サイゾーpremium  > 特集2  > 【発達障害】の治療薬の効果

――現在、ADHDなど発達障害の治療では薬物療法が行われることも。ただ、当然、そこで使われる薬には、長所もあれば短所もある。

1612_kusuri01_200.jpg

■リタリンと同じ成分だが……
【1】コンサータ
ヤンセンファーマが製造・販売。一般名はメチルフェニデート徐放剤。ADHDの不注意や多動を抑える精神刺激薬で、脳内の神経伝達物質の濃度を上げる。即効性があり、毎朝1回服用すれば夕方・夜間まで効果が続くため、児童には学校生活の妨げになりにくい。ただ、不眠の副作用がある。かつて依存者を出したリタリンと同じ成分だが、臨床的な投与量では依存や乱用はほぼ見られない。



ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年4月号

禁じられたSEX論

禁じられたSEX論

マニアックすぎる業界(裏)マンガ

マニアックすぎる業界(裏)マンガ
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【田中圭一】SNS時代のマンガ編集者へ
    • 【中西やすひろ】お色気コメディマンガの今
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【浦田カズヒロ】連載したのに単行本が出ない!
    • 【大橋裕之】ウマくてヤバい「グルメ 川崎」
    • 【見ル野栄司】スナックに現れるヤバい怪人
    • 【熊田プウ助】ゲイのハッテン場リアル放浪記

インタビュー

連載