サイゾーpremium  > 特集2  > 企業の本音と【アスペ対策】
1612_2tokubk1s.jpg
『「もしかして、アスペルガー?」と思ったら読む本』(永岡書店)

――一般社会でコミュニケーションに齟齬があると、職場の人間関係がうまくいかず、「アスペ」呼ばわりされてしまうようなケースも少なくない。こうした状況に企業や社会はどう対応しているのだろうか? その本音を探った。

 2000年代中頃から現在にかけて、発達障害に関する膨大な関連書籍が出版され、ビジネス誌などでは「働き方」という観点から幾度となく論じられてきた。そのかいあって、存在が一般に知られるようになり、障害に対する理解は大きく進んだ。

 しかし一方で、「困った時の発達障害」ではないが、職場や取引においてもちょっと言動に一癖ある人間や、自分と相いれない人間に接した時に、安易にこのワードを使ってしまうケースも多い。例えば、ネットで人の意見を聞かない人間を「アスペ」呼ばわりしたり、仕事のできない同僚を「あいつ、アスペなんじゃないか」などと噂したりするような行為がそれに当たる。概論にもあったように、高畑裕太の事件でレッテル貼りが行われたのも、同根の現象といえるだろう。この“発達障害バブル”とでもいうべき状況は、社会における浸透の表れなのか?

発達障害をめぐる“脱法ドラッグ的”状況

 メンタルヘルス対策の専門家であり、現在約30社もの企業の産業医を務める大室正志氏は、発達障害というワードが、現在のバブル的フェーズに入った要因について、次のような持論を語った。

「企業から、社員の発達障害を疑う相談をよく受けますが、彼らの多くは、問題の社員が『発達障害である』というお墨付きを医師からもらうことで、周りを納得させたいのです。つまりほかの社員に『なんとかうまく付き合っていってくれ』と言うための大義名分が欲しいわけです。このタイプの相談者のところに医師が集まってきて、問題視された社員に対して発達障害の診断を出しまくったことが、インフレとも呼べるような現在の状況に一役買ったといえるかもしれません」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー
    • 暴力団だけじゃない【反社】の定義
    • 【山口組分裂】報道の最前線
    • 【嵐】休止後の芸能界にタブーはあるか?
    • 本当の【氷川きよし】論
    • 【社会学者】きーちゃんを苦しめる疑惑フォーマット
    • 【湯山玲子】ミサンドリー時代に合った戦略
    • 【音楽学者】芸能の性別越境を回復する存在に
    • 【丸屋九兵衛】ヒップホップときよしの交差点
    • 【ANARCHY】初期衝動を落とし込んだ映画
    • 【SEEDA】ラッパーの禁忌な生き様を描く
    • 世界の過激な【保守派リーダー】
    • 【元芸人】が政治の世界に進出するワケ
    • 【アナ雪】ステマ問題ほんとの戦犯
    • 時代を先取りする【新・麻薬王】の肖像
    • 【医療観察法】の知られざる実態

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』