サイゾーpremium  > 特集  > 本・マンガ  > 【不倫】の真実に迫る傑作マンガたち

――芸能人の不倫がひところワイドショーを賑わせたように、日本人は、不貞行為とは知りつつも、不倫の話にいつも興味津々だ。そこで、近年増えつつある不倫中の男女の心理が克明に描かれたコミックは、不倫の真実がわかる格好の教科書かもしれない“不倫”のスペシャリストらに解説してもらった――。

2001_P056-059_furin01_320.jpg
『1122』(渡辺ペコ/講談社)5巻より。

 日本の婚姻関係にある男女のセックスレスの割合は47・2%。『1122』【1】と書いて「いい夫婦」と読ませる、今もっとも話題の不倫マンガでは、冒頭にそんな統計データが紹介される。

 本作の主人公・ウェブデザイナーの妻、いちこと、夫のおとやんは、セックスレスになったのを機に、「婚外恋愛許可制」をとることに。おとやんは生け花の教室で出会った人妻・美月と公認不倫を行う。セックスは外で済ます、という夫婦の関係も最初はうまくいっていたが……。

「ママ友と話していても『実は夫が浮気をしているのを知っているけど、知っていることを夫には内緒にしている』とか、『セックスは外でしてきてよ』っていう奥さんって意外と多いですよね」と『だめんず・うぉ~か~』(扶桑社)でさまざまな男女のあり方を描いてきた倉田真由美氏は話すが、それがいつもうまくいくとは限らない。『1122』の冒頭では、妻いちこが、夫おとやんにこんなことを言うシーンがある。

「今つくってるの女の人向け結婚特集のサイトなんだけどさ。既婚者のアンケートかなり修羅。夫はどんな存在かって質問に『ペット以下』はマシで、二酸化炭素、ATM、ゆとりゲーム脳、マザコン、あと蛾とか。そんな呪詛とか不満とか侮蔑でイッパイの生活地獄っぽくない? 婚姻なんか自由意志に基づく契約なのに、なんでそんな婚姻関係続行するんだろー」

 そうやって、愛情のない世間の夫婦を揶揄するいちこにとって、夫おとやんの不倫を公認するというのは、結婚関係を円滑に継続するための、理性的な選択のつもりだった。しかし、理性で考えた通りにいかないのが人間の感情というもの。結局、おとやんは美月に不倫関係を終わらせようと告げるのだが、それを聞いた美月は逆上し、おとやんの股間に剣山を突き刺してしまうのだ。その激痛と恐怖がトラウマになったおとやんは、いざいちこと性的にもやり直そうとしても、勃起しない身体になってしまう。一方、満たされない気持を抱えたいちこは女性向けの風俗を利用し、そこで知り合った大学生と親しくなる。お互いによそでセックスすることで2人はイーブンになったはずなのだが、それを知ったおとやんは平静な気持ちではいられない。

 この『1122』をはじめ、最近のヒットマンガに多いのが、不倫をテーマにした作品。人肌寂しいこの季節は、ドロドロした不倫マンガを読みふけるのにピッタリなのかもしれないが、そんな不倫に詳しい女性識者の亀山早苗氏・倉田真由美氏・鈴木涼美氏3人のナビゲートにより、今読むべき不倫マンガ11作を見ていきたい。

「夫とのセックスレスがきっかけで不倫を始める妻というのは実際に多いです。男の人って、食事をするように自然にセックスできてしまう人と興奮状態にならないとセックスできない人の2種類いて、後者の場合は奥さんが興奮の対象でなくなるともうできなくなってしまうんです」(倉田氏)

 夫とのセックスレスがきっかけで、妻子ある会社の同僚が気になり始める…というストーリーが展開されるのが『あなたがしてくれなくても』【2】。2年間セックスレスの夫は、身体のつながりを求める妻から、「今は大きい仕事を抱えていて余裕がなくて」などと逃げ回るのだが、巨乳の同僚とはちゃっかりセックスしてしまう。性の対象として見られなくなった奥さんとはできないものはできないという勝手な男性の機能は、倉田氏の言う後者のタイプのようだ。

 倉田氏も、この作品を激推しする。

「旦那のためにはりきってちょっとエッチな下着をつけてもしてくれなくて、バカみたいって落ち込むとかディテールがリアル。セックスレスの夫婦って世の中にいっぱいいて、それでも女を捨てたくない、旦那とまたそういう関係になりたい、と思っている奥さんたちの心を、今もっともつかんでいるマンガですよ」

 男性目線の不倫マンガについては、倉田氏はこんなコメントを。

「青年誌の不倫マンガとかで、男性の願望で女が都合よく描かれてると『腹立つわ~』ってなるんですけど、やっぱり男の論理満載な『幸せの時間』【3】なんかは、ムカつきながらもつい読んじゃいますよね。弘兼憲史氏による『課長島耕作』シリーズも、読むとエリート男性の不倫に対する意識がよくわかるし、男に都合のいい展開にムッとくるんだけど、同じ作者の『黄昏流星群』【4】は、女性としても共感できます。60巻ありますが、全部揃えていますよ。中高年女性の崩れた体形の裸を描かせたら、この作者の右に出る人はいないですよね」(倉田氏)

『幸せの時間』では、マイホームを構えて幸せに包まれていたはずのエリートサラリーマンと専業主婦、兄と妹の4人家族それぞれのドロドロの愛憎劇が展開される。父は交通事故でケガをさせてしまった女性と不倫関係に陥り、母はカルチャースクールの講師にレイプされる。兄は偶然出会った不良少女のことが気になって受験勉強が手につかなくなり、妹は父親の同僚とただならぬ関係に……。

 レイプされたのにその相手との人間関係を続けてしまうとか、倉田氏の言う通り、かなり男の御都合主義満載な作品だが、欲望のまま突っ走ると、とんでもないことになっていく……というジェットコースターのような展開が味わえる。きわどいセックスシーンもあるこの作品は、2012年に田中美奈子主演でドラマ化され、大反響を得た。

『黄昏流星群』のほうは、実は独身中高年の恋愛の話が多く、イメージほどには不倫していないのだが、昨年には第1巻の不倫のエピソードが佐々木蔵之介主演でドラマ化された。不倫相手の黒木瞳が食堂のおばちゃんというのはかなり違和感があったが、職場テリトリーである社員食堂に理想の相手がいるというのはおじさん的にはツボに入ったのかもしれない。

初めての純愛は不倫だった?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ