすぎる【ローカル政経雑誌】8選
第1特集
地方政経雑誌のジャーナリズム【2】

「財界」という冠は同じでも、それぞれに関係性はない!?――ヤバすぎるローカル政経雑誌8選

+お気に入りに追加

――こちらでは、前記事で触れた雪国のヤバい政経雑誌を紹介していく。

2009_P072-075_73-1_kage_520.jpg

元知事・米山隆一氏も酷評された
【1】「財界にいがた」

発行元:財界にいがた
販売拠点:新潟県
創刊年:1989年
値段:定価650円

「財界」と名を冠する雑誌の中では、後発の部類。毎号巻頭ページでは地元の政財界のパーティの模様を写真付きで紹介。新潟出身つながりなのか、一般社団法人ホワイトハンズ代表の坂爪真吾氏が連載を持っている。また、政財界には強いが、芸能はあまり興味がないのか「ピーエル瀧」という誤植があったり、NGT48メンバーに対する暴行事件もあまり追っていなかった模様。

政治家から女子高生まですべて標的に!
【2】「北陸政界」

発行元:北陸政界社
販売拠点:福井県
創刊年:1952年
値段:定価500円

年4回発行。「週刊文春」(文藝春秋)や「週刊新潮」(新潮社)よりも前に存在しており、ホームページでは「創刊以来、権威、権力を標的とし、本音で勝負してきた正統派の政界雑誌」を標榜している。巻頭の企画は現職の首長たちの誉め殺しグラビアであり、また土地柄的に稲田朋美、高木毅、山本拓、山崎正昭などの国会議員が取り上げられることが多い。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年5月号

新タブー大全'21

新タブー大全'21

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る
    • 【小川淳也】政治とコロナと与野党を語る

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】ボブ、マジ楽なんです。
    • 【アレンジレシピ】の世界
    • 【愛】という名のもとに
    • なぜ【AI×倫理】が必要なのか
    • 【萱野稔人】人間の知性と言葉の関係
    • 【スポンサー】ありきの密な祭り
    • 【地球に優しい】企業が誕生
    • 【丸屋九兵衛】メーガン妃を語る
    • 【町山智浩】「ノマドランド」ノマドの希望と絶望
    • 【総務省スキャンダル】と政府の放送免許付与
    • 【般若】が語った適当論
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【田澤健一郎】“かなわぬ恋”に泣いた【ゲイのスプリンター】
    • 【笹 公人】「念力事報」呪われたオリンピック
    • 【澤田晃宏】鳥栖のベトナム人とネパール人
    • 【AmamiyaMaako】イメージは細かく具体的に!
    • 【稲田豊史】「大奥」SF大河が示した現実
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 伝説のワイナリーの名を冠す【新文化発信地】
    • 【更科修一郎】幽霊、ラジオスターとイキリオタク。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』