サイゾーpremium  > 連載  > 佳子様偏愛採取録  > 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
連載
辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」【6】

もうひとりの気高きプリンセス・眞子様が見せた美智子様譲りのセンス

+お気に入りに追加

――日本の未来を支える異端のプリンセス・佳子様の生態を読み解きます

1512_nameko_01.jpg

 日本では佳子様ブームですが、実は国民の多くが眞子様のご不在に寂しさを抱いていたのではないでしょうか。

 眞子様、ご無事でご帰国、何よりです。

 レスター大学大学院では博物館学研究科で修士号取得を目指され、勉学に励まれました。同大学はイギリス国内では名門大学として誉れ高く、一流の研究や教育を行っている学び舎のようです。2012年にレスター大学の考古学調査チームが15世紀のイングランド王リチャード3世の遺骨を駐車場の地下で発見したり、やんごとなきテーマで調査をしています。

 眞子様がひっそりとレスター大大学院で学んでいたニュースは、「HELLO!」や「The Daily Mirror」などイギリスの有名メディアのサイトにも掲載され、若く美しい日本のプリンセスの姿を世界に発信。ただ納得いかないのが「Japan's Kate Middleton」、「日本のケイト・ミドルトン」と呼ばれていること。キャサリン妃は今はロイヤルファミリーかもしれませんが、生まれ育ちは一般の中流家庭……。生粋のインペリアルファミリーである眞子様に、そのたとえはふさわしくないように存じます。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年9月号

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ