サイゾーpremium  > 特集  > 本・マンガ  > 「君たちはどう生きるか」徹底レビュー【2】/かわいい女子とどう生きるか

出版界のヒットメーカーが編集を手がけ、瞬く間に100万部を突破した『漫画 君たちはどう生きるか』(マガジンハウス)。糸井重里ら著名人も称賛のコメントを寄せ、メディアにも絶賛の記事が並んでいる。本稿では、そんな同書の裏にあるイデオロギーや時代性を、“サイゾー的”に批評、レビューしてみると……。

おたけ・お笑い芸人

1802_P056-061_img001_300.jpg

1982年、東京都出身。お笑いトリオ・ジャングルポケットの小ボケ担当。本誌では普段アダルトグッズを紹介する連載を担当しているため、取材中は「今日はアナルとかローターとか言わなくていいの?」と始終気にかけていた。


 この本って、元は小説なんですよね? マンガだからか、だいぶ読みやすかった。特に最後。コペル君が友達を裏切るシーンは、自分と照らし合わせて読んじゃって。彼は、勇気が出せなかった自分に苦しむじゃないですか。芸人の仕事でも、「前に出るべきところで出なかったときの後悔」のほうが、「思い切ってやってスベったときの後悔」よりも大きいというか。スベるのは、いずれ麻痺して何も感じなくなりますからね。でも、前に出ない癖がついちゃうと怖いまま。俺は後先考えずに前に出るタイプなので、事故ることのほうが多いですけどね。

 それとコペル君って、どんな小さいことでも興味をもって紐解いていくじゃないですか。やっぱり、考える癖があったほうが、芸人もネタとかつくりやすいと思いますけど、俺は興味がないことはまったく興味がない。唯一考えることといったら、女の子についてくらいかなあ。「なんでこの間のコンパで、かわいい子を落とせたんだろう?」とかは、気になっちゃいますね。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年2月号

日本のタブー

日本のタブー

小阪有花、危険なエロス

小阪有花、危険なエロス
    • 元祖タブーグラドル【小阪有花】

インタビュー

連載