サイゾーpremium  > 特集  > 社会問題  > 過激化するグラビアの裏にあるタブー/小倉優子はベッドNG?【グラビアタブー】の正体

――過激であれば過激であるほど、目を引くのがグラビア。あの可憐な女の子が、爆乳アイドルが、巨尻ドルが、面積が極端に少ない水着を着て笑顔を振りまいているが、そんな彼女たちにもタブーがあるという。事務所的な事情で、はたまた本人の希望でNGとなってしまうのはどんなものなのか?事務所内でも格差はあるのか?制約の中で限界セクシーに挑むグラビア制作の裏側とは!?

1703_taboo01_230.jpg
水着よりも、きわどい部分に目が行きがちよね……。(写真/日刊サイゾー)

 セクシーショットで世の男性を魅了するグラビアにも、さまざまな撮影上のレギュレーション≒タブーが存在する。よこ乳、下乳、M字開脚、下着のような衣装のNGなどが、それだ。インターネット上にあらゆるセクシー画像・動画が溢れ、誰でも気軽にアクセスできるようになった今、グラビア界のタブーは誰が、どう、そしてなぜ決めているのだろうか。大手タレント事務所でマネージャー業を務めるA氏は言う。

「まず、衣装やポージングの規則については、事務所もしくはタレント本人が決めます。ですので、各事務所によって差がある。共通しているのは、そのタレントを取り巻く関係者の中で、事務所代表など、もっとも権限のある人の意見が反映されること。ほとんど鶴の一声で決まる場合が多いです」

 業界事情に詳しいB氏も言う。

「藤崎奈々子、山川恵里佳、眞鍋かをりなどが所属したことで有名な芸能事務所・アバンギャルドは、ベッド上での撮影が禁止だった。それに、グラビアの一時代を築いたイエローキャブでは、シャワーノズルと一緒に写るのがNGだったという話もあります。基本的には事務所幹部の意向が強く反映されていたようです」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー
    • 暴力団だけじゃない【反社】の定義
    • 【山口組分裂】報道の最前線
    • 【嵐】休止後の芸能界にタブーはあるか?
    • 本当の【氷川きよし】論
    • 【社会学者】きーちゃんを苦しめる疑惑フォーマット
    • 【湯山玲子】ミサンドリー時代に合った戦略
    • 【音楽学者】芸能の性別越境を回復する存在に
    • 【丸屋九兵衛】ヒップホップときよしの交差点
    • 【ANARCHY】初期衝動を落とし込んだ映画
    • 【SEEDA】ラッパーの禁忌な生き様を描く
    • 世界の過激な【保守派リーダー】
    • 【元芸人】が政治の世界に進出するワケ
    • 【アナ雪】ステマ問題ほんとの戦犯
    • 時代を先取りする【新・麻薬王】の肖像
    • 【医療観察法】の知られざる実態

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』