サイゾーpremium  > 特集2  > ゴシップ紙から見る【トランプ旋風】

――世界的な注目を集めるアメリカ大統領選。候補者の中で、ひときわ異彩を放っているのが共和党ドナルド・トランプだ。数々の暴言はリベラル派を中心に強く批判されていることは周知の通り。そこで今回は、日本では絶対報じられない“タブロイド的視点”でトランプを論じてみよう。

1605_3toku_1.jpg
(絵/長尾謙一郎)

 米大統領候補、ドナルド・トランプの勢いが止まらない。

 3月30日までの獲得代議員数(米CNN調べ)では739人と、対抗馬のテッド・クルーズ上院議員を大きく引き離し、依然共和党における首位をキープ。決着は7月18~21日に中西部のオハイオ州クリーブランドで開かれる共和党全国大会に持ち越される可能性が出てきたものの、予想外の「怪」進撃に、米国内は蜂の巣をつついたような騒ぎとなっている。もっとも、4月5日のウィスコンシン州での予備選は、共和党はテッド・クルーズ、民主党はバーニー・サンダースが勝利。共和党のトランプ、民主党のヒラリー・クリントンは共に敗北を喫し、トランプが共和党候補に選ばれるかは不透明となってきた。だが、依然としてアメリカのメディアでトランプの名を見ない日はなく、それどころか、テレビのチャンネルをどれだけ替えても、トランプの話題に明け暮れているような有様だ。アメリカ国民の75%がマスコミのトランプ報道の量は過剰だと感じている……などという調査結果も出たほどだ。

 一度見たら忘れられない風貌に、不自然な髪形の「ズラ疑惑」と、愉快な(?)話題には事欠かないトランプだが、実際にアメリカのメディアもトランプのハチャメチャな言動を面白がっている節すらある。ニューヨークの左派系メディア「Daily News」などはその筆頭。いくつかの記事を参照してみよう。まずは「トランプ支持者がメールで本性を現す――注意:過激な言葉遣いあり」。「Daily News」には、毎日トランプ支持者から卑猥、かつ人種差別的、同性愛者差別的、排他的なメールがわんさか届くのだが、そのほとんどは英語の体をなしておらず、さらにそれはトランプのツイッターでも同様とのこと。つまり、トランプ及びトランプ支持者はまともな英語を使えないということだ。

 他にも、「イギリスの人気コメディアンが番組でトランプ氏の“壁”計画を揶揄」。トランプはメキシコからの不法移民の流入を防ぐために、国境沿いに万里の長城ばりの壁を築くという構想をぶちあげているが、これがいかに困難かは誰もがわかりそうなもの。トランプいわく、費用はメキシコ政府に負担させるとのことだが、この記事で紹介しているテレビ番組ではメキシコのビセンテ・フォックス・ケサーダ元大統領まで登場し、“ピー音”、いわゆる放送禁止用語を使ってまでトランプをなじったという。最後は「トランプ氏の発言をナンパに使ってみたら?」。トランプの演説に登場した挑戦的なフレーズでナンパしたらどうなるかをあるユーチューバーが実験。すると1回はぶん殴られ、2回は困惑されて立ち去られたというビデオを紹介している。

アメリカを沸かせる暴言・失言の数々

 トランプがこれだけアメリカ国民の注目の的となっているのは、なんといってもその暴言の数々に負うところが大きい。その筆頭は、「イスラム教徒の入国を禁止すべき」という発言だろう。国内外から非難の大合唱を浴びたこのコメントは、カリフォルニア州のサンバーナディーノでISに感化された犯人による銃乱射事件に対するプレスリリースとして発表された。トランプはさらに、モスクの監視やイスラム教徒のデータベースを作ることにも意欲を示すなどヒートアップしている。

 トンデモ発言はそれだけに留まらない。民主党の候補であるヒラリー・クリントンに対し、かつてのクリントン大統領のセックススキャンダルをふまえて「夫も満足させられないヒラリー」と言ってみたり、「メキシコからの不法移民は強姦魔だ」と言ってみたり。

 2015年7月21日のサウスカロライナ州での集会では、対立候補のリンゼー・グラム上院議員がかつて、トランプに寄付を依頼してきたことがあると突然暴露。そのときに相手が電話番号を口にし、それを書き留めたメモが出てきた……と、その番号を読み上げてしまった。件の候補にその後いたずら電話が殺到したのは言うまでもない。

 また、15年8月6日に受けた討論会の女性進行役のインタビューの感想を聞かれ、「彼女の目からも、どっかからも血が出ていた」と発言。月経のことを示唆した非礼な発言だとして大ひんしゅくを買った。まさに「お騒がせ男」の名にふさわしい暴れん坊ぶりなのである。

 日本に対する発言も盛りだくさんだ。AP通信によると「中国、メキシコ、日本から我々の仕事を取り返す」「米国が攻撃されても日本は助けに来ない。公平とは言えない」「私ならコマツじゃなくキャタピラーの重機を米企業に使わせる」などなど。トランプが大統領になったら一体どうなってしまうのか、日本国内では、この類いの報道が多い印象だが、アメリカ本国では、ありとあらゆるメディアでトランプを“いじっている”のだ。

 そんなトランプは、1946年、建設業を営むドイツ系アメリカ人とスコットランド生まれの母の間に生まれた。小学校2年のときには音楽の先生の顔を殴るなど、幼い頃から暴れん坊の片鱗を見せていた。その後、規律の厳しいニューヨーク・ミリタリー・アカデミーに放り込まれ、フォーダム大学・ペンシルバニア大学経営大学院に進む。71年に25歳で父親の不動産会社に入ったトランプは、76年に老舗のコモドアホテルを買収。83年には、マンハッタンにトランプ・タワーを開業する。現在もトランプ・オーガナイゼーションが本社を構えるトランプ・タワーはニューヨークの一等地、五番街「ティファニー」の隣に位置し、全面ガラス張りで68階建てのド派手な建物。まさにトランプ帝国の象徴的な存在である。その後、事業の拡大と経営破綻の危機、3度の結婚と離婚を経ながら、繰り返し大統領選への参加を表明するようになる。そんなトランプが一躍お茶の間の人気者になったのは、04年にスタートしたリアリティー番組『アプレンティス』のホストを務めたのが大きい。ビジネスに関する課題を参加者に与えていくこの番組で、失格者にトランプが告げる「You're fired!」(お前はクビだ!)というフレーズは、流行語にもなった。

 では、トランプの支持者は彼の言動やトランプ批判報道をどのように見ているのだろうか? テネシー州在住の女性の言葉に耳を傾けてみよう。24歳の彼女の仕事は動物病院の受付。典型的なプアホワイトであり、日本のアニメとマンガが好きだという彼女は、トランプを支持する理由をこう話す。

「彼は、ビジネスで成功したというバックグラウンドがあり、政治的しがらみに縛られている他候補者とは違ってなんでも発言できる人物。多くのメディアがトランプに対して批判的な報道をするのは理解できますが、どんな政治家にだって賛成派と反対派はいます。私は彼がアメリカを再び素晴らしい国家に導いてくれると信じています。人工中絶反対や、銃器所持規制反対といった主張も共感できますし、彼こそ、特定の分野や外国企業のためだけでなく、アメリカ国民に忠実な唯一の候補だと思います。確かに彼は本能のままに動く人物ですが、だからこそ政治的に間違いであろうが、自分が正しいと思うことなら正直に発言します。それはうまくいけば多くの人が抱える問題を打破することにもつながるはずです」

 トランプは選挙資金を政治献金に頼らず、ほぼ自前の財産で活動をまかなっている。実業家出身で生粋の共和党員でないため、党内でのしがらみもない。テッド・クルーズ、ジョン・ケーシックといったほかの共和党候補がお互いの票を食い合っているうちに、トランプは従来政治集会になど参加しなかった層からの支持も集めているのだ。

これからがいよいよトランプの正念場

1605_3toku_2.jpg
アメリカのとある街中にはトランプを揶揄する落書きが……。

 昨今のトランプ旋風を考えるには、21世紀以降のアメリカの政治状況に、彼を位置づけてみる必要がある。

 共和党のブッシュ政権はイラク戦争の失敗でアメリカの威信を失墜させた。そして、「チェンジ」のキーワードでアメリカ国民の期待を背負った黒人初の大統領である民主党のオバマ政権も、国民皆保険制度を目指したオバマケアが貧困層を優遇することによって、中間層への負担を重くする結果に終わるなど、アメリカ国民を失望させる結果に終わった。また、アメリカの保守層は、ヒスパニック系の台頭や同性愛、中絶などによるアメリカの伝統的価値感のゆらぎに大きな危機感を抱いている。こういった危機感をトランプ以上にすくいとることのできる候補がいないことにこそ、アメリカの保守層の行き詰まりが現れているともいえる。トランプの勢力をここまで拡大させたのは、オバマの法案を叩くことに終始した共和党自身だと分析する向きも多い。今、トランプ旋風をどう読み解くべきか。共同通信ワシントン支局長などを務め『銃を持つ民主主義─「アメリカという国」のなりたち』(小学館)などの著書があるジャーナリストの松尾文夫氏はこう話す。

「トランプがここまで支持を伸ばしたのは、アメリカ人がこれまでの政治に裏切られてきたという思いを持っているから。特に白人、中でもWASPという、従来アメリカ社会の中心をなしていた層は、移民の流入により将来的にはマジョリティからマイノリティに転落するとも言われています。また、アメリカ社会の生存競争の激しさから、むしろ移民よりも貧しくなったプアホワイトたちは、政治や格差の拡大に対する不満を抱えており、それがトランプの人気につながっていました。とはいえ、トランプもこれまでは歯切れのいい発言で人気を集めていましたが、これから選挙戦が進んでいけば、必然的に発言には慎重にならざるを得ない。実際、最近は失言を謝り始める様子も見られる。そうなると、これまでの面白味も失い、テレビ討論などが始まるにつれて、世間のトランプに対する目が厳しくなってくることは確実。そのときにトランプがどこまで人気を維持できるか、トランプの正念場でしょうね」

 7月18日から始まる共和党大会では、トランプが代議員2472人中の過半数である1237人の支持を獲得する可能性は低いとされており、獲得できなかった場合、再投票へなだれ込む。2回目の再投票では代議員の57%、3回目では81%の代議員が予備選の結果に縛られずに、自由に候補を選んで投票できるようになる。そうなるとトランプ以外の候補に票が集まるのではと推測されており、「トランプ大統領」の芽は遠ざかるのではと見られている。

 情勢を動かすといわれているのは、4月19日のニューヨーク州予備選と、5月3日のインディアナ州予備選だ。もしトランプが共和党の指名を獲得できなかった場合、無所属で大統領選に出馬するのではとも囁かれている。だが、結果がどうなるにせよ、トランプがここまで支持を集めたという現象は、いかに21世紀の世界が従来の価値観を見失い、混迷を極めているかを示す重要な出来事として記憶されるに違いない。さまざまな意味で、我々はこれからも彼から目が離せないのである。

(文/里中高志)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ