サイゾーpremium  > 連載  > ヘンリー塚本の「クレイジー昭和AV道」
連載
ヘンリー塚本の「クレイジー昭和AV道」【3】

20代、30代の女性にはない味わい……熟女の性器には女の歴史と快楽が詰まっている

+お気に入りに追加

――72歳の“昭和系”AV監督が送る、トラディッショナルAV論!

1601henrys.jpg
『セックスのすすめ』(双葉社)

 昨年末より開始された僕、ヘンリー塚本のこのコラムも、今月でいったん終了となります。最後にご紹介する我がFAプロ30周年記念作品のテーマは、「熟女」。世にある熟女作品には20代、30代の若い女優さんが出ているものもありますが、今回は40代以上の“本物の”熟女にこだわりました。

 実は、僕には熟女に関する強烈な記憶があります。時は1960年前後、真面目な少年だった高校生の僕はある日、不良に憧れ夜の新宿をほっつき歩いていました。終電車も見送ってしまい深夜喫茶に入った僕に、ある女性が声をかけてきます。年の頃は50歳前後でしょうか、お世辞にもきれいとは言いがたい、まさしく熟女。僕は、近くの連れ込み旅館に連れて行かれた。宿賃は3000円。つばの臭いがする汚らしくてねちっこい接吻をされました。朝になると彼女は、電車賃といって1700円をくれました。彼女と別れてから僕は、水道で口をすすぎました。僕はこの体験を、犯罪のように感じました。翌日は高校の運動会でした。僕は友人に、「俺はもう二度と結婚できない男になってしまったんだ」と言いました。これが、僕の童貞喪失体験。以後僕は、ベロと熟女にとらわれた人生を送り、いまに至るというわけです。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年11月号

映画界の伝説・角川春樹を再研究!

映画界の伝説・角川春樹を再研究!
    • 【角川春樹】映画界の生きる伝説
    • 【角川映画】日本映画史をつくった5本

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ